maruの下手の横好き写真とつぶやき
写真・クラシック中心の音楽鑑賞・読書・ドライブ、そしてマスコミが報じない事に興味深々。
 



いまやってる冬季の平昌も、
放映権やらのお金がらみで、変な時間帯に競技したり、
いろいろ、他にもありそうだけど、本末転倒な感じ。

他国のこともそうだけど、
もっと見苦しいのは、日本かもしれない。

利権ピック・・・なんだか下町ボブスレーが揺れている。
感動を押し付けてるなと思っていた。
頑張っている割には、他国には敵わない。
でも、そもそも、無理強いしていただけで、
テレビではやらないが、世界からは批判的な目で見られているらしい。

官僚や、政治家も絡む醜いボブスレー。
総理に近いところが絡むようで、なにやってんだか。
テレビでも大々的にやっていたが、さもあらん。

本来なら、日本代表が使っているだろう・・・素晴らしいなら。

なんだか、総理が絡むと何もかも失敗する。
何かうまくいった事って、あるのだろうか。

TOKYO五輪も、歴史的に利権まみれの最後の五輪として、
語り継がれるなんて事になりそうだと、予想してしまう。
日本を象徴している。
第二の敗戦近し。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







スペインの写真だ。

11月末あたりから、12月初旬にかけて、
出張でスペインに行くことになった。
最初は、スペインだから一眼を持っていこうかと思っていたけど、
バレンシアのターミナル駅。

仕事の後に、きてみたら暗くなってしまった。
翌日には、この駅からRenfeという列車にのって
バルセロナに行くので、ちょっとバレンシア見学がてら、駅を下見。

スペイン恐るべし。

色々問題もあるようだけど、歴史を感じれるので、
来てみる価値は十分にある。

こわれかけたGRD‐Ⅳでなく、まともなカメラを持ってきたかった。

スーツケースが壊れてしまったので、諦めたけど、つくづく惜しい。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


筋肉  


最近のトレンドだか何だかしらないけれど、
やたらと筋肉鍛えるのが流行っていると、何度か思ってここに載せてきた。

筋肉美女だとか、もてはやして、それに流されて、
グルメの次は、筋肉らしい。

そんな暇があったら、読書の方が、人生には役に立つと思う。
あまりにも力がないのも問題だけど、必要以上になくていい。

ところが、周りを見渡してみて、読書している人は、
本当に少ない。

そんな人たちが、テレビで紹介された店に並んで、
紹介されたものを食べて、安易な幸福感に満足する。

まあ、ストレス社会では、それも少し分かるけど、
自分で旨いものくらい、身銭切って探して、美味しいものに巡り合う幸せの方が、
ずっと良いと思う。

最近、ジムが増えてきたし、テレビでもタレントがジム通いとか言い出す。
インスタ映えも、筋肉自慢だそうだ。

そうそう、このインスタ映えも、正直うざい。
インスタバエというハエでもいるのかと思う。

外見ばかりを磨いて、中身はからっぽ。
日本の国も、そんな感じになってきたなあ。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


yuki  


今日の雪は、
思ったより激しい雪だった。

都内の方がひどいみたい。
家の近所は、4年前の方がひどかった。

帰りは6時頃になり、少し遅くなったかと思ったけど、
JRに乗るときだけ、並んだものの、
乗ってからは、思ったほど遅れなかった。
でも、最近はなぜに渋谷駅から中継するんだ、どの局も。

今日のニュースはこればかりですね。

ところで、世界中の飛行機の状況が見れるサイトでは、
羽田に着陸できずに、千葉沖や、三宅島あたりでくるくる旋回して、
着陸のタイミングをみている飛行機がたくさんいたり、
諦めて名古屋に向かっているのがいたりするのが見える。
ただでさえ夜に到着する人は、数時間遅れて大変だろうな。

11時半頃までみていたけど、ようやく羽田に向かっているようだ。

https://www.flightradar24.com/CAL222/1032e5fb


それににでも、混乱しているのは、この日本でしょうな。

総理はめちゃくちゃ。
トモダチは好き勝手。
リニアも、スパコンも、女性暴行も、カケも、憲法も、
親米保守という似非保守、カルト保守が、大雪のごとく猛威を振るう。

西部邁が亡くなった。
MXテレビの番組も昔みていたけど、気骨ある知識人だった事は間違いない。
何故かアベに期待する言動もあったけど、グローバリズムには反対だったし、
親米保守ではなかった。(それだけサヨク嫌いが過ぎたのだろうけど)
できれば、こういう保守の人に、今の似非保守を強烈に糾弾して欲しかった。
残念ですね。
ただ若いだけの自称評論家や、学者モドキ、御用ジャーナリストはもう沢山だ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




伝統工芸のや文化世界ならいざしらず、
このままだと、第二の敗戦というのが日本の運命なのに、
日本のみなさん、実感がないようで何より。
まあ、知らぬが仏ともいう。

日本人は、アメリカと違って個人主義の国ではないそうだけど、
どうも、悪い意味で個人主義的な国になっている。
何かを履き違えてるところに、無知・無関心が加わってる。
ああ、みんなが実感しないのは、無関心だからか。なるほど。

 周りに無関心ゆえ自分の周りだけ見る
 何かの結果が起こる、
 自分に近い部分にしか関心がない、
 さらに何かの結果が起こる、
 自分に近い部分にしか関心がない・・・・

世の中が下降線を辿るのも頷ける。

行き過ぎた干渉は御免だけど、日本の閉ざされた村社会から、
解放されたい思いはあったとは思う。ある程度縛られたくないからなあ。

でも、公の為に何かするとかいう話を聞かない。
企業も政治家も、自分の利益だけ。

アメリカ資本主義・・・グローバリズム、新自由主義が、
小泉政権以降目立って、強者の立場からの自己責任が叫ばれて、
いまもその流れのまま。どこまで行くんだか。
米国に育てられた息子の進次郎に期待する人もいる。あほな。
無知と無関心が進むと、そら恐ろしい事になるのになあ。

アメリカで起こった現象は、遅れて日本でも起こる法則のまま、
幼児虐待にうつ病の広がり、そして格差社会まで、そのまま起こってくる。
次は社会の分断が日本でも叫ばれる事になるな。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ