maidoの”やたけた”(ブログ版)

ジジイの身辺雑記。今日も生きてまっせ!とお知らせするのが主目的です。

2017/06/15

2017-06-15 20:01:05 | Today's maido(日記)

*台湾や沖縄は大雨が降ってるらしいけど、大阪は有難い事に晴天続き、という事は、いずれ帳尻合わせで雨続きになるんやろうねぇ。
目が覚めると昨朝とは違い、世間はまだ真っ暗け、時計を見ると3時丁度、もう一回寝直すか?起きてしまうか?微妙な時刻やね。
どないしようか?と思案してる間に本格的に目が覚めてしもて、え~い起きてしまえ!と手足の屈伸をしてから起床したのは3時5分。

朝のお勤めは順調で、お天気も良さそうで自転車通勤OK、さてそうなると出発まで時間の余裕はタップリ。
ゆっくりWebを徘徊してると、新聞配達のバイクの音がしたので取りに出たら、夜明けの中空に浮かぶ半ば欠けた月が綺麗でした。
折角早起きしたんやよって一寸早目に出て、ゆっくり流して走ろうと自宅を出たのが昨朝より10分早い5時25分。

曽根駅を7時に通過して、十三の新北野交差点6時、脚の疲れが残ってるのか、ゆっくりしか走られへんみたいで丁度よろしいわ。
淀川左岸線から毛馬橋を渡り桜ノ宮公園源八橋東詰下を潜ったのが6時30分、熊野街道が千日前通と交差する信号で7時。
何時ものコースを経て、新なにわ筋立葉交差点7時30分、会社到着は7時35分、疲れ加減は昨朝とあまり変わらんような感じですなぁ。

書類仕事を済ませ、待機兼休養、有難い事に平穏な内に午後となり、サッサと遁走。
そないに暑うてたまらんほどでもなかったけれど、南霞町から阿倍野橋への登りが何時もよりしんどかったねぇ。
上町台へ上がってしまえば、後は短いい登り下りは有っても略平坦、日陰を選んで走ってたら、まぁまぁ快適でしたわ。

豊島北から曽根への登りが何時もより楽に走れたものの、自宅に帰りついて自転車を下りたら一挙に汗ダク。
これはたまらん、と何より先にシャワーを浴びて、水分補給に台所へ行くと、カミさんが炊いたウメジャムが有ったんでチョイト味見。

透明感のある綺麗な色で、氷水に溶かすとマンゴージュース風で美味しい!これは手間が掛かったやろうなぁ、と訊いたら大変やったて。
手間を惜しまず作っただけあって、皮も種も一緒くたに煮て漉した物より、見た目も綺麗やし、雑味の無いスッキリした味で上出来ですわ。

さて、それから後は、今日も夕寝してたみたいで、「ご飯よ!」とカミさんに起こされるまでの記憶がおませんねん。
暫く様子を見て、あんまり疲れが残るようなら、負荷の少ない通勤コースに変えた方がエエかも知れませんなぁ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017/06/14 | トップ | 2017/06/16 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL