MAICOの 「 あ ら か る と 」

写真と文で綴る森羅万象と「逍遥の記(只管不歩)」など。

万緑の野を翔け昇り (写真短歌)

2017年06月09日 | 写真短歌

水田地帯の農道をポタリングして居ると、
にわかに雲雀の鳴く声が届いた。
しかも、
広々とした水田地帯を一羽だけが気持ちよさそうに、
長々と思う存分に囀っていたのである。
『短歌』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 初夏の昆虫達(エゴ鶴首落文、... | トップ | 初夏の天牛たち(黄斑山天牛、... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。