僕らはみんな生きている♪

生きているから顔がある。森の葉っぱ、なんちゃって小説みたいなもの…

宇宙(ひろし)のバイオ・リスト・コンピュータ

2006年06月30日 | SF小説ハートマン
「ねえトント、ボクのコンピュータはほとんど出来上がったって言ってたよね。」
「はい。後は神経細胞を脳に融合させる微調整だけです。もう夢を見ても怖くないでしょう?」
「うん。でも気になることがあるんだ。」
「何でしょうか。気分が悪いとか、気持が悪かったら治しますよ、宇宙君。」
「ううん大丈夫。気になるのはテストのことなんだ。今度のテスト、すごく成績が良かったけど、これってボクのコンピュータがやったの?」
「それは宇宙君のテストをバイオリストコンピュータが解いて答えを教えたってことですか?」
「そ、そう。だったらあまりうれしくないなぁ、ママは喜んでるけど。ボクの実力じゃないってことでしょう?」

「安心して下さい、宇宙君。あなたの実力ですよ。」
「でも・・・。」
「バイオリストコンピュータが教えたのではありません。まあ、関係はあると思いますがね。宇宙君の頭を整理してちゃんと働くようにしたのですよ。それを働かせたのは宇宙君あなた自身ですからね。自分の脳をきちんと使えるって事が大事なんですよ。」
「じゃあボク、頭が良くなったの?」
「そう思ってもいいですよ。でもこれからが肝心です。いい頭を全部使っていい仕事をしてもらいましょうね。」

トントの言葉はちょっと嫌みも混ざってるような気がしたけど、ボクは少し安心した。だって、ハートマンのように活躍してみたいけど、頭が機械になっちゃったらイヤだもん。

それから何日か夢は続いたけど、なんだかとっても冷静に感じとることができるようになった。激しい戦いや、セクションの構造、宇宙の仕組み、ハートマンの任務。いろんな事が分かるにつれてボクの体の中には熱い大きなパワーが膨らんでいった。   つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タコの木

2006年06月29日 | その辺の木や花です
 吸盤がいっぱいついてる

なにを吸い付けようとしているのか

暗くなったら…吸い付けられてみたいような気も ちょっと
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

宇宙の公開模擬テスト

2006年06月28日 | SF小説ハートマン
「ひろし~、ねぇひろし~、いるのぉ~。」
ママの声だ、怒ってないけど興奮してるみたいだ。僕はタイヤ交換中のミニ四駆をそっと箱に戻して玄関に出ていった。

「何だよ、大きな声出して。近所迷惑だよ。なーに?」
「あら、やーね、ごめんなさい。でも宇宙、頑張ったじゃない今度のテスト。」
「えー、何のこと?」
「こないだの公開テストよ、成績上がったわよ~、ほら。」

ママは僕に公開模擬テストの成績表を見せた。
幼児教室で月1回ずつやってる小学校入試のテストのことだ。僕は大体Cランクか、たまにBランクに入ってる。

順番は気にしないで下さい、弱点を見つけることが大切ですよ、て吉田先生が言ってるのを聞いたことがある。でもママは順番をすごーく気にするタイプだ。成績表が出るといつも「ああ、やっぱりね。」とか、「まったくぅ。」とか言ってため息をついたりする。
怒ったりはしないけどがっかりしたママの姿が結構ボクにはプレッシャーになる。テストは嫌いじゃないけど、難しい問題だったりすると何となくママの顔が浮かんできちゃったりするんだ。

「見てごらん宇宙、高原大学附属。ほら合格有望圏よ。Aランクだし。」
「ホントだ、初めてのAランク。やったね!」
「ママうれしいわー、お夕飯頑張っちゃおうかしら。」
何でもいいけどママが頑張っちゃってくれるとボクもうれしい。ママがうきうきしてるとお父さんもニコニコして一家みなHAPPYって訳だ。

でもちょっと気になることがあって、すぐに部屋に戻るとトントに話しかけた。   つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

好奇心の「種」

2006年06月27日 | お受験とか幼児教育
植物は不思議です。子ども達は不思議なものが大好き。
朝顔でも大根でも、種を蒔いて何日かすると発芽しますよね。あんな小さなしかもカチカチに堅いものから根っこが出て芽が出て葉っぱが広がる。水しかもらってないのに、どこにそんなパワーが隠れていたのでしょう。

子どもは自分で蒔いた種を毎日欠かさず眺めます。
種は成長するとその個性をきちんと発揮して、自分だけの特徴を持った姿へ変身を遂げます。
変身の過程はとても楽しみですが、花を咲かせ実を結ぶところまで見られるものはもっと楽しみです。実を収穫して味わうことができるとお世話した苦労も報われる気がします。子どもも毎日食べている物がこうしてできあがったのだと、どこかで感じているはずです。ひょっとしたら感謝の気持ちも芽生えているかも…

ある日、きれいに咲いたオダマキの花を見つめて
「宇宙船みたいだね」
とつぶやく子がいたり、
オシロイバナの種をポケット一杯集めて自慢したり、
「ツツジはここがおいしい」
と蜜の吸い方を教えてくれたり。

オオバコの茎で綱引きをしたり、朝顔の花で色水のジュースを作ったり、笹舟作りやオナモミのぶつけっこやドングリ集めや、その他いろいろ、植物と遊ぶ子どもが少なくなってもうずいぶんになります。

「今時そんなことできるわけないですよ」と、都会ではなかなか難しいと思われるようですが、案外そうでもありません。
近所のちょっとした公園や路地裏通りの発泡スチロールプランターなどで、結構面白いものに出会います。  つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

回復

2006年06月26日 | SF小説ハートマン
けだるい光の中でうっすらと目を開けたハートマン。冷静さは取り戻していたが体の熱さは冷め切らずにいた。胸の上で柔らかいものが向きを変え、つり上げたばかりの鮎のように跳ねてからみついてきた。

「起きたの?」
ついさっきまであれほど長い時間執拗に求め合い与え合ったことを忘れてしまったかのようにヘッドセットを求めるメイド。
「今度は何をするの?」
ほほに軽いキスをしてヘッドセットを受け取ると新しいバーチャルスペースへ飛んだ。

さっきまでの可愛いメイドの姿はなく、本来のCOS-MK惑星人の姿になっている。仲間が数人集まって手招きしている。海岸で見た少女たちに表情が似ている気がした。メイドだった一人がハートマンに鞭のような武器を手渡した。何気なく受け取るハートマンに流れ込んできたバーチャルイメージはさっきまでの温かく幸せなそれとは大きく異なったものだった。さあ早く、と誘うCOS-MK惑星人達。
 
だが、その後の数分でハートマンの笑いが消えた。握りしめた拳が小刻みに震え、あぶら汗がにじむ。硬直するハートマンに更に数分の時間が過ぎた。ヘッドセットはバーチャルスペースで繰り広げられるバイオレンスシーンを鮮明に映し出していた。

ハートマンは無抵抗のCOS-MK惑星人が受けるバイオレンスが何かのドラマの始まりかと思い興味を持ったが、ひとり、またひとりと嬲り殺される仲間をはやし立てながら執拗に繰り返される映像はそれを怒りに変えた。
「やめろー!もういい。」
バーチャルヘッドセットをかなぐり捨て、ハートマンは青ざめた顔で立ち上がった。
「何が言いたいんだ君は。僕にこうしろと言うのか。本当にこうして欲しいのか?」
「ハウ?」
なぜ怒っているのか分からないという表情のメイドを見て、ハートマンの脳裏にアドコピーが再びひらめく。

「そうだ、やっちまえ!貴方はスペシャルゴッド、やっちまえ!やっちまえ!」

 その時ハートマンの頭の中でマグネシュームの閃光が炸裂した。一瞬全ての感覚が真っ白になり数分の一秒後、濃霧がつむじ風に吹き飛ばされるように鮮明になった。バイオリストコンピュータのメンテナンスが完了したのだ。ナノワームに犯された視床下部の組織が元通りに修復され、網膜に「機能回復」のサインが流れる。ハザードスワップシフトで待避していた彼の意識が完全に回復した。彼は「ただの観光客」から「任務を持ったハートマン」に戻ったのだ。

「そうか、俺は今GEALMAリゾートのPSオプションにいる。」   つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トータルリコール

2006年06月26日 | その辺の木や花です
昔のシュワちゃんの映画ですが
観たことありますか?

わっかるかなぁ~わっかんねぇだろうなぁ~
この木のようなシーンが

あ っ た の さ           
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たばこ屋の窓口で

2006年06月25日 | お受験とか幼児教育
私がまだ若かった頃、てゆ~かぁ学生だったころぉ~、当時まだタバコとか吸っててぇ~、無くなるとちょ~困ったり~、みたいな生活をしていたのですが

そんな私が好んで行くタバコ屋さんがありました。

その店は間口半間程の古びた作りで、赤い「たばこ」の看板に飾られた小さなガラス窓が付いていました。
街にはもう自動販売機も沢山ありましたが、たばこが必要な時は遠くともわざわざその店まで足を運んだものでした。

ひょっとして可愛い看板娘が・・・

と思われたかも知れませんが残念でした、違います。店番はおばあちゃんでした。声をかけると薄暗い奥の間から窓口へ出て来てくれます。銘柄を言うと緩慢な動きで出してくれるのですが、

その時に両手を添えて「ハイどうぞ」と差し出してくれるのです。

当時消費税もなく50円のショートホープ一個が、デパートで買うお土産のように貴重なものに感じました。
今時のお店では「ありがとう」もない時がしばしばありますし、あっても視線を合わせることはほとんどありません。
あのおばあちゃんの自然な品の良さを懐かしく思い出します。

人にものを渡す時、人からものを受け取る時、小さな紙切れ一枚でも両手を使うと気持ちも素敵に受け取ることができるんですね。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

吸血鬼

2006年06月24日 | いろいろな顔たち
 これは顔だ

 これは顔だ

 これは顔だ


どや  見えたか          

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ねじり花

2006年06月24日 | その辺の木や花です
 ねじれてるけど…

三つ編みだけど…  

    かわいいぞ




 キミの名は?
コメント (21)
この記事をはてなブックマークに追加

コテージのメイド…②

2006年06月23日 | SF小説ハートマン
数秒後ヘッドセットが稼働し、目の前に立体映像が映し出された。
青い海と砕ける白い波、マングローブに似た植物とコテージ、503のプレートが付いたドアが開く。立体映像の解像度はすばらしく、手を伸ばせば触れるような錯覚に陥る。

「これは今僕らがいるこのコテージだね。やあ、君も出てきたよ。」
立体映像のバーチャルスペースには、今隣に腰掛けているそのメイド自身も現れ、こちらに微笑みかける。海岸からここまで来る間、ハートマンをビデオ撮影していたかのように映像が移動していく。

「君が僕に何かを話しかけているんだね。何を教えてくれるのかな。」
メイドの柔らかな体温を感じながら楽しく映像に見入っている。

バーチャルスペースのメイドが微笑んで見つめている。
大きく頷くとエプロンをはずした。こくびを傾げもう一度微笑むとゆっくりとコスチュームを脱ぐ。
幼い表情からは想像できなかったはち切れそうな白い肌を濃いスペースブルーの下着が押さえ込んでいる。

両手を伸ばし「さあ来て」と誘うメイドにハーマンは理性を忘れた。

バーチャルの世界を覗きながら現実のメイドを抱きしめ首筋に唇を押し当てていた。プレスの効いたシーツに荒々しく押し倒し、わずかに残った下着に利き手を滑り込ませていた。
抵抗せずあえぎ声を上げるメイドに欲望をかき立てられたハートマンは、完全に一匹の雄になっている。どこまでがバーチャルでどこからが現実なのか混沌とした快楽の世界に完全に浸った。

頭のどこかでGEARMAリゾートのアドコピーが繰り返し響いている。
「やっちまえ、そうだ貴方はスペシャルゴッド」     つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

両手を使って…①

2006年06月22日 | お受験とか幼児教育
ある日クレヨンを持って教室を移動しなければならない時がありました。

「さあみんな、用意のできた人はクレヨンを持ってここに並ぼうね」

と声をかけたところ、十数人の子ども達が素早く支度をして集まってきました。
出遅れた子どもが3人、クレヨンを拾い集めています。落としてしまったからです。早く並びたい気持ちばかり焦って、なかなか片付きません。

「慌てないでいいからね」
と声をかけておいてから、素早く並んだ子ども達を見てみると、皆クレヨンの箱の両端をしっかりと持って並んでいます。クレヨンを落としてしまった子どもは片手で持って、急いで移動しようとしたので蓋が開いてしまったのです。

競争するからいけない、とか、きちんと蓋をしないからだ等と叱る前に、どうしたら失敗しないか教える必要がありました。クレヨンの箱は両手で持つのだ、ということが習慣になっていれば何でもなかったからです。

失敗したこと(クレヨンを落としてみんなに遅れてしまった)で、落ち着きや集中力がまた少しそがれてしまい、次の活動が落ち着いて出来ないことが多いのです。

してしまったことを咎めるのではなく、そうしないように教えることが大切なのだと思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つゆくさ

2006年06月21日 | その辺の木や花です
露草はとっても恥ずかしがり屋だ

お日様が昇ってくると
花は閉じてしまいます。

            
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

コテージのメイド

2006年06月20日 | SF小説ハートマン
首を傾げるメイド。名前の意味がわからないらしい。
そっとハートマンの手を取ると自分の胸にそれを置いた。エプロンの上から、見た目よりずっと豊かな胸の丸みが感じられる。温かい体温と心臓の鼓動が手のひらを通して伝わってくる。
メイドはその手を両手で包み頬ずりをした後もう一度胸に抱き、にっこりと微笑んだ。小首をかしげて微笑むメイドの瞳が神秘的な深いグリーンに輝き誘いかける。

「何か言いたいことがあるんだね、僕にどうしろっていうの?」
「ハウハウ。」気持ちが通じてますます嬉しそうだ。
「ハウハウ、ハウ~。」
微笑みながらバーチャルヘッドセットを勧める。

バーチャルヘッドセットはサイドテーブルのコネクタに接続されていた。これは情報を視聴感覚に直接送り込む装置だ。映画やゲームをリアルに楽しむことができる、テーマパークで試験的に使われたものが爆発的に普及し、今では何処の家庭にもあるごくありふれたものだ。

「何か見せてくれるんだね。楽しみだな。」
ハートマンはベッドの端に並んで座り、左手を彼女の腰にそっと回しながら片手でバーチャルヘッドセットを装着した。

メイドは彼の肩に赤毛のショートカットをちょこんとのせて寄り添っている。
2人の後ろ姿は、夏の終わりにもう誰もいなくなった砂浜に並んで座り、夕日を見つめながら夢を語り合う恋人同士のようだった。

出会って数分しか経っていないのにそんな姿に見えるほど2人はうち解けていた。

あまりにも自然な成り行きだった。素敵にかわいいメイドと過ごす時間を嬉しく思った。見知らぬ街で初めて出会った人に温かくもてなされた安堵感を全身で感じていた。    つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

換気に気をつけろよぅ

2006年06月20日 | いろいろな顔たち
オレだってたまには遊びたいよ

だけどさ、仕事があんの!

負けてもいいから燃え尽きてなぁ~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コテージ…②

2006年06月19日 | SF小説ハートマン
そうか、君はCOS-MK惑星から来たんだね。
よく見ると耳は頭部の上方にちょうどネコのそれのように付いている。赤毛のショートカットがそれを半分だけ隠している。初めて見た時エプロンの飾りか何かだと思ったものはネコのようなシッポだ。

COS-MK惑星は銀河系でも辺境に位置する小さな惑星だ。単種族で長い歴史を持つ。文明と呼べるものはほとんど無いが、きわめて平和で、争うことを知らない。生活するCOS-MK惑星人達はほとんど言語を話さない。いや必要としない種族だ。ネコ耳を自在に動かし、相手の思考波をキャッチする。誰でもが言葉を発する前に気持ちを察してしまう能力を持っているのだ。

人なつっこいその性格から、従順なメイドとして別の種族に使われることが多い。ただ暴力的な扱いを受けたり、ショックを受けたりするとすぐにその命を終えてしまうことで知られている。
同じような平和な種族と依存し合いひっそりと生き残っているのだ。

側に来たメイドはハートマンの足にビーチの砂が付いているのを見つけかがみ込んだ。
「ん?さっきまでビーチにいたんだよ。ごめんね、砂を持ち込んじゃった。君の仕事を増やしちゃったみたいだ。」
「ハウハウ。」
にっこり笑って首を振ってから、足に付いたままになっていた珊瑚の砂を柔らかい手のひらで丁寧にそっと払い落とした。
他人に奉仕することが本当に好きなのだ。
「わぁ、ありがとう。と、ところで君の名前は?」
少しテレながらハートマンは尋ねた。
「ハウ~?」     つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加