まいどくんのgooブログ(Twitterまとめ)#welovegoo

Twitterで見つけたおもしろツイートや画像・動画等をご紹介

【PR】

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

「父・金正日と私 金正男独占告白」←amazonレビューが荒れていますね...

2017年02月16日 15時41分02秒 | 


著者は、まえがきに「本書を出すことで、彼が危険な立場におかれることを私は望まない」と書いているが本当に殺されてしまった...。
2011年1月28日付の東京新聞に載ったインタビュー記事の内容が北朝鮮を刺激したらしい。
その後、2012年1月19日に本書が発売になった。

父・金正日と私 金正男独占告白 (文春文庫) ⇐amazonレビューを見る。

この記事をはてなブックマークに追加

「反日モンスター」はこうして作られた 狂暴化する韓国人の心の中の怪物〈ケムル〉 (講談社+α新書)

2014年12月25日 20時18分18秒 | 
「反日モンスター」はこうして作られた 狂暴化する韓国人の心の中の怪物〈ケムル〉 (講談社+α新書)
崔 碩栄
講談社



内容紹介

韓国の「反日」が止みません。政権末期、自身の人気取りのため「独島」に上陸した李明博から、初の女性大統領・朴槿恵に替わっても、「反日」の勢いは衰えるどころか、ますます激しさを増しています。この間、日韓で起きた殆どすべての問題で韓国は聞く耳を持たないと言うより、理性を失った出鱈目な論理を振りかざして日本を攻撃し続けています。少し例を挙げるだけでも、「対馬の仏像窃盗未返却問題」「アメリカ各州議会で<慰安婦像を設置>する法案ロビー活動」、「日本海から東海への言い換え提起」、「W杯ユニフォームに旭日旗デザインと抗議」…。さらに朴大統領は、就任以来一度も日本の首脳と会わない上に“告げ口外交”を展開し、相手国を辟易させています。セウォル号の沈没事故が起きた最中でも「反日」は別とばかり、国を挙げて執拗に日本に反省を迫り、政府を非難しつづけました。
一体、韓国や韓国人はなぜこれほど「反日」に執着するのか、経済や政治で不利益を被っても「反日」から離れられないのか、その本当の理由を解き明かすのが、本書最大の趣旨です。著者の崔碩栄さんは、その理由として韓国人自らが、教育やメディアを利用して産み育ててきた反日感情が、今や「反日モンスター」と呼ぶべきほど肥大化・狂暴化して、韓国人も制御できなくなるほど猛威を振るっている、と冷静に論じています。
最近の「嫌韓」ブームに乗って書店には韓国を悪し様に書いた本が並んでいます。しかしそこには一方的に、根拠なく日本の言い分だけを記した客観性の乏しい「民族主義的」な本も多いのです。また「韓国人が書いた」と謳いながら、実は「在日」韓国人だったり、中には“存在が怪しい”ニセモノもいると言われています。その点、本書の著者・崔碩栄(チェ・ソギョン)さんは、韓国生まれ韓国育ち、現在もソウル在住、正真正銘の韓国人です。彼は、韓国内の「反日」の風潮が強まる中、勇気をもってその「行きすぎた反日」がもたらす危険を告発。それはまた韓国の国益にも反すると、メディアや出版活動で主張。韓国知識人の支持を得ています。彼には、確固たる正当性があるのです。

著者について

崔 碩栄(チェ・ソギョン)
1972年ソウル生まれ。1999年来日し、関東地方の国立大学大学院で教育学修士号を取得。大学院修了後は劇団四季、ガンホー・オンライン・エンターテイメントなど日本の企業で、国際・開発業務に従事する。10年間の日本生活の中、韓国で聞かされてきた日本の「姿」と直接体験した日本の「実態」との乖離に疑問を抱くようになる。退職後2009年帰国し、フリーランスのノンフィクション・ライターに転身。韓国内の反日と日韓関係をテーマに執筆活動を行う。著書に『韓国言論の理由なき反日~キムチ愛国主義』(韓国で出版)、『韓国人が書いた 韓国が「反日国家」である本当の理由』、『韓国で行われている「反日教育」の実態』(ともに彩図社)などがある。

この記事をはてなブックマークに追加

韓国人が書いた 韓国で行われている「反日教育」の実態 - 崔 碩栄 (著)

2014年11月20日 16時37分58秒 | 


内容紹介

反日デモや激しい抗議などを見る限り、韓国ではよほど過激な「反日教育」が行われているように思えるが、実際に韓国の学校で教育を受けてきた著者は「直接的に反日感情を高めるような授業は記憶にない」と語る。
しかし、それは「反日教育が行われていない」ということでは決してない。
あえて反日感情をあおるような手法をとっていないだけで、積極的かつ巧妙に子どもたちに日本に対する負のイメージを高めるような教育が行われているのだ。
韓国の「反日教育」の実態を解き明かすためには、「歴史教科書」だけではなく、「国語」「道徳」「音楽」、さらには「校外学習」のような課外授業にまで目を向ける必要がある。
韓国社会が行っている「反日教育」とはどのようなものなのか?
そしてそれはどのような影響を与えていて、今後どうなっていくのか?
韓国人だから書けた韓国の教育問題に鋭く切り込んだ1冊。

著者について

崔 碩栄(チェ・ソギョン)
1972年韓国ソウル生まれ。韓国の大学で日本学を専攻し、1999年渡日。関東地方の国立大学で教育学修士号を取得。
ミュージカル劇団、IT会社などで日韓の橋渡しをする業務に従事する。
2009年韓国へ帰国し、著作活動を開始。
2010年韓国メディアの反日扇動を告発した『김치애국주의―한국언론의 이유없는 반일(キムチ愛国主義―韓国言論の理由なき反日)』を上梓。
同書が韓国文化観光部が選定する2011年社会科学部門優秀推薦図書に選ばれる。
現在、フリーライターとして活動、日本に関する紹介記事を中心に雑誌などに寄稿。
著書に『韓国人が書いた 韓国が「反日国家」である本当の理由』(彩図社刊)がある。

この記事をはてなブックマークに追加

わが友、木村伊量社長への「訣別状」(『月刊 WiLL』 2014年12月号 政治評論家 加藤清隆)

2014年10月24日 14時32分32秒 | 
わが友、木村伊量社長への「訣別状」
http://ironna.jp/article/492
(オピニオンサイト「iRONNA(いろんな)」)

月刊WiLL (ウィル) 2014年12月号

この記事をはてなブックマークに追加

Amazonさんより 「壇蜜日記 (文春文庫)」(2014/10/10発売)の発送のお知らせ\(^o^)/

2014年10月16日 20時33分48秒 | 
当初は、もう1週間先の予定でしたが何とか発送されたようです。ヽ(´ー`)ノ

壇蜜日記 (文春文庫 た 92-1)


この記事をはてなブックマークに追加