With my Montedio

モンテディオ山形の応援、観戦記事等

天皇杯鹿島戦は0-5で敗戦

2017年07月12日 22時57分35秒 | モンテ、サッカー
さすがに鹿島のサッカーは強い。
特に奇をてらったものではなく、
一人一人の技術が高く、ミスがない。

ボールを奪ったらすばやい動きでボールを運び、
それに連動してボックス内に複数の選手が走り込み、
走りながらボールをもらいシュート。
シンプルな攻撃ですが、プレーが正確で無駄なパスがない。

モンテの攻撃にはこの走り込んでボールを受けてという
動きながらボールをもらうのが少なく、
立ち止まっている選手にパスするので、
鹿島の選手にボールを狙われ奪われてしまう。


鹿島のほうはボールは奪われず、隙あらばボールを奪い取る。
常に全員が集中し、気を抜いたプレーがなく、レベルが高い。
さすがJ1強豪というかトップレベルのサッカーを体感しました。

ということで鹿島のブロガ―ではないですが、
生で見ての感想です。


翻って、我がモンテ。
今日は鹿島と戦えるということで、
選手たちの意気込み、モチベーションの高さが伝わってきました

鹿島の選手のプレーに触発されたわけでもないでしょうが、
球際での厳しさ、スライディングとか久しぶりに見た気がします。
こんなプレーをリーグ戦でも出せば、また違う気もします。

J1トップレベルのチームと対戦して
勉強になったことは多々あると思います。
これを名古屋戦に生かせれば、たとえ0-5で負けても
対戦してよかったと思います。

気が付いたこととしては、
ジェスン選手が時折見せた光るプレー。
特に後半左サイドでのプレーが目立ちました。
汰木選手や優平選手との連携もよく、
今日の収穫と言えます。
スタメンでもいいような気もします。


ただ細かくパスをつないでも、
それがシュート、ゴールまでいかなければ
どうなんだろうという気もします。

鹿島のシンプル且つ正確なプレーが
逆に浮かび上がってきます。

前半は失点後そのまま0-1.
後半少し期待しましたが、
立ち上がりすぐに失点。これが痛かったですね。


あと児玉選手、3試合で大量失点となり、
自分の責任とは言えませんが、
メンタル面で結構大きいと思うので、
少し休むのも一考かなと思います。

オウンゴールで全く動けないプレーとか、
鈴木選手に決められたプレーとか、
ちょっと今の状態が良くない気がします。

しかしながら、富居選手がケガなのか、サブに摂津選手が出ていました。
けが人の多さ、何とかならないでしょうかね。

瀬沼選手も今日スタジアム前で出会い、
聞いたところケガのようですね。

練習場のグランドが固いということを聞きましたが、
それがケガにつながっているのかどうか。
もしそうであるならカイゼンお願いしたいですね。


ただ、今日のような意識で試合に臨めば、
もっと勝てるような気もし、
次の名古屋戦、期待したいと思います。


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へにほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『強敵、少ない好機に集中』 ... | トップ | 写真で振り返る天皇杯鹿島戦 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

モンテ、サッカー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。