MAICOの 「 あ ら か る と 」

写真と文で綴る森羅万象と「逍遥の記(只管不歩)」など。

山藤開花し、十字禿鴫象虫、柏口太象虫、霜降米搗虫など出現

2017年04月23日 20時20分00秒 | 市川市・大町公園(市川動植物園)にて


日曜日の公園に行くのは余り気が進まなかったが、
2日間もインドアな生活だったため、運動不足解消のためと、
眩しいほどの新緑のフィトンチットを浴びるため、
更には、常連さんたちとの世間話を楽しむためなどの、
さまざまな目的を持って出かけた。

日当たりの良い場所に自生していた山藤が開花をしていた。
他にも多くの山藤があるのだが、見ごろになるのはまだ先であり、
昨年は5月初めの頃に見ごろになっていた。


快晴の青空の下、新緑が輝いていた。
そんな新緑を撮っていると、顔見知りの人から声をかけられた。
大町公園では時折会うことがあり、やはり写真を趣味とし、
昆虫に詳しく、特に蜘蛛については博識の人である。

いつもの常連さんに出会えなかったため、
二人で昆虫探しと言うことに相成った。

もみじ山では「ヒトリシズカ」と「キンラン」が花を咲かせていた。

園内を一周し、巻頭の写真のような珍しい昆虫に出会った。
昆虫の名前は「十字禿鴫象虫(ジュウジチビシギゾウムシ)」私にとっては初見の昆虫だった。

下の写真が葉の上に居たジュウジチビシギゾウムシで、
右下の私の親指と比較するとその大きさが判るのだが、
5mm有るか無いかの体長だった。
私一人なら発見できなかったかもしれない大きさなのである。


「柏口太象虫(カシワクチブトゾウムシ)」
このゾウムシも体長は5mmほどだった。


「霜降米搗虫(シモフリコメツキムシ)」
コメツキムシも何種類か見つけたが、
コメツキムシであることは判るのだが名前の特定までには至らなかった。


ほかに、マガリケムシヒキ、ハグロケバエ♀、サシガメの仲間、
亀虫の幼虫か否か判断の出来なかったヨモギオナガヒメヒゲナガアブラムシ、
成虫の終期を迎えた褄黄蝶♀一頭などを撮ることができた。

やはり一人歩きよりも、
「二人で歩くことにより多くの昆虫や事象を発見できる」ことを学んだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目に眩しい若葉の溢れる公園

2017年04月22日 19時18分18秒 | 市川市・大町公園(市川動植物園)にて


芽吹きと共に日に日に成長してゆく里山の緑は、
憂鬱な気分も晴れやかにしてくれるようで、
大町公園内で出会う常連さんたちの顔が一様に明るい。

里山の新緑を美しく照らし出してくれる太陽光は、
今しか見られない様々な緑の階調を演出してくれる。


新緑に包まれるだけで時の経つのが忘れられ、
時折聞こえてくる鶯の鳴く声も長閑でいい。


やがて万緑の季節を迎えるが、
濃緑の万緑よりも新緑の今が里山散歩にはお勧めである。


上の写真を撮ったのは4月20日だったが、
半月ほど前の4月4日に撮ったのが下の写真で、
自然の成長の速さには驚くばかりである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

百代遊びむ (写真俳句)

2017年04月21日 20時15分15秒 | 写真俳句

春は動植物にとっての新生のときであり、
世代を引き継ぐ季節でもある。

散歩に行くことの多い自然公園では、
命を引き継いできた新生の昆虫達を多く見ることができる。

谷津形状の自然公園は昔は良質な米の取れる場所だったと、
散歩時に出会う地元の長老から聞いたことがあり、
子供時代の遊び場の一つでもあったと言う。

もしかすると現在の谷津で見られる昆虫の多くは、
それ以前からの主だったのかもしれない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の「ようせい(殿様飛蝗・七節・藪切・脂刺亀)」たち

2017年04月20日 20時20分20秒 | あらかると


春といえば、動植物の新生で、
様々な昆虫が生まれ、樹木では新芽が出て花を咲かせている。

自然に恵まれた公園を歩いて居ると、
ゴミのようにしか見えない、生まれたての昆虫を目にすることがある。

巻頭の写真は飛蝗の幼生であることは判るが、
キリギリスの幼虫なのかイナゴの幼虫なのか判然としなかった。
目の特徴からは、土蝗にも似ているのだが、この時期には発生しない。
ちなみに大きさは4mm程しかなかった。

生まれたてのトノサマバッタの幼生と判明(21日追記)

下の写真は「ナナフシモドキ(通称ナナフシ)」の幼生で、
直径約10cmの錆びた鉄管の手摺の上を歩いていた。


孵化して間もない幼生だが、カメラを近づけると、
前足2本を振りかざしていた。
が・・・毎年のようにハエトリグモの餌食になっている姿を発見する。


下の写真は直径10cm強の竹柵の表面にいた幼生。
目を近づけても、何の種類かは不明だった。


マクロ撮影をして、PCで確認すると、
亀虫の一種「ヤニサシガメ」の幼生であることがわかった。


目を凝らして新緑の若葉の上を見ながらゆっくりと歩かないと、
見つけることの出来ない「春の妖精」達、
ならぬ「春の幼生」達でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黄菖蒲、和蘭芥子、立金花などが咲き、蝶、蜂遊ぶ

2017年04月19日 20時35分55秒 | 市川市・大町公園(市川動植物園)にて


様々な昆虫が現れ、野草の花も咲き、若葉の緑も日に日に鮮やかになりつつある、
大町公園に今日も出かけた。

黄菖蒲の花が一昨日は咲いていなかったはずなのに・・・、
今日は2輪も咲いていた。(巻頭の写真)

黄菖蒲越しには先日から開花し始めた「リュウキンカ」も目立ってきた。


園内のあちこちに自生している和蘭芥子(オランダガラシ=クレソン)も、
白い花が咲き始め、花虻や蝶を誘っている。
「クレソンの花と筋黒白蝶」


カラスノエンドウも草丈が大きくなり、多くの花をつけ始めている。
花蜜を吸っているのは「黄蝶」。


また、公園に隣接した広場にはタンポポが群生し、
花虻、日本髭長蜂、ヤブキリの幼虫、紋白蝶、ベニシジミ、蝿の仲間、
西洋ミツバチなどがたむろしていた。

下の写真は「西洋蒲公英と西洋蜜蜂」


蜘蛛、亀虫、甲虫などの種類も増え、
マクロ撮影の機会が多くなってきている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加