うめちゃんのグダグダな日

高齢者の仲間入りを果たして数年。
オット亡くなり、おひとり様体験中。
死ぬまで元気!を目指します。さて…

テレビ買い替え騒動

2016-08-14 12:33:17 | 日記

ヒマなようで忙しい?いや、忙しいようでヒマ?

リオ五輪のテレビ観戦は結構忙しい…

 

テレビが壊れましてね,

真ん中に黒い帯というかスジが入り、邪魔です。池江選手も二分割。

壊れた現象だと教えて貰っても信じられなくて…

パナソ〇〇〇ですよ。買って6年目ですよ。絶対パナソ〇〇〇信者のオットが選んだんですよ。

もう壊れる?

「もう駄目なんよ!」娘から引導を渡されて、孫息子に手伝ってもらって、しぶしぶ買う羽目に…

「修理して液晶から取り替えれば10万円掛ります」

「今や買い替えが当たり前、消耗品です」

昔人間の耳にはグサグサ突き刺さりますが、これも世の常ならむ…

で、昨日取り付けに来てくれて一件落着。

台湾オーナーのシャープ製品。40型で61000円。

昨日の夕方のニュースを撮りました。

今や、テレビは命の綱であります。スマホもそうだけど。

見ていなくても、音だけでも聞こえるように流してるもんね。

ラジオ?フムフム…

 

やっと、ポケモンGOをスマホに入れました。グルグル難しかった…

というか、無駄にやってたらしい。孫にもう入ってるよと。

暑いから家の中では一匹ゲットが関の山。

 

午前中から熱中症情報の危険注意が発信されています。

「この暑い中動き回るけん死ぬとたい」と言われないために水飲んでじっとしています。

スマップ解散って、何か関係あります?

数年前、娘と博多へコンサート見に行った~

あの頃は若かった~

すべては世の流れ、時間の流れであります。

お盆前に提灯を出して飾り付けました。

安心…

 

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

決まってることをいうな!「暑いですね」

2016-07-31 10:17:03 | 日記

冬は寒いに決まっとる!

夏は暑いに決まっとる!

ですが…「暑いですねぇ」としか言葉が出ない~

 

ご近所、どっちを向いても老女の一人暮らしか、老々のご夫婦か。

そんな界隈で暮らしておりますが、最近、2こ年上の方が大腿骨骨折で入院ちゅう。

良くなればいいですが、完治は難しそう(憶測)

もともと細身のご上品な体つきの方でした。そしてご多分にもれず骨粗しょう症。

 

老いも若きも細身のスタイルめがけて、食事をおろそかにしがちな生活を

続けていますが、モデルを職業にする人は別として、

普通の人には、少々太っていても健康であるなら、それでいいと思います。

60歳過ぎたら、痩せているのはぽっちゃりより醜いと思います。

不健康です。病魔に襲われます。骨折ってしまいます。

骨折は寝たきりの元。

と、太ったばぁさんは痩せてかっこいい人を思わず攻撃してしまいました。

 

鍛えて筋肉質は大歓迎~

体操教室の先生は60代半ばらしいですが、それはそれは素晴らしいお体です。

過不足なく筋肉があり、ヒップもプリッと張っていて見とれます(笑)

いきなり老人になる訳ではない。日頃の心掛けが健康を作り長生きできる。

見かけだけにこだわって、真の健康を忘れている若者にひとこと。

うごけ!はたらけ!たべよ!かんがえよ!そして寝なさい!

 

昨日は、かな書道の日でした。

先回は線などたどり、字ではありませんでしたが、昨日はかな字。

寺子屋を連想する「いろはにほねとち」まで。

力を抜くことを知らない私は、やわらかなかな字が書けませぬ。

すべてはこれからですわね。

頑張らないようにがんばりましょう。

 

いま見せておくと数年後に成長が分かるかも…或いは分からないかも…

数年ってあるのか?

 

百均で買ってきた「髪を縛る小さなビニールの輪っか」で作った腕輪

こんなことで時間を過ごしております(泣)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ときどき激しい降りの今日

2016-07-13 13:39:13 | 日記

日常の事から申しますとお天気悪くて…

スマホでは日に何べんも大雨予報を知らせてきて

うるさいのですが、地震の事もあるので取り消せないのです。

小さな揺れはほぼ毎日あっていますが…

地震慣れしたというか、揺れに対する自信がついたというか(笑)

数秒待ってやり過ごすことは平気になりました。

もうあんな大きいのは来ないだろうという何の保証もない考え(笑)

 

月曜日に街に出ました。

昼食は、重要なる方と(♀)25年ぶりに再会して、お互い顔を見つめて

食べることが面倒に思うくらいに、話に熱中しました。

お目当てのお蕎麦屋さんがお休みでした。カラリと揚ったアナゴを

食べて貰いたかったのですが…

結局はホテルの中国料理でしたが、私には物足りない味で( ;∀;)残念。

しかし静かで、ハナシ山ほどの人間にはよかったです。

また再再会の折には、きっと会いましょうとお約束しました。

でもね…自分の歳を考えると、どうなのか…

一期一会の言葉を思ってしまいました(^_^;)

 

そのあと鶴屋で買い物して、雨が降る中信号青の歩道を渡り終えるとき

聞き覚えある「ばーちゃん!」の声。横に末孫のふうちゃんが!!

びっくりしたわいなぁ。

一応、熊本一の繁華街、熊本一の横断歩道で!

それも渡り終える寸前、ま、私の方はバス停へ行くつもりだったので

気が付きませんでしたが、若いと目が早い。

見覚えのある体形の人だった…ばーちゃんだとすぐ気が付いた…って。

はいはい、大きなばーちゃんでいいこともあるんですよ!

久しぶりに、思わぬ出会いに喜んだふたりは、お茶やかき氷。とお話し。

家に引っ込んでると、珍しいことも出会いもないけど、犬も歩けばなんとやら…

疲れたけど、実り多い一日でした。

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

古くて新しい友

2016-07-03 10:16:18 | 日記

ばぁば通信を送っている友から電話があり

いろいろしゃべってると、「ちょっと長くなるけどいいね?」

いいよ~

「あのね、50年前にさかのぼるけど、電話を引いたときね、

NTTから借りていた電話が古くなったので、取り替えて貰ったのよ」

借りていた?当時は債権を持ち続けた人と、すぐ売った人がいたのよね。

今現在の形態がどうなのかは全然知りませんが…

「新しい電話機、少し小型になってた、黒くて綺麗だった」

???

私に、理解できない部分があるので、詳しく突っ込んでみたところ…

 

取り替える前も、今度の新しいのも、ぐるぐるダイヤルを回すヤツだって~~!!!

は?NTTの人、それを持ってきたの??

「最初は、もうないかも知れないと言っていたけど、あったのよ」

彼女が嬉しそうなので、あんまり突っ込まないように!と自分を押さえました。

「50年使ったけど、新しいのに変えちゃった」

う~~む~~

 

私ね、ワサモンでね、新しいものが出たら飛びつく方だから…

ぶつぶつつぶやいていました。

 

30歳台に離婚して複数の子供を一生懸命に育てた友。

自分の城を守って、自分の手の内で、暮らしてきた友。

わき目もふらず、どんな新製品が出ようとも関係ないものは、見なかった友。

偉いなぁ~

 

ふわふわ生きてきた自分を反省させられた朝でした。

そういえば、一日2合お米を食べるそうです。(私は1合)

ご飯をしっかり食べて、いるのだろうなぁ~

 

受話機から線でつながってる?持ち歩けないね。

ぐるぐる回すの?メンドクサイね。

要らぬこともつぶやきましたが、それが当たり前の友には

何言ってる?としか…

 

NTTは、こんなのもありますよ~とか、これは便利ですよ~とか

言わないんだね。ちょっと感心!かも。

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

揺れも収まってきた昨今の様子

2016-06-25 11:45:49 | 日記

相変わらず大雨予報の情報が飛び交う熊本です。

いい話としては、揺れの回数がめっきり少なくなりました。

トイレや、お風呂や、さぁ寝ようという時、あの胸がきゅっと締まる不安が

なくなってきました。

先週土曜日の震度4が最後になってほしい…

もう安心!とは言えませんが、普通の生活が戻ったように思います。

今週の私は、気持ちも穏やかに体も重くなく、体操教室や短歌教室に行けました。

人生の終焉ばかりが脳裏を行き来し、ふさぎ込む暗い気持ちから解放されました。

「これが普通ってことよね」と。

 

中央市役所に用事があって14階からすぐそばに見える熊本城です。

あたまハゲハゲが痛々しい。

飯田丸の雄姿?熊本の根性!として有名になった一本石垣(中央) ブルーシートが眼を射ます。

ホテルキャッスルの前の稲荷神社。一角の家屋も下敷きになったとか。

数日前、夜中に降った雨で凄い景色の白川

 

仏壇の整理をしていたら、奥から出てきた父の葉書。フィリッピン派遣されての第一便らしい。

母が大事に取っておいてくれた。他にもあったと思うがたった一枚の葉書。

端正な字といい、きっちり収まった文章といい…

私の宝物だと思う。

昭和18年3月生まれの妹が伝い歩きということがあるので、18年の暮れに書かれたものらしい。

私8歳、思い出せない父の姿を、無理やり思い出した。

この2年後終戦、病院船で帰国したものの2年後、行年39歳で没。涙…

 

・戦地より届きし父の葉書出で思い出せない匂いかぎみる

     (これお気に入りの一首です)

一転、週に一度の体操教室の風景。みな似たようなお年頃。

行くときは気が重くても、帰りは力が湧いて、チャリもスピード出ますわ(笑)

長々有難うございました。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加