MAICOの 「 あ ら か る と 」

写真と文で綴る森羅万象と「逍遥の記(只管不歩)」など。

姫蛇目、黒脚長黄金、塩辛蜻蛉、黒瓜金花虫の交尾など

2017年05月16日 20時37分08秒 | 大町公園(市川市動植物園)にて


4日ぶりの公園散歩となった。
今日の初お目見え(今年初の出会い)は、
巻頭の写真の「姫蛇目(ヒメジャノメ)」で、
遊歩道を歩いて居ると突然目の前に現れ、
飛ぶ様子を追って居ると、直ぐ近くに止まった。

これからの季節には良く見られる蝶で珍しいものではないが、
やはり「初物」との出会いは嬉しいものである。

「黒瓜金花虫(クロウリハムシ)の交尾」
クロウリハムシもこの時期には良く見られるが、交尾する姿は初見だった。
体長は6mm程しかないが、拡大すると意外に可愛い姿をしていたのである。


「黒脚長黄金(クロアシナガコガネ)」
薔薇の花に付く害虫で、見つかったのは野茨の花の上。
これも私にとっては初見の黄金虫でした。


「塩辛蜻蛉(シオカラトンボ)♂」
初春にみられた塩屋蜻蛉が少なくなってきたが、
見た目には塩屋蜻蛉の雄と似ているが、尾部の黒いのがシオカラトンボ。
噴水池ではすでに交尾している姿も見られた。


「黄菖蒲の花を食べる蕗飛蝗(フキバッタ)の子」
先日写真を撮った時は、何を食べているのか興味があったが、
名前の由来である「蕗」でも食べているのだろうと・・・。
下の写真は「13時07分撮影」


その2分後の「13時09分」に撮ったのが下の写真で、
黄菖蒲の花弁を食べ進めていることがわかる。
他の黄菖蒲を点検してみたが、食害されているものは見つからず・・、
この状況は例外的なものなのかもしれない。


薔薇園の薔薇が見ごろを迎えており、多くの来園者を集めていたが、
薔薇園を離れると、やや閑散としており逍遥するにはお勧めである。
なお、
5月27日には「市川市動植物園バラまつり」が開催される予定になっています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時には現れる「怪雲」的な雲 | トップ | 見ごろを迎えている「ユリノ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。