MAICOの 「 あ ら か る と 」

写真と文で綴る森羅万象と「逍遥の記(只管不歩)」など。

海上自衛隊下総航空基地開設57周年記念行事を見学

2016年10月29日 | あらかると


海上自衛隊下総航空基地開設57周年記念行事を見学した。

我が家から基地までは直線て10km弱なので、
快晴ならば自転車で行く予定だったが、
曇り空でやや寒さもあったので電車とシャトルバスを利用した。

基地内に到着すると殆どの人は航空機展示場へと向かうが、
欲しいものがあったのでPX(基地内の売店 Post exchange)へと直行。
が・・・
空いてると予想していた売店は、ミリタリーグッズを求めるマニアで混雑していた。

売店での探し物は諦めその奥の、
「下総基地の沿革や旧海軍などの資料が展示してある部屋」を約30分ほど見学した。
PXを出て「中央グランド」方面に向かうと、
式典で「観閲行進」を終えた儀仗隊に遭遇した。


解散前の訓辞が行われているようだったが、
やはり、海上自衛隊といえば日章旗よりは「旭日旗」である。


中央グランドの芝生の上で早めの昼食。
模擬店もPXの食堂も混雑が予想されていたので弁当を持参した。
食後、かって勤務していた第51航空隊の本部の建物があった付近を迂回、
若き日々の3年間を思い出していた。

そして一時期列戦整備隊員として航空機の整備などをしていた第2格納庫へ。
昔と変わらぬ天上の骨格である。


航空機展示会場


「航空自衛隊 C-130輸送機」


「海自最新鋭対潜哨戒機 P-1」


「体験搭乗者を乗せて離陸する P-3C」


第2格納庫で行われた「横須賀音楽隊」の演奏を聴き、
その後に基地を離れたが、
聴けば元気がもらえる「海を行く(ブックマーク参照)」が演奏されなかったのは残念でした。
もっとも、
元気がもらえるのは元海自隊員や現役の隊員だけに限られるかもしれません・・・・。

巻頭の写真は、記念式典の展示飛行(P-3C)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「大青糸蜻蛉の交尾シーン」... | トップ | 海自下総基地開設57周年にち... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。