うめちゃんのグダグダな日

高齢者の仲間入りを果たして数年。
オット亡くなり、おひとり様体験中。
死ぬまで元気!を目指します。さて…

わが友との別れ

2017-01-16 09:50:20 | 日記

今年になって初めての投稿です。

それなのに話題がちょっと悲しい話になりました。

同級生が亡くなりました。私の従兄弟と結婚しましたので

同級生以上の付き合いでした。

お正月3日に、夫である従兄弟の入院先で、血圧が上がり脳梗塞になりました。

それから10日手を尽くしましたが、みまかりました。

高齢で入院中の夫である、いとこも異常事態は分かっていたらしく、メールで

(口が利けなくて、おしゃべりは出来ないのですが、メールは打てる)

娘に、お母さんはどうなったのか?と矢継ぎ早の質問。

仕方なく、亡がらがある自宅へ車いすで連れ帰って、夫も事態を納得しました。

メールで「今まで有難う」と言ってを手を握ったそうです。


「言わない方がいい」という病院の助言があったりしたので、

娘たちも父親に隠そうと思ったらしいですが、

事実を知らせて永の別れに向き合って本当に良かったです。

噓は噓を呼んで、みんなが苦しい…

夫が落胆して妻の後を追ったとしても、それは仕方のないこと。

事実を知らせなくて、その後に嘘を重ねたとしても、それがなんであろうか?

と私は思っていたのです。

しかし、娘二人にしてみれば母が死んで、落胆して父がまた…

という配慮もあったんでしょうね。

すべては御仏の言う通り。御仏の配剤に従わなければ。

そして、思ったのは年寄りは意外の強さを見せます。特に男は!

 

81歳のおばあさんのお通夜にしては、思いがけない沢山の方々が

駆けつけて来てくださって、イトコの生前が幅広いお友だちに囲まれて

豊かな生き方をしていたんだなと察することができました。

夫を見送り、少しのんびりして…という、願いは届きませんでしたが

いい亡くなり方をしたもんだ、と羨ましい気もする同い年の気持ちです。

・全力でいつも真摯に生きて来(こ)し わが友ヤス子よみ霊安かれ

短冊に書いて一緒に天に昇って貰いました。

悲しいけど、心静かな私です。

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

糖尿病、闘病記(笑)

2016-12-25 11:13:18 | 日記

思えば無精もんになったもんだ。

こんなに投稿をさぼるなんて!

さぼったつもりはなく、いつも気にはなっております。

FBでは言っておりますが、先月初めの健康診断で「糖尿病」と

と言われました。あんまりガ~ンとはなりませんでした。

夏の頃、水を異常に飲みました。疲れて何にもやる気なくグータラグータラ過ごしました。

今年の夏は暑いから、こたえてこんなんだろうと思っていました。

ですから夏ごろから数値が上がったものと思われます。

それに、地震も少しは関係あると思います。ストレスとして。

早速、糖尿について調べました。

要するに食べたものが体に多く取り入れられると、余ったものが血液や尿に出されてしまう…

それを処理するホルモンが足りなくなってしまう…

乱暴な話、「食べなきゃ治る!糖尿病」これは買った本の題名です。

ちょっと攻撃的な方の本の内容でしたが、食べなきゃ治るらしいです。

蓄積された栄養分でパンパンな私。肥満がまたいけないそうで。

夫在りし頃、デブを朝晩に言われて反発しかなかったけど

素直に聞いていればねぇ。今更遅い。

で、糖尿病で恐ろしいのは合併症だそうですが、随分と長期間暴飲暴食した場合?

私に合併症が現れるのは、本体の方が足りないと思う(笑)

でも、ずるずると糖尿病の海でおぼれるのはシャクだ~

糖質と言われるものを避け、野菜を主体に調理して食べています。

4日前に検査してもらいましたら、血糖値の数値は下がり、

(70~99)が正常値なのですが112でしたので、あとひと踏ん張り!

毎年健康診断を受けていたので、見過ごさずによかったです。

体重も、ほんの少し減りました。パッツンパッツンがゆるゆるに(笑)

食べなきゃ治る!の著者の先生は、一日一食をお奨めですが、

極端なことは、したくありません。

病院でも、褒めて頂きましたし、何といっても自分自身のためでありますよ。

健康で死にたい…願いを持つ私は、これからも戦い続けます!!

って、はぁ~きれいにしめられてよかった~

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

いくつになっても、初体験

2016-11-21 14:36:03 | 日記

★番号を呼ばれ次々吸われゆくあの部屋の先吉か凶か

★待合室、すぐ後ろに空間誰も座らないと思ったら、椅子がなかった(汗)

★手の込んだアップリケのバッグを斜めにかけた初老のひと、夫とふたり…ちょっぴり羨望。

★老婆、人をにらみつけて前を通り過ぎていく

★今日は「257」の人として呼ばれるのをひたすら待つ

★月曜日、初診の患者多し、それだけでげんなり。大行事。

★時間つぶしに持参した穂村弘の本、人目があるのに声出して笑ってしまう

★骨折らしき夫、当たり前の顔してる。妻はかいがいしく看護師と話し、車いすを押す

★親しげに声をかけられる、見知らぬ人。いぶかしげな私に「かな…」と聞こえた

 「かなさん?」と言ったら、「かな書道で…」かな書道で一緒の人だった(笑)

★診察終わる。簡易ギブスで固定し一週間後再診となる。松葉杖使用。

 大げさだけど悪化させないために仕方なし。

 

土曜日、軽いめまいが…気がついたら道路が目の前に!

眼鏡が壊れなくてよかった、と思い立ち上がったら、気分最悪。

顔色が白くなっていくのが、感じられた。

それからタクシーを呼んで帰り着く。

 

なんだろね。

いくつか原因となることが重なったとは思いました。

無理しないように…お年なんだから…ホラ言わんこっちゃない…

モロモロの、天の声が聞こえました。

ナールホド、ことが起こってから人は学習する。

人じゃないわたしだ。

 

固定して貰ったら、昨日までの痛さが取れた。

あと時間がたてば…

ま、軽く済んでよかったです。

 

そんなこんなの顛末記

 

 

 

 

 

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

老いの生活あれこれ、泣き笑い。

2016-11-13 09:37:12 | 日記

 

すっかりご無沙汰…いつものセリフで始まります。

皆様にはお変わりございませんか?お変わりないという事が最高なのですよ、高齢者には…

歳を取ったら下り坂といいますが、ある年齢になったら、後ろは崖だそうで(笑)

まだあるはずの坂は途切れて真っ逆さま。笑えませんとも。

ま、元気で過ごしています。が、毎年誕生日周辺で健康検査の受診を受けています。

気になることがありましたが、本当の結果は24日過ぎでないと

先生からのお言葉は聞けません。

まぁ、結構なお年ですし、少々の数値の変動もそのお年のせいと承知しております。

ずいぶん昔から、年の事は意識している人間のようでお恥ずかしいです。

↑市民センターの自主講座が小学校へ出張しまして。3年生の子たちに短歌の授業。

今年に子たちは、たくさん作歌してくれて、老先生も満足です。

↑これは、月いちのジジババ会(正式名称は略)で色紙の工作。

帰宅して復習しようとしたら、見事忘れておりました(笑)

↑近くの公園の池の鯉。私の好きな黄金色!

↑地震でやられた屋根瓦の修復。諭吉さんが徒党を組んで出ていきやした(泣)

安心して住むためには、致し方ありません。

↑ 来年3月の発表会にむけて、好きな短歌や俳句を先生にお手本を書いて貰わなければなりません。

私は自選の短歌を書いて頂くことにしました。二首のうちの一首を清書してくださるので

楽しみにしています。これから練習して2月には傑作を仕上げたいと思っています(笑)

 

久しぶりの投稿で、写真の取り込みに手間取りはぁ~の連続でした。

マメにせよ!と神さまの言うとおりでござんした。

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

まだ頑張ってやる!

2016-10-18 13:35:21 | 日記

昨日今日と、また暑さがぶり返して真夏のようです。

気象庁によると、台風のせいらしいですが、

こちらに来るのは避けるらしいので、よしとして暑さは我慢しようと思います。

 

昨日は従兄弟の妻に当たる人のお葬式でした。

89歳だったのと、長いこと老人特有の物忘れ病でしたが

娘に、とり婿で面倒見て貰い、「ご飯よ」と呼びかけて食卓に来たとたん突っ伏して

そのまま旅立ったそうで、何とも見事な去り際…そうありたいもの、と思いました。

 

みんな親はとっくに去って、いとこ達も「次はだれ?」状態なので

オットの葬式以来の顔合わせで、がやがやと。

自分の体調の悪さなどが話題となり、それぞれシワも深くなったりして

時間の流れが見て取れました。

私も耳が遠くなって、普通の話声では聞き取りにくく、つい「え?え?」と。

で、静かなはずのお葬式も、賑やかでした(笑)

美人であったいとこも、全体にシワが散らばって、おばぁさん真っ只中。

私の一個上でしかないので、ひとごとじゃないし。

裕福ないとこも、話題が進展なく自慢交じりの繰り返しでございました。(笑)

 

もう完全に時代が過ぎています。

分かっているけど、死ぬまで繰り返し繰り返し思う事でしょう。

死出の旅の一里塚。

キーが打てる限り、老人の気持ちを伝える伝道師となるつもりです。

その年にならないと、理解はできないし、

時期が来て「あ~そうだったか」と膝を打って頂けるでしょう。

 

子だくさんであっても、捨てるほどのお金があっても

老人は孤独な生き物です。

(子一人、わずかな年金暮らしは尚のこと、わたしですが…)

 

いろいろ言っていますが、特に心配する病気はなし

かな習字も上達したいし、短歌もいいもの作りたいし

海外ドラマにも浸りたいし

まだしばらくはダイジョウビだと思っています。

 

 

 

 

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加