MAICOの 「 あ ら か る と 」

写真と文で綴る森羅万象と「逍遥の記(只管不歩)」など。

北吹く

2016年10月19日 20時57分07秒 | 写真俳句

朝夕は涼しくなってきているが、
先日北風が吹いた日の朝は特に冷え込んだ。

自然公園の虫たちも活性が無くなり、
朽木の穴ではバッタがじっとしていて動かず、
ためしに指を近づけても逃げることは無かった。
気温が低すぎて動けないのである。

これからやってくる冬の寒さは人にとっても、
昆虫などの生き物達にとっても厳しいものになる。

私もまた加齢と共に蟄居生活が多くなることだろう。
『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「幻日を撮影中に写りこんだ... | トップ | 秋桜(COSMOS) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む