MAICOの 「 あ ら か る と 」

写真と文で綴る森羅万象と「逍遥の記(只管不歩)」など。

「ドラマチックな残照」と「残照の彩雲(虹色の雲)」

2018年01月12日 | 写真(雲)


本日の日没時には、年に一度有るか無いかというほどの、
ドラマチックな残照と彩雲が見られた。

日没直前の夕焼け(本日の東京地方の日没時刻は16時47分。下の写真)で、
当地ではこの一年間でもっともドラマチックな夕焼けだった。


めったにない光景なので写真を撮り続けていたが、
今度は日没後の残照の中に彩雲が煌き始めた。


距離的には遠い場所だったので、
カメラの限界によりその美しさを十分には捉えられなかったが、
雲の流れや、日没後の太陽の移動により次々と変化し、
見ているだけでも感動的なものであった。


彩雲は、上空の雲が氷の粒子となることによって発生することが多く、
昨日今日の寒波の影響により、私にとっては初見の、
残照時間帯における彩雲だった。


彩雲はやがて消えていったが(下の写真右上部付近で見られた)、
全天を茜色に染めた残照は恐ろしさを覚えるほどのものだった。


やがて茜雲もコントラストを下げながら、都心を茜色に染めていった。


巻頭の写真は広角レンズで写したほぼ上空までの茜雲。
雲間に見られた青空が、なんとも安らぎのある薄青緑色だったので、
その色を写し取るべくさまざまな設定を試みて撮影したが、
やはりカメラの光学的な限界のようで、再現は出来なかった。
コメント

満開の蝋梅、冬薔薇など、真冬の花たち

2018年01月11日 | 大町公園(市川市動植物園)にて


大町公園に出かけるのは先月の26日以来となり、
2週間ぶりだったが、園内は各種手入れが行われ、
それまでの光景とは一新していた。

昨年はカミキリ虫などがよく見られた電線池近くの「山桑」は、
跡形もなく伐採されており、
今年も同じような昆虫に出会えるのかが心配になった。
このような伐採はここ数年見られなかったのだが、
公園管理について何らかの変更があったのだろうか?。

昨日と今日、園内で見つけた花などを紹介します。

「満開を迎えている蝋梅」
松戸市の「21世紀の森と広場」では12月に開花していたが、
もしかするとこの蝋梅も咲いていたのかもしれない。


「山茶花」
花の最盛期は終わろうとしているが、
冬ざれ中の公園では貴重な花となっている。


「オオイヌノフグリ」
園内というよりも、公園に面した広場に咲いていた。
花も小さく真冬なので「タチイヌノフグリ」のようでもあるが・・


「ホトケノザ」
春夏よりは花も背丈も小さいが、この時期にしては珍しい。


昨日の暖かさと今日の日差しのためか、
コンクリートの壁を天道虫(ナナホシテントウ)が闊歩していた。
この時期の昆虫は「見られるだけでラッキー」というべきかも知れない。


巻頭の写真は「冬薔薇(フユソウビとも)」
寒さの中でけなげに咲く様や、
咲き終わっても花弁が散らずに干からびている様は侘しくもあり、
俳句の季語としても人気がある。
コメント

今季一番の寒気襲来か?

2018年01月09日 | あらかると


年が明け、2日に帰省したものの、
その後は寒かったり風が強かったりと、
なかなかのんびりと公園散歩が出来ていない。

昨年もそうだったが、やはりこの時期はインフルが怖いので、
体をなるべく寒さに曝したくないし、
スーパーにもなるべくいかない(行くときはマスク着用)。

で結局は、Net三昧や観天望気三昧で写真撮影と云う事なる。

ということで、今日は「初スーパー」へ。
ちなみに、野菜類は田舎への帰省時に、
キャベツ、葱、自然薯、餅などを頂いてきたので、
牛乳と卵の補充である。

スーパーに向かう途中、なぜか東(成田?)から西へと低空を飛んでいた旅客機。
英国航空機(British Airways)だった。
英国国旗の色でデザインされた白と青と赤がすばらしい。


意外とよく撮れていたBritish Airways機だったので、
今年に入ってから撮った写真のいくつかを紹介。

下の写真は2日の帰省時に車の中から写した、
常総市付近からの「筑波山」


下の写真は3日の日没。
富士山や丹沢山塊には雲がなく、翌日もよく晴れた。


下の写真は7日の日没時の飛行機雲で、
この雲が見られると天気は下り坂となる。


巻頭の写真は、今日の日没で、
観天望気的には明日の天気はよさそうである。
今年一番の寒波襲来というが・・・関東地方はどうだろうか?
コメント

初日、初富士、初筑波、初夕焼

2018年01月01日 | 写真


年の初めの一日を写真で追ってみました。

まずは巻頭の「初日の出」

初日の出に染まる「初富士」


いにしの「歌垣の里・裳波服津(もはきつ)」の「初筑波」
下の写真、左が男体山、右が女体山で万葉集には「双並ぶ」と詠まれている。


日没時には、雲間から扇形(末広がり)の薄明光線に飾られた「初夕焼」が出現した。


夜景はほぼいつものとおりだったが、当地からは上部しか見えない
「NTT代々木ビル(通称ドコモタワー)」が特別のライトアップをしていた。
調べてみると「ドコモレッド」のライトアップだった。


新年の皆様のご多幸を祈ります。
コメント

「残照の都心遠景」と「暁の都心遠景」

2017年12月28日 | 写真


年末年始の特に明日の29日から正月3日までは、
殆どの官公庁や企業が年末年始の休業をとることが多く、
交通量が減ったり、工場が休業だったりしていることから、
一年を通して最も空気がきれいなことが多い。

空気がきれいであることは、日の出や入日に見られる焼けも美しく、
写真的にも面白い。

巻頭の写真は昨日の日没(16時35分)後の「残照」の時間帯に写した、
日没後約一時間後の都心の「たそがれどき」である(17時25分撮影)。
日没後1時間以上も残照が見られるのは、珍しくこの時期のものでもある。

下の写真は近隣の同じ時間帯の夜景(17時24分撮影)で、
都心方向が残照に包まれていた。


夕焼けの美しいときは、朝焼けも美しいことが多く、
今朝の日の出前の東の空は(今日の日の出時刻は06時50分)、
昨日の夕焼けと同じような茜色に染まった(下の写真06時30分撮影)。
写真中央の黒い物体は、成田空港に着陸予定の旅客機の機影。


日の出20分前にもかかわらず、東の空が明るかったため、
都心のビル群が輝き始めたが、このようなことも空気が澄んでいたためと思われる。
下の写真は今朝の06時27分の撮影で、
左端に写っている「東京タワー」はまだ照明が点いていた。


今日の日没(16時36分・昨日よりも1分遅くなっている)時にも、
美しい夕焼けが見られた。
下の写真は飛行機雲が写真的に面白かったので日没前の16時27分に撮影。

このコースは、韓国機が多く「富士山上空」から「鳥取県上空」などを抜け、
韓国の金海(キメ),釜山(プサン)、済州島(チェジュド)、仁川(インチョン)の、
各空港に向かっているようである。
コメント