資料登録でお金を稼ごう!

http://www.happycampus.co.jp/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

階段昇降

2011-04-07 00:20:51 | 日記

階段昇降

「階段昇降レポート」
INDEX
階段一足一段の昇段における筋活動
階段昇降の関節角度
階段降段時の筋活動
階段降段の関節角度
脚の動きと床反力
階段の勾配による運動の変化
足圧中心の移動軌跡  
下肢の力学的負担    
階段二足一段の昇段における筋活動
10.階段昇段時(二足一段)の関節角度
11.階段降段時(二足一段)の関節角度
12.神経・感覚が歩行・動作に及ぼす影響
13.階段とは?
14.階段昇降練習
 D班  川元 村上 杉本 畑山 間瀬 松山                                          
図 各相 立脚相
体重受容
WA 立脚相
引き上げ
PU 立脚相
前方移動
FCN  遊脚相
足クリアランス
FCL 遊脚相
足プレースメント
FP 【階段一足一段の昇段における筋活動】
【階段昇段時一足一段の相分け】
立脚相 Stance phase
○体重受容weight acceptance:WA 足底が踏板に接地し、体重を支える。
○引き上げpull−up:PU 身体が上前方へ移動する。
○前方移動forward continuance:FCN 身体が前方へ移動する。 
遊脚相 swing phase
○足クリアランスfoot clearance:FCL 遊脚を上げ、同時に足部は踏み台を越す。
○足プレースメントfoot placement:FP 足を踏板におくため、脚を位置決めする。
※LTO:左足指離地 LFC:左足底接地 RTO:右足指離地
【階段昇段時(1足1段)での主要な筋活動】
筋名 相 作用 中殿筋(Gmed)
立脚相 引き上げ相で初期に身体を支持脚へ引き寄
せる働きをする。この時が最大活動期。 遊脚相 活動はみられない
下腿三頭筋
立脚相 遠心性収縮により運動を調節する 遊脚相 活動はみられない
前脛骨筋(TA)
立脚相 足指離地期の初期に働く。
遊脚相 遊脚中期まで活動は続く。
大腿四頭筋(大腿直筋と外側
広筋) 立脚相 足底接地から立脚中期まで活動。
立脚相後半では姿勢の保持として働く。 遊脚相 活動はみられない ハムストリングス 立脚相 足指離地の直前に働き、膝関節を屈曲させる
遊脚相 遊脚中期以降で最大屈曲位となる
大殿筋
立脚相
立脚相から体重受容期から引き上げ期に
かけて最も活動する。..

ダウンロード



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 腰部脊柱管狭窄症と脊椎圧迫骨折... | トップ | 企業分析_日本たばこ産業(JT) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。