幸福の芽 happy sprout みろく maitri Ⅱ

《心の時代へのパラダイムシフト》自分の心をつかんで幸せになりませんか。幸福の芽を探して一歩前に出てみませんか。

三諦円融

2017-08-13 22:13:00 | みろく仏教

2010年5月11日に「心の時代を生きる1」と
いう記事があります。
ここで再掲します。

三諦円融

仏道を求めるなら、仏さまを求めながら
今の時代を生きていくことが大切だと思う。
仏教のことばに「三諦円融」というものがある。
そのことについて書いてみたい。

三諦は三つの真理、
「空諦(くうたい)」― この世の価値観から
離れ、仏さまの世界(空)があるという真理
「仮諦(けたい)」― 仏さまの世界があるが
一たん否定した今生きているこの世(この世は
仮の世、有の世界)があるのも真理
「中諦(ちゅうたい)」― 仏さまの世界と
今生きている世界と二つの世界が
あるという真理はあるが、それぞれの世界で
それぞれの中だけに真理があるのではない。
その二つの中に真理がある。

今の時代を生きていくには「空諦」、「仮諦」
そして「中諦」の三つの真理、それぞれの世界が
あり、それぞれを円融(妨げることなく、
またそれぞれの世界を融合)して生きていくことが
大切であり、その中で仏さまの意図を感じ取って
いかなくてはならない。

仏さまが見ている世界があり、現実社会の事象を
見つめ、そしてその中に真理を見つけていく。

仏さまは愛であり、このときの愛は
それぞれの人がそれぞれの人の悟りを得て、
心の向上を目指すことにある。
そしてこの個人の心の向上が社会に反映して
いくことが大切。

仏さまの意図を感じ取って、または仏さまの
意図にできるだけ添って今の時代を
生きていくことが大切であるとそう思う。







人気ブログランキングへ







ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東の国に太陽が昇る時 | トップ | 蓮の花 2017 »
最近の画像もっと見る

みろく仏教」カテゴリの最新記事