僕らはみんな生きている♪

生きているから顔がある。森の葉っぱ、教育的指導、たまに小説、最近は母の介護…

みみずく

2006年07月31日 | いろいろな顔たち
フクロウって鳥はいるけど

みみずくって鳥はいないんです…

んじゃ、ぼくはいったい誰?
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ふくろうの中のフクロウ

2006年07月30日 | 何でも掲示板
ひらがなの「ふくろう」は鳥の種類を指すのでミミズクもふくまれる
 カタカナの「フクロウ」は沢山の中のフクロウという種類のことなのだ

分かんないですよね?
以前から「ふくろう」ってなかなかすごい奴だと思っていたけど、
きょう「みみずく館」を見学してすごく勉強になった。

こいつはすごい鳥だ  何がってさ、
目が人間並みに顔の正面に付いている=立体的に見える範囲が鳥の中で最も広い
耳が左右別の位置に付いている=驚異的なパッシブセンサー、暗闇でも獲物の位置をつかむ
柔軟な羽=音無で飛ぶステルス飛行

それだけじゃないぞ、何てったってものすごい鳥なのだ
人間の貯蔵した食物を食い荒らすネズミが主食なのだから
昔から世界中で神様のように崇められ信仰されている益鳥中の長!
知れば知るほどすごい


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

種のメッセージ

2006年07月29日 | SF小説ハートマン
「ねえ、ボクはハートマンになるんでしょう?大人になったら。」

「ひろし君…」
トントは一言一言確認するように話し始めた。

「貴方は選ばれた。やはり私たちの選択は間違っていなかったと、今確信しています。おっしゃるとおり宇宙君はハートマンになります。」

「でも、ちょっとだけ怖いよボク。ホントになれるの?」
「なってもらうために私たちは貴方を選びました。ですからきっとなります。」

「またいつかハートマンに会えるかなぁ。」
「さっき宇宙君は、この夢はボクだっておっしゃいましたね?」

「うん。何か変なんだけど」
「いいえ、変ではありませんよ。宇宙君の感じたことはみんな本当です。あれは宇宙君、貴方なんです。見るだけの夢とは違うのです。」

「よく分かんないよ、どうゆうこと?」
「夢でハートマンがしたことは、宇宙君がこれから自分で経験することなのです。実際に起こることなのです。」
 
「えーっ本当に?、じゃあ初めの夢の時、ボクが会ったハートマンは誰?」
「あれは貴方です、宇宙君。未来の宇宙君が自分で貴方に会いに来たのです。貴方にメッセージを伝えるためにね。ここにメッセージがあります。」
そう言ってトントは一粒の種を僕に見せた。

「何これ?フーセンカズラの種じゃないの。」
「そうです。これを宇宙君のバイオリストコンピュータのインターフェースにこうしてっと・・・」

トントは種を、もう治りかけてかさぶたになっている腕の傷に押しつけた。プチッと音がして種はかさぶたの下に収まった。あっという間のことだった。


ハートマンが目の前に現れ、僕に話しかけた。

「トントがこれを君に見せたということは、全てうまくいっているということだね。宇宙君、君がここに来ることを信じているよ。大丈夫きっとうまくいく。私が保証する。何てったってこの私は宇宙君、きみ自身なんだから。」  つづく

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

小さな親切、よけいなお世話

2006年07月28日 | お受験とか幼児教育
子どもには大人の手助けが必要です。それはそうです。

でも、子どもを援助すること、それは代わりにやってあげることではないと思います。
子どもが一人でできるように教えてあげること、それが援助することだと思います。
代わりにやってくれる人が側にいなくても大丈夫と思わせてあげること、自分でする喜びを教えてあげることだと思うのです。

子どもは責任を楽しみます。自分がやらなければならないと思うと、本当に頑張ります。ただ、頑張りたいんだけどその方法が分からなくて不安になることがあります。だからどうすればいいのか教えてあげればいいのだと思います。

何かが必要な時、何が必要か言葉で伝えることを教えることです。紙くずは捨てて良い場所があることを教えることです。自分のものは自分で責任をもって管理する喜びを教えることです。

何もかも親がやる方が楽だし、まだ幼いから出来ないものだと決めつけるのは親のエゴです。そうゆう価値観で育てられた子どもが、ある時突然叱られたりします。

「いったい何時になったら自分で出来るの!」

できないよぅ、だって教えてないじゃん!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見~つけた!

2006年07月27日 | いろいろな顔たち
      


          あっ、見~つかっちゃった~  
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ハーマンは僕なんだ

2006年07月26日 | SF小説ハートマン
僕はもう大丈夫だ。夢の中で体がどんな傷ついても、化け物のような敵に囲まれても、どうすればいいのか分かるような気がする。
隠れるのか戦うのか、説得するのか。相手の心を読んで先を推理し、自分ならこうするだろうと思うことをハートマンもしているような気がするんだ。

朝、目が覚めてから息苦しいこともなくなった。何だかいい気持だ。
言われる前にお手伝いをして、ママに「ありがとう。助かったわー。」って言われた時のようなくすぐったい気持だ。

「ねえトント、僕少し分かってきた。」
「そうですか、宇宙君。貴方はとても頑張りました。この何日かでめざましい進歩です。私がしてあげられることはもう残り少なくなりました。」

「それって僕のこの腕のコンピュータが完成したってこと?」
「はい。バイオリストコンピュータは組織作りを終了しました。細胞からの拒否反応もありません。全ての神経細胞がシナプスを全開にしてネットワークで結ばれました。脳はフル稼働に入ります。全てがスタンバイ、OKです。」

それを聞いて僕は少しうれしかった。でも少し不安もあった。


「この夢は僕なんだね?トント。」

僕は感じたことをそのままトントに尋ねた。

「ねぇトント、ハートマンは本当は僕なんでしょう?」

何度も夢を見て経験するうちに、僕はハートマンを見ているんじゃなくて、僕自身がハートマンなんだ、と思うようになっていた。


トントはしばらく何も言わずに僕を見ていた。   つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

我慢できないお母さん…③

2006年07月25日 | お受験とか幼児教育
お勉強が終わり片付けをしました。プリントや筆記用具、上履きもきちんと始末をして忘れ物が無いかどうか机の中も確認します。机の曲がった人は真直ぐに直してくれます。言われなくてももうきちんと出来ます。

それでは皆さん、
「さようなら!」

教室を出て数秒後、(窓から見ると)仲良し同志手をつないで走りだしました。

お母さんはどこ?

ずっと後ろをお母様同志おしゃべりをしながら歩いています。
手には山のように荷物を抱えています。ハンドバッグ、お買い物バッグ、デパートの紙袋、スターバックスのコーヒー、
それに子どものレッスンバッグ!

ここは普通の幼児教室です。中世の王子様が召使を連れてお勉強に来た訳ではありません。   つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信じる者のみ

2006年07月24日 | いろいろな顔たち
 あなたは見えますか

 よぅし

 見えたら仲間だ!      
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

脱出

2006年07月23日 | SF小説ハートマン
コールサインを受け取ったスペースギアは環境色のまま発進し、サイバークラブ屋上で待ち受けるハートマンにフルスピードで近づいた。

使い慣れたハンディウエポンを拾っている余裕はなかった。接近戦を予測して身につけていた旧式のレーザーガンだけがかろうじて敵の攻撃を防いでいる。

熱交換機の影に主人を発見したハイブリッド合金製の忠実なるしもべは、彼の待つ建物の直前で船体の飛行角度を90度傾け敵とハートマンの間に割って入った。
コックピットウインドウを開く。
船底にビームバリアーを集中し、反対側からハートマンを迎え入れた。

コックピットに飛び込んだハートマンはコンソールを素早く操作し、バイオリストコンピュータに同調させる。その間にも船底に受ける攻撃ビームの衝撃が次第に大きくなっていく。

この程度の攻撃ならバリアーはしばらく持ちこたえるだろう、だが敵が破壊力のある大型兵器を持ち出す前に脱出しなければ。

叫びたくなるような苦痛が断続的に襲ってくる。ハートマンは、全てのモニターがAUTOに変わり安全なワープ空間へと飛び込んでいく強烈なGを、薄れゆく意識の中で感じていた。   つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

潜入失敗

2006年07月22日 | SF小説ハートマン
スペースギアに戻ると街から少し離れた農場の納屋らしき建物の裏にそっと移動した。もう一度調べてみる必要がある。
スペースギアはいつでも呼び出せるようにコールオプションをオールタイムにセットする。

コックピットを出るとプシュッとエアロックが閉まり、ハイブリッド合金の小部屋は自分で探知した環境の色に変装を始めた。1分もすればどこにそんな物があるのか分からなくなってしまう。装備されたばかりの外殻迷彩装置(NINJYA)が稼働したのだ。

クラブの建物に屋上から潜入を試みた。いくつかのドアを通り抜けた時、いきなりレーザービームがハートマンの右肩を貫いた。オートセキュリティシステムの赤外線に見つかってしまたのだ。

「しまった、発見された。」

戻ろうとしたハートマンの左足をまたもやビームが貫通する。肉の焼ける臭いがした。
「脱出しなければ…」
走り出した瞬間に襲ってきた激しい痛みに思わず転倒する。衝撃でハンディウエポンがホルダーから外れ通路に転がった。

異常な物音を感知し、各所に配置されていた外来者監視用防犯カメラが一斉に向きを換え彼を追う。すぐに戦闘用ガードマンが駆けつけるだろう。

バイオリストコンピュータは痛みの感覚だけを断続的にに遮断しながらスペースギアに(エスケープモード)を指示した。   つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

我慢できないお母さん…②

2006年07月21日 | お受験とか幼児教育
ベンチで一休みしている親子がいます。
色とりどりの草花が花壇で競い合って咲いています。鳩が数羽噴水の水を飲みに来ている、静かで気持ちの良い公園です。

沢山遊んだ後なのでしょうか、みんな満足した楽しそうな表情です。同じ幼稚園なのか、ご近所なのか、仲の良さそうなお友達も一緒です。

お母さんがバッグからキャンディーを取り出して子ども達にあげました。「ありがとう」とお礼もきちんと言える、躾のできた子ども達のようです。

子ども達はキャンディーを口にほうり込むと、包み紙はそれぞれのお母さんに無言で差し出しました。お母さん達は至極当然のようにそれを受け取りバッグに入れました。
ここは日本の、どこにもあるような公園です。   つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイバークラブ

2006年07月20日 | SF小説ハートマン
サイバークラブに人影はまばらだった。

支配人を呼び、いくつかの質問をした。
支配人は曖昧な返答を繰り返し、2人のガードマンを呼び寄せた。明らかに戦闘用のアンドロイドだ。このテのやつは軍隊にしか配属されていないはずだが、何か裏のルートがあるに違いない。

「ちょっと借りるよ。」

ハートマンはそう言って、支配人のデスクにあるコンピュータに素早くバイオリストコンピュータを接続した。
モニターにセクションのロゴマークが浮かび上がり、すぐにCPA(中央警察)のそれに変わった。
支配人の顔が一瞬引きつり急に愛想笑いに変わる。

「へへっだんな、それならそうと初めからおっしゃって下さいよぅ。私は何も知ってなんかいませんよ。いや、本当ですよ。うちはいつだってまっとうな商売してるんですから。なんならその辺の従業員つかまえて聞いて下さったっていいですよぅ。何ですかそのGS何とかってぇの?」
 
「いや、知らなければいいんだ。また来る。」

急に口数が多くなった支配人の肩をポンとたたき、店を出た。  つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハートマン必見…②

2006年07月19日 | お知らせ
これがトントです。

エサキモンツキノカメムシ

こちらからお借りしました。

http://nankoku238.blog61.fc2.com/
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

我慢できないお母さん

2006年07月19日 | お受験とか幼児教育
夏の蒸し暑い日、子どもが外から帰って来ました。
顔を真っ赤にほてらせて汗びっしょりです。
おかえり、の挨拶もそこそこにお母さんは慌ただしく働きます。

まず、どこからともなくさっと取り出したのが冷たいおしぼりです。ほてった顔を冷やします。

続いて、汗で濡れたシャツをはぎとりタオルで体を拭きます。

乾いたシャツに着替えほてりの治まった子どもはダイニングの椅子に座るよう誘導されます。

あっと言う間に良く冷えた麦茶のコップが目の前に置かれます。

ふぅーっとため息をひとつついた子どもが外での出来事を話し始めます。ここは普通の家庭の台所です。子どもは、さっきまで大声を出して遊んでいた普通の子どもです。   つづく
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

アツアツの天ぷら…④

2006年07月18日 | お受験とか幼児教育
それでいいんです。とても良い面接だったと思います。
なぜなら、練習で面接した時彼が

「アツアツの天ぷらです。」

と答えたのは、前日にそれをおいしく食べたからです。
面接の前日は天ぷらとは違うメニューだったそうです。

その食べ物を答えたのかどうか忘れてしまいましたが、天麩羅よりもっと美味しいと感じるものを思いついたから、それを答えたのでしょう。
面接はコミュニケーションです。記憶力のテストではない!
素直にその時思ったことを答える。準備した答えをマニュアル通り言うのではなく、自分の気持ちを相手に伝えること、これが一番です。

どんな答えだったにしろ、面接官に子どもの素直さと家庭の暖かさが伝わったはずです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加