僕らはみんな生きている♪

生きているから顔がある。森の葉っぱ、教育的指導、たまに小説、最近は母の介護…

なんちゃって工作

2016年12月24日 | 作ってみた

 

 

 

農林公園の木材館に並んでいた

訳あり銘木

今回は1.5メートルの半分くらいまで割れちゃっていた山桜と

激しくひび割れているエンジュの細い材木を仕入れる

 

山桜材はとっても緻密でなめらか

端っこと中の模様ががはっきりしていてきれいです

 

エンジュはダークな色合いですが「延寿」というくらいで縁起が良い材木です

前回の杉材と全く違って

両方とも堅くて重く、がっしりとしています

 

山桜はきれいなところだけ使います

エンジュは同じ寸法に切り、テーパーをかけた脚と

脚を支える袴にしました

 

 

天板の水平を確保するために

まず脚だけボンドで固定します

今日はここまでにしておこう…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 消耗品? | トップ | ハドソン川の奇跡 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。