With my Montedio

モンテディオ山形の応援、観戦記事等

第6節アウェイ長崎戦予習

2017年03月29日 16時28分25秒 | モンテ、サッカー
負けはしないが、勝ちもしないという状態が続いてますが、
ここらへんで勝ち切りたいところです。
長崎も現在まで3勝1分け1敗となかなか調子はいいようです。
今季はどんな感じなのか探ってみます。
        (参考:J2マガジン、J1J2年鑑、他)

1.今季の新体制とスタイル
一部の選手に予想外の怪我があったものの、おおむね
順調にチーム作り進む。GK増田、DF田代、MF島田ら、
新加入選手が台頭。中でも1トップのファンマ、シャドーの
澤田が鋭いプレ―披露。
目指す『ボールを動かす』スタイルで、攻撃面の連携は深まり
選手層にも厚みが。
目指すのは「チーム全体でハードワークし、2列目以降が
飛び出す厚みのある攻撃と球際の強さを軸に厳しい守備」
人材はそろっている。

   
2.今季の補強と主な新加入選手
 チームの過半数が入れ替わり、「攻撃的で自分たちで
ボールを動かすスタイル」を目指す補強。
アタッカーにファンマ、澤田、幸野、両サイドに古部、
飯尾獲得。最終ラインにビルドアップできる田代、北谷、
GK増田獲得。連携面ではまだ不安も残るが、充実した補強。

《新加入選手》
FW澤田(清水)・スピーディなドリブルで敵陣突破、切込み役。
FWファンマ(スペイン)・フィジカル強さ、足元の技術。ターゲット役。
FW畑(東海学園大) ・ダイナミックなプレーと得点感覚の本格FW。
MF島田(岡山)   ・精度高い左足のキックでゲームコントロール。
             中盤底の司令塔
MF飯尾(松本)  ・高い守備意識と運動量の右WB。守備にも粘り強さ。
MF古部(福岡)  ・スピード・スタミナを生かし上下動サイドアタッカー。
MF幸野(山口)  ・4年ぶり復帰のエース候補。足元の巧みな技術。
DF田代(山形)  ・理解力が高いDF.キックも正確。 
DF北谷(山口)  ・ポテンシャル高い。フィードも得意な若手。
DF乾(群馬)   ・対人、高さに強いストッパー。セットプレーでの
            ヘディングも。
GK増田(広島)  ・質の高いキックで自陣からアビルドアップ。

                       
4. 今季の戦いぶり
 ・第1節草津戦(H) 〇4-0
 
新加入9選手がスタメン。ロングボール攻撃で敵陣に押し込み、
前半29分に島田がFKで先制。ファンマがこぼれ球をゴール。
後半も主導権を握り、乾がゴール。終わってみれば4−0と、
長崎が圧倒的な力の違いを見せつける。

 ・第2節横浜C戦(H) △1-1
 
ファンマを欠き攻撃が機能不全。横浜FCはイバにボールが収まり
パスがつながり主導権。後半もその展開は変わらず、
後半14分にPKで先制される。しかし、交代出場の選手が流れを変えた。
幸野が前線でボールをキープし敵陣に上がる時間を作り、
厚みのある攻めを繰り出す。同33分に投入直後の中村が同点弾を奪取。
指揮官の采配が功を奏し、勝点1を獲得。

・第3節徳島戦(A) ●1―3 

徳島はパスワークと、右サイドを活用した攻を展開するも、
攻略するには至らず。長崎は前半41分に個人技を駆使した幸野が先制点。
後半カルリーニョス投入した徳島は、流れをつかみ、渡が2得点し、逆転勝利。
長崎は退場者が2名出て次節に影響を残す。

・第4節金沢戦(H) 〇2-1

前節に田上と田代が退場処分。3バックのうち2人が出場停止だが、
影響を感じさせない戦いぶり。前半早々にCKから木村が
ヘディングで先制点。イージーなミスから失点も、
翁長の見事なシュートで勝ち越し。後半も安定したプレーを見せ、
金沢の強引な攻撃に屈せず。

・第5節京都戦(A) 〇1-0

京都は選手同士の距離感が悪く、パスをカットされチャンス作られる。
前半42分ファンマがゴール。後半仙頭の投入で決定機もあったが
生かせず。京都は早くも4敗。   


5.前節京都戦より
11人中9人が新加入のスタメン。3-4-2-1の布陣。
スピードのある選手が多く、モンテと似たチーム。 
2シャドーの幸野、澤田と、1トップファンマが前線からプレスを掛け、
奪ったら右サイドにロングフィードの攻撃。
縦に早い。

京都も3-4-2-1のミラーゲーム。
サイドチェンジがないと、なかなかゴールまで行けない様子。
飯尾のクロスでファンマがゴール。
ファンマは188cmの長身。
俊敏さはないが、体も強く、前線からプレスもかけ続ける。
幸野、澤田のスピード、運動量が目立つ。

後半は、左サイドからも攻撃。
CKもいいボールが入る。
京都は後半仙頭が入り、ペースをつかむが、
結局最後までいい守備で長崎が完封勝利。

山形から加入した田代がCB真ん中でいい仕事。


6.どう戦うか。
長崎は、前節山形、福岡のようないい守備で完封勝利。
タイプもモンテと似ていて、運動量も最後まで落ちず、
システムも同じ。
下手をすると、相手の良さをつぶし合い、
0-0に終わってしまう恐れもある。

勝つにはどうするか。
もちろん守備はそのままだが、攻撃でてこ入れが必要。
長崎の守備を崩すには、ボールを奪ったら、
長崎の帰陣も早いので、その前に素早く前線にボールを出す、
大きなサイドチェンジをする、
GK、DF、ボランチあたりからのロングフィードなども効果的か。

あるいは左右サイドを深くえぐり、クロス攻撃、
それによるCK獲得による攻撃。

長崎も同じような攻撃で来るはず。
とにかく長崎が帰陣しないうちに、素早くシュートまでいきたい。


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホーム福岡戦を振り返って | トップ | 『コーチ加え試合形式練習』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

モンテ、サッカー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。