MAICOの 「 あ ら か る と 」

写真と文で綴る森羅万象と「逍遥の記(只管不歩)」など。

百代遊びむ (写真俳句)

2017年04月21日 20時15分15秒 | 写真俳句

春は動植物にとっての新生のときであり、
世代を引き継ぐ季節でもある。

散歩に行くことの多い自然公園では、
命を引き継いできた新生の昆虫達を多く見ることができる。

谷津形状の自然公園は昔は良質な米の取れる場所だったと、
散歩時に出会う地元の長老から聞いたことがあり、
子供時代の遊び場の一つでもあったと言う。

もしかすると現在の谷津で見られる昆虫の多くは、
それ以前からの主だったのかもしれない。

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の「ようせい(殿様飛蝗・七... | トップ | 目に眩しい若葉の溢れる公園 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む