創価学会員にはアキレカエル

大手メディアは決して報じない
創価学会員の実態とは?

腐ったミカン

2007年07月31日 | 習性
参院選が終了しました。
自民党の惨敗原因について様々な要因が取り上げられていますが、メディアではなかなか登場しない要因の一つに「公明党との連立」があると思います。

公明党=創価学会の反社会性や犯罪体質を薄々知りながら、ただただ票やお金を確保したいがため、それから反論する度にワァワァと罵声を浴びせられ纏わりつかれたりするのがうっとうしいがために、こんな倫理の欠片もない集団とくっついてしまった自民党。

金八先生も言っていた・・・
普通のミカンの中にいくつか腐ったミカンを入れると、その周囲のミカンから腐っていくのだと。
まさにその通りじゃないの?自民党さん。
最近のやり方には国民への思いやりも、人間としての慎みも感じられなくなってきた。
着実に創価学会化してきている事に、早く気付いて頂きたいものだ。
「美しい日本」と口にする前に、自分達の足元から見直すべきでしょう。

今回大躍進の民主党についても同じである。
創価学会員には池田大作氏を奉る以外に何のポリシィーも無いので、都合よく調子よくどんな集団にでもネットリ侵食してゆく習性がある。

「博士の独り言」というブログにこのような記述を見つけた。
民主党千葉県参議院選挙区第1総支部、広中和歌子氏に関するものだ。
「過去の経歴を隠しておられるようだが、広中和歌子氏は、数学者・広中平祐氏の夫人である。一家は知られた創価学会員であり、広中和歌子氏が池田大作の通訳を務めたと同様に、令嬢もまた池田大作の通訳を務めている。」
民主党さんも、数ヵ月後には自民党と同じ・・・なんて言われないように心して腐ったミカン対策を施して欲しいものである。
ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ふうーん | トップ | 最近の名誉会長は »
最近の画像もっと見る

あわせて読む