With my Montedio

モンテディオ山形の応援、観戦記事等

ホーム愛媛戦は2-2のドロー

2016年10月08日 21時34分34秒 | モンテ、サッカー
1点取られて1点返し、2点目取られてそれも返し、
結局追いついての2-2-のドローゲーム。

2点取って2度追いついたことはよかったですが、
失点も2点。
勝ちたかった試合でした。

そのあとワイヴァンズの試合を見てきたので、
記憶が薄れているかもしれません。

前半開始から、前節水戸戦と違い、選手に気合が入っていました。
前線からのプレスも厳しく、ディエゴ選手も全速力で斜めに走る。
前半の頭はモンテが押し気味で、
山田選手のいいクロスなど印象に残っています。

愛媛のほうは、ボールを奪うや否や、
自動的に選手が前に走り込む、そんな攻撃でした。
特に3バックの脇や後ろが狙われていました。

愛媛の攻撃は完成度が高いというか、
シンプルですが、流れるような攻撃になっていて、
ボールの出しどころなど迷いがありません。

最初の失点は、右から左に振られてから。

後半開始早々 雄斗選手がゴールし同点に。
しかし、ゴール前、GKが飛び出し、
無人ゴールになったところにゴールされて失点。
GKはもちろん、誰もカバーに行ってなかったようで、
ここは録画を見ないとどうだったかわかりません。


その後モンテも攻撃を仕掛けますが、
いろんなミスが多すぎて、せっかくのチャンスをつぶしてしまう。
その中で、松岡選手が豪快に飛び込んでゴール!

栗山選手に代え高木選手。
松岡選手に代え伊東選手。
林選手に代え、永藤選手。

高木選手、今日は初出場当時のような、
むしゃらに前に行く姿勢はよかったですね。

永藤選手も、常に裏への飛び出しを狙い、
動きも俊敏、なにか期待の持てる動きでした。
大黒選手の動きなど参考に勉強しているのかもしれません。
心の中で、永藤、永藤と、言いながら、
永藤選手にパスが行けばと思ってみてました。

やはりホームらしい選手たちの動きは見えたし、
特に山田選手、宇佐美選手は引き続き好調のようです。

先行されて2点取ったのは、
選手たちの執念といってもいい気がします。
でもあっさり点が取られる印象で、
守備の立て直しが必要ですね。

愛媛は、ボールへの出足も早く、セカンドも取り、
モンテはもう半歩反応が遅い。
攻撃も細かい難しいことはせず、
単純ですが、ボールを大きく回し、
よく走り、素早い、そして流れるような攻撃をします。
何か完成度の高いチームのように見えました。
モンテに比べ、ミスもあまりなかったですね。

あと、カウンターになって攻めていった時のシュートの仕方。
ボールを持っている選手だけでなく、並走している選手と連携して
うまく点を取りたいですが、
口で言うほど簡単なことではないのかもしれません。

とにかくホームで選手たちの意地を見せてくれました。
次もホームですが、今度は本当に勝ちたいですね。

付)そのあとワイヴァンズの試合を見てきました。
一次10点差まで追い詰めましたが、結局敗戦。
相手チームの外国人助っ人と、ワイヴァンズ助っ人の差のような気がします。
茨城は3点シュートがことごとくきれいに決まり、
ワイヴァンズはシュートがなかなか入らないし、
ゴール下のリバウンドもほとんど取られている。
あれだと勝つのは難しいですね。

去年は,3点シュートももっと決まっていて、
中に切り込んでのシュートも結構ありました。
今年はこれからのようですが、
見ていてなかなかおもしろかったです。


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へにほんブログ村


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホーム愛媛戦予想スタメン | トップ | 写真で振り返るホーム愛媛戦... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

モンテ、サッカー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。