With my Montedio

モンテディオ山形の応援、観戦記事等

山田和樹指揮バーミンガム交響楽団

2016年06月30日 22時54分37秒 | 音楽
現在スイスロマンド管弦楽団等で首席指揮者等を務める
若手のホープ山田和樹と
イギリスバーミンガム管弦楽団との公演を
山形テルサにて聴く。


大都市での公演に比べて、料金も半額に近い安さ。
昨日は東京、明日新潟で最終公演とのこと。

山田氏はまだ36~7才で現在ベルリン在住。
山形で外国のオーケストラが聴けるめったにない機会に
ついチケットを買ってしまった。


開演30分前。この後満席に。

7時開演のところ、山田氏は公演20分前ごろから、
ステージに現れ10分以上お話。
お話し好きのよう。

自分が外国のオーケストラを生で聞くのはおそらく初めて。
山響は何度あるが、N響を聴いて違いに気づき、
今日、世界のオーケストラの水準を知ってさらに感激。
やはり広くいろんなものを見聞きすべきか。


以下は素人の独断と偏見の感想です。
プログラムは
①ウエーバーの歌劇オベロン序曲
②ベートーベン交響曲第7番
③シベリウス交響曲第2番
④アンコール曲

最初の序曲で、その音色の美しさ、
特に小さい音でのバイオリンの繊細な音色と
美しさに魅了される。

次はベートーベンの交響曲第7番。
第一楽章は音の大きい部分が多く、
最初の序曲が頭から離れないせいか、心に響かない。
最2楽章になり、音量を絞った部分が多くなり
このオーケストラの得意というか特徴と思われる
きれいで繊細な音がまた聴けた。

第3楽章は再び大音響の部分が多くなる。

どんな思いで弾いているんだろうと
楽団員の顔を覗いてみる。
席が前から6列目だったので、表情がよくわかる。

気のせいか楽しんで弾いてないように見える。
なにか弾かされているよう。(独断と偏見ですから)

実はこの英国のオーケストラの楽団員達は
あまりドイツのベートーベンを好きでないのではないか。
こういう重厚壮大なものは彼らの性に合わないのではないか。
そんな気がしてきた。
(自分がそうだからそう見えたのかも)

演奏が終わった瞬間、ブラボーと絶叫する声があり、
拍手の音が一段と高くなるが、
確かに演奏は迫力もあり、うまいとは思うが
心に響くものがない。
(ごめんなさい。たぶん自分のせいでしょう。)
自分は前の序曲に比べ一段低いテンションでの拍手。
人に合わせることもないだろう。


20分の休憩後、
3曲目シベリウスだ。
シベリウスは嫌いではない.
目を閉じると、厳寒の凍てつくような世界が広がる。
やはり音楽はその土地の香りや風土が感じられるものがいい。
そこに一瞬タイムトリップしたようで楽しい。

山田氏も好きだと言っていたので期待感大。


曲が始まる。
思った通り、いい音だ。
彼らも心なしか、気持ちが入って演奏している(ように見える)
相変わらずバイオリンが繊細で美しい。
ベースの重々しい暗い力強さも彼らに合っている。

考えて見れば、フィンランドもイギリスもヨーロッパの辺境。
大陸とは違った心情を持っているに違いない。
夏が短く、日の当たることの少ない人間通し。
なにか通じるものがあるだろう。

考えてみるに、英国人は控えめでシャイな性格。
大音量より、小さな音で様々な表情を表すほうが得意そう。

このオーケストラにはベートーベンよりシベリウスが似合う。
シベリウスだとまた大音量もごく自然に耳に入ってくる。

などなど、かなり独りよがりで偏見に満ちた感想を持ちながら
いろいろ妄想して聴いているうちに終了。

別に人に迷惑をかけるではなし。
要するに自分が楽しめれば
演奏者も指揮者も喜んでくれるだろう。
(いや、喜んではくれないか・・・)

ということでいろいろ偏見に満ちた感想だったが、
結局は自分の好みの問題ともいえるか。



拍手鳴りやまずアンコール一曲披露。
曲名はわからないが、十八番なんだろう。
演奏終了後の安堵感と満足感で演奏も楽しげ。

やはりCDで聞くより生の演奏は数倍いい。
これはサッカーと同じ。
演奏者の気持ちがダイレクトに伝わってくる。
これが生のだいご味。

ということで、今度の生のモンテ対山口の試合
今日のように感動をもらうことができるか。
期待したいですね。

付)終了後、ダッシュで駐車場へ。そうしたら、自分の車の前に
モンテステッカーをたくさん貼った車が。
駐車場を早く出るのは、やはり得意なようです。


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第21節ホーム山口戦予習

2016年06月29日 05時53分03秒 | モンテ、サッカー
いつの間にか第21節になり、残す試合もほぼ半分に。
シーズン前はメンバーの大幅な入れ替えもあり、期待感大でしたが、
けが人が相次いだのは誤算。この後雄斗選手が戻り、石川選手が戻れば
また違ったチームが見れそうですが、その後どこまで上に行けるのか。
一戦一戦戦って積み重ねていくほかないですね。
ということで次の相手レノファ山口について調べてみます。


1.今季の戦力分析(J2マガジン3月号より)
  上野監督は「真ん中ぐらい」を目指し、J2は縦に速さがあり、力のある
  CFを擁するチームが多いことを考慮し、DF、守備的MFなどDF陣獲得。
  DF福井を東京Vから、キャプテンシーのあるDF島川、DF星、前線では
  J3 10得点の中山を獲得し、チームの底上げに。戦力アップ。


2.対山形戦成績(最近の試合)
    対戦なし。


3.最近の基本布陣(サッカーダイジェストより。下線は新加入)
    4-2-3-1。

FW         中山    
         福満      島屋         
MF      三幸     庄司
DF  香川  北谷     ユン  小池 
GK        一森                                                                                         


4.理想のスタイル。(特徴)
       パスサッカー。全員攻撃全員守備。
       単純な横パスやバックパスは少なく、前向きのパスを
       サイドチェンジを交えてテンポよくつなぐ。
       ワンタッチのパスが多く、その成功率はトップクラス。
       勢いよくゴールに迫る。

5.4月の査定(J2マガジン6月号より)
  総合評価A:黒星ゼロの堂々とした戦いぶり。パスサッカーを
         深化させ、自らのスタイルに自信。
    攻撃A:人数をかけた攻撃。セカンドボールをよく回収。
         1トップ中山とクロスを送る星の連携がよい。
         島屋、福満、庄司の息の合ったパスワークも
         好機創出。攻撃は高水準。
    守備B:ほとんどの試合で失点も、バランス崩しての攻撃で、
        ある程度致し方ない。警告多いのが問題か。
    采配A: 選手起用と戦術が合い盤石なゲーム運び。
        パスサッカー具現。新加入もフィット。
 
6.前節までの結果(最近の5試合)
第16節東京V戦(H) 〇3-1
   序盤からショートパスをつなぎ、ボール支配。好機創出。
   岸田が先制、追加点。後半早々失点も、粘り強い守備と
   攻撃陣のハードワークで跳ね返す。プレスからダメ押しの3点目。

第17節愛媛戦(H) △1-1
   持前のパス回しで主導権。前半7分香川が先制。
   追加点奪えずにいると徐々に相手ペースでCKから失点。
   後半は連戦の影響か運動量上がらず低調なまま終わる。

第18節京都戦(A) ●0-3
   雨の濡れたピッチはパスサッカーに格好だったが、
   京都は空中戦のセットプレーで2得点し、試合をコントロール。
   メリハリ付いたデフェンスでシュート打たせない。
   山口は後半選手交代で打開図り攻め込むが京都は
   落ち着いて対応。ロビーニョダメ押し。

第19節水戸戦(H) 〇1-0
  中盤での激しいつばぜり合い。徐々に山口ペースも
  水戸が体を張って阻む。後半一進一退も福満の先制点。    
  パワープレーの水戸を封じる。

第20節清水戦(A) ●0-4
  清水に自分達のサッカーで真っ向勝負。完敗だが
  常にゴールを狙いに行く姿勢貫く。ボランチ庄司に
  ボール集めるも、厳しい対応に起点になれず。
  前線からのプレスと早い攻めに手を焼きリズムつかめず。
  ビルドアップの精度を上げるのが直近の課題。

6.前節清水戦から
 清水は中盤でプレスをかけボールを奪い、
  山口はなかなか自分たちのプレーができない。
 清水は前を向かせない中盤での厳しい守備が目立つ。
 特に攻撃の起点となるボランチ庄司には厳しく当たり
 シュート数も少なく、0-4で完敗。
 
 やはり細かいパス回しでは清水が一日の長あり。
 

7.戦いのポイント
今季初J2に上がった山口。
快進撃が続いていたが、ここにきてやや陰りが見えるか。
現在9勝4分8敗で第8位。

特徴は攻撃に枚数をかけ、ある程度守備を犠牲にしながらも
細かくパスをつないで点を取るスタイル。
得点も多いが失点も多い時には多い。

山形の奥野監督時代、3トップで前半首位に立った
あの快進撃を思い起こします。
あの時は、後半徐々に順位も落としていきました。

初J2 でここまで戦って来れば、疲労も相当たまっているのでは。
清水戦では抑えられていたからそう見えるのか、
この試合、運動量も今一つに見えます。

どう戦うか。
清水の戦い方を参考にすれば、
中盤で厳しくプレスをかけボールを奪い、
切り替えを早くしてシュートまでいくやり方が
山形にもできそうでよさそう。
清水は、サイドもしっかりふさいで、ボールを
なかなか前に運ばせませんでした。

となれば、ボランチはコンディションがよければ、
ボール奪取のスぺシャリスト、松岡選手で行き、
前線の素早いパス交換でシュートまでいく。

清水戦を見てモンテの前線での細かいパスも
山口戦では有効かもしれません。
後半は、同じくボール奪取もでき、有効なパスも出せる
チャンスが作れる優平選手。
相手ボランチの庄司選手は厳しいマーク。

本音を言えば、スタメンに優平選手と大黒選手を使い、
いけるところまで行ってほしいのですが。

今までもそれまでの戦い方を変えたことによって
現状を打開してきた歴史があります。
選手間に緊張と競争心が出るような采配をお願いしたいですね。

ということで、今回も素人の頭で妄想を楽しんでみました。


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真で振り返るホーム水戸戦

2016年06月27日 06時12分41秒 | モンテ、サッカー
試合のほうは、前半の内容の悪さ、松本戦から何も変わってないところの落ち込みがあり、同点にしたものの気分はあまりよくないですね。
どんなパフォーマンスをやっても変わらずのスタメンでは、選手のモチベーションも上がらず、あまりいい結果が出ない気がしますが、どうなんでしょう。
昨日はさすがに感情的に書いてしまいました。

ということで、写真で振り返ってみますが、スタジアムに入って腰を下ろしたところ、カメラにSDカードが入ってないこと気づき唖然。
予備のデジカメがあったので、そこからカードを抜いて使ったという間抜けさ。よって今回の写真はスタジアムに入ってからの写真だけになります。


今日も左から右の風ですね。



モンテゴールキーパーが出てきました。今日はサブが富居選手ですね。



水戸さん側も。 出島に水戸サポーターがたくさん。 100名限定のサクランボのプレゼント、全員にいきわたったのか気になりました。



続いて選手たちも。



真ん中に集まってのパークと朝ドラのテーマ。これはよかったですね。






オーバーザレインボー。



こちらは水戸さん側。



選手も入場し、



サクランボのプレゼント。



記念写真を取り、




水戸さんも。



今日のスタメン。



前半開始です。



内容がよくなく、メインの南側まで歩いてしまい、これを見つけました。まだ明るいので、帰りに見れるように逆向きでもいいような。



メイン南側から水戸さんを一枚。2-0で勝っているせいか、心なしか余裕のある感じですね。



こんなのもやってきました。



これはきらやか銀行の都市対抗野球出場(?)の壮行会のようでした。頑張ってほしいですね。



大黒選手と優平選手がスタンバイ。後半頭から出場のようですね。



後半スタート。




ディエゴ選手のゴールに抱き合う選手。




大黒選手は抜け目なく詰めていますね。







今度は川西選手がゴール!これで同点ですね。



フラッシュバックで。荒堀選手からですね。



川西選手のヘッドで同点!


今日のお客さんですが、ちょっと少ないですね。



試合終了。水戸の選手たちが倒れこんでいます よく走りました。



試合は2-2のドローゲーム。



水戸の選手たちがサポーターにご挨拶。



こちらはモンテ側。



2-2になったものの、すっきりしない内容でした。



次の山口戦はどう戦うのか。初対戦ですが、しっかり準備したいですね。



それでは次のホームゲームまで。次回はSDカード入れ忘れないようにしないと。



にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホーム水戸戦は2-2のドロー

2016年06月26日 21時40分50秒 | モンテ、サッカー
前半の0-2から後半2点取ってのドロー。
引き分けに持ち込んだのはいいのですが、
課題が山積した試合に見えます。

前半は前節の松本戦の手詰まり感が何も解消されていず、
守備についてもあっという間の2失点。

水戸の厳しい前線からのプレス、
球際の強さ、対人の厳しさ、気迫に圧倒され、
ボールへの出足にも負け、いいところがありませんでした。

水戸は、パスしたら全力で前に走ってボールを受けるなど、
約束事が徹底していて、攻撃がスピーディ。
とにかくよく走って、ボ―ルへの執着心も強く
最後まで足を出してあきらめない。
サッカーの原点を見た思いでした。

モンテはいつからあの気持ちを忘れたのか。
細かいパスで崩そうとしても、そこまでに至らない。
いつからあの水戸のような気持、走ることをやめてしまったのか。

象徴的だったのは、
山形が宇佐美選手が大きくサイドチェンジしたボールを受けたあと。
これはチャンスと思っても、だれも走って上がってこない。
あの場面2,3人が全力で前に走っていれば、大きなチャンスで
1点獲れた気もする。

逆に後半の水戸側。
水戸の右サイドにボールが渡った時、
左サイドの選手が、全力で走って駆け上がり、
そこにタイミングよくボールが入り、あわや1点の場面。
なにか対照的でした。
水戸はいつの間にかよく走り、シンプルながら
どう点を取るのかはっきりしていていいチームでした。

やはりどんなプレーをしても、次もスタメンであれば
人間ですから気も緩んで当然。
水戸にボールへの出足でことごとく負けています。
ボ―ルへの反応がワンテンポ負けています。
この辺でいいという気持ちがなかったかどうか。


後半、頭から汰木選手に代え優平選手。
林選手に代え大黒選手がピッチに。

ハーフタイム、監督の檄が飛んだのかわかりませんが、
二人が入り、攻撃が活性化。
前半に比べ、気持も見えるようになりました。

大黒選手が入ったことで相手DFもそこに気を使い、
ディエゴ選手がフリーになることが増えたか、
ディエゴ選手が豪快にゴール。
そして2点目は川西選手が。

この先発を最初からしていたらと、
そんな単純なことではないかもしれませんが、悔いも残ります。

それからこの2点を追いついてドローにできたのも、
山岸選手のファインセーブで何とか2点に収めてくれたおかげです。
でなければ何点入っていたか。

振り返ると、モンテの場合スタメンが固定してしまうと
いいことより悪いことのほうが大きい気がします。
選手が常に危機感をもって、持てる力をすべて出し切るような
采配を期待したいですね。

前半と後半の違いに、サポーターは、選手は、監督は
何を思ったか。

やはり、改善すべき事はいろいろある気がします。
次節の試合、また同じような手詰まり感で試合が始まるのだけは
避けてほしいですね。


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホーム水戸戦予想スタメン

2016年06月26日 05時38分36秒 | モンテ、サッカー
 『ボール奪取後の速さ重視』
今日の山新モンテ記事の見出しです。

18位の水戸は最近5戦で引き分けが4と、
勝ちきれてないが堅実な戦い。
前半戦残り3試合の山形は連勝して後半につなげたい。

水戸は空中戦に強いFW三島へのパスを軸に
全体を押し上げてくる。
パスに秀でたMF兵動にも注意。
MFロメロ、FW萬代も所属。

石崎監督は「3連戦、何としても勝ちたい。
内容もよくしないと後半につながらない」

宇佐美は「ロングボールだけでなくパスも回してくる」
林は「水戸は戦術的にしっかりしたチーム。
いい守備からいい攻撃をしてくる」

監督は前節ディエゴのパスから
林がGKと1対1になった場面を挙げ、
ボール奪取後の速い攻めを強調。


予想スタメンは、
FW           林
MF  汰木     ディエゴ        伊東
        川西       アルセウ
DF  高木    田代   栗山     宇佐美
GK           山岸


となっています。
固い守備の水戸を崩せるか。
出来れば前半先制点が欲しいところです。

水戸の得点の6割はセットプレーから。
失点の4割近くがクロスから。

この辺を意識したいところか。

前半無得点で終わったら、
後半はできるだけ早くカードを切ってほしいですね。


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へにほんブログ村
コメント (32)
この記事をはてなブックマークに追加