ゆのまちねこ

北海道を生きる野良猫たちへのボランティア「定ニャンの会」の活動報告です

親子猫

2017-02-24 | 保護活動

 

様々な事情が交錯し、もうこれ以上

各メンバー宅では保護出来ない状況をくつがえし

2匹の親子猫を会で保護する決断をしました

 

その少し前、

T区からの3匹の保護のご相談があって

あちこち保護の依頼をしましたが見つからず

やむなくお断りをしたばかり

その方には大変申し訳なかったですが

そちらをお断りしておきながら

H区の親子猫を保護するに至った、その親子猫たち

 

過去記事にあります ↓↓

悲しい現場から離れよう

 

昨年、H区で避妊去勢をした親子がいた現場は

過去記事にあるように

リターンさせても生きていける術のない現場でした

 

あれこれ悩み抜いた果てに

相談者の知人のあるおじさんが引き取ってくれるとのことで

ほっとしていた矢先

そのおじさんの住む借家が3月には取り壊され

大家さんの持つアパートに引っ越ししなければならない

今度のアパートはペット不可

親子猫を引き取ってくれる人がいない

昨年末から何度も何度も電話がきてました

 

会で引き取る事は出来ないのです

これ以上の保護は出来ない会であることが情けなくもあります

事務所兼シェルターを持てる力を付けたいとも話し合っています

 

この相談者の抱えているエリア

昨年、わたしたちはここから撤退していました

一言で言うと

猫のボランティアだからって何でもかんでもやってもらおうっていう、

自己責任度外視のわがままぶりに辟易した、のでした

でもその後も何度も何度も、電話は来続けてました

 

 

結論、

2匹はこちらで保護することになりました

 

相談者とおじさんの苦渋の決断の結果は

動物管理センター

動物管理センターに向かっていく車内で

口は悪いが心はある、みたいなおじさんの究極の迷いが

「センターに行くより放して野良猫にしてしまったほうがいんじゃないか?」

「いや、餌をあげる人がいなければ結局は死んでしまうよ」

そのやり取り、車内から2度、電話がきました

 

わたしが困り果てているその時

 

同時に会のメンバーから

「保護してあげたい」とメール

飛び上がるほど嬉しかった、けれど

うちも含めみんな、

家族が喜んで協力してくれてる中での保護じゃないんです

保護猫の年齢と自分の年齢も、いつもいつも照らし合わせて考える

それが痛いほどわかるから申し訳なさでいっぱいでした

 

 

動物管理センターに着く直前で、引き返してきた

満面笑顔のふたりからキャリーを受け取って

その後病院へ

 

まだまだぜんぜん人慣れしていない親子猫

先生が様子伺いながら、、、頭を触る

 

 

先生達が頑張って引き出して、抑えて、

2匹の血液採取してくださいました

 

 

4歳のお母さん猫はエイズ(ー)白血病(ー)

2歳の息子はエイズ(+)白血病(ー)でした

 

 

 

メンバー宅で寄り添う親子

 

 

お母さん猫はおじさんが、マミーと呼んでいました

サビ貓です

 

 

息子の名前は、ミミーだったそうだけど

呼び名が似てるため

ヒューヒュー君と改名してくれました

 

 

2匹とも目がぱっちりして可愛い親子です

シャーシャーフーフーもなく

ただただ戸惑っています

 

 

 

穏やかで猫にも優しいトラ助のいる部屋で同居となりました

 

 

われ関せず、でいてくれるトラ助

それだけでありがたいです

 

これからよろしくね

 

<<お礼>>

札幌市 E・N様

支援金をいただきました

個人で長年たくさんの猫を避妊去勢、保護してきた方だそうです

もう、猫は一匹だけになりました

どこかに寄付をしたいとかかりつけの病院に相談があったそうで

定ニャンの会を紹介してくださいました

心からのご支援ほんとうにありがとうございました

 

 

東京 T・H様

いつもたくさんのフードに感謝しています!

ありがとうございます!

さっそく土曜日の夕方からメンバーと

TNRゆのまちねこのお世話してくださる方々にも配りました

ほんとに助かっています

 

 

 

『猫』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吉報・・・クミコ | トップ | ご指名待ち »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
親子猫 (みぃちゃん)
2017-02-24 13:22:16
いつも本当に頭が下がる思いでブログを読ませて頂いております。

昨晩妊娠中の親子猫の母猫を避妊手術するため、庭に捕獲器を置くと母猫の連れていた仔猫が入りました。玄関の中に仔猫を入れると母猫はパニックになって鳴きウロウロし、私はそのまま仔猫を連れて病院へ行ったのですが帰宅すると、娘が「車に乗せられて動き出した時車に向かって大きな声で一声鳴いて、可哀想だった。」とショックを受けてました。結局夜遅くまで庭で鳴きながら探し回っていました。
この仔猫の姉妹猫は3週間前に保護し、里親様のところに行きました。この仔猫も同じように家猫さんに、と思っています。本当は親子で暮らせるといいのですが、私の力が及ばなくて…

いろいろ大変な中親子猫で暮らせることになり、本当に良かったです。昨晩の出来事があったのでじんわりと嬉しくなりました。
こんにちは (汗かきこぶた)
2017-02-24 13:37:04
センター入りすんでのところで保護決定だったのですね

常日頃、宝くじで○億円でも当たったら、そちらに移住し、自宅兼わんにゃんハウス的な建物を建てないな…なんて夢もありますが

夢が叶ったら、そんなお悩みも少しは解決するのでしょうけどね

トラ助
『んっ?また誰か来たニャ』『気にしない気にしない、一休み一休み』的なお顔が可愛いですね

この先もお母さんと一緒に居られるような里親さんが現れたらいいな
Re:親子猫 (まふゆーゆ)
2017-02-24 21:37:52
みぃちゃん様
こんばんは
妊娠猫母さん、愛情深くてなんか悲しいですよね。
私たちもそういう、親子の引き離しみたいなこといっぱいしてきちゃってるので、わかります。
必ず幸せにするからねって、ここにいるよりずっといいんだからねって言いきかせてますけど、ね。
子猫が捕獲器に入ってるところを見てるかもしれないけど妊婦猫母さん、うまく捕獲器に入るといいですね。

マミー親子もいつかは別れが来るのかな。
Re:こんにちは (まふゆーゆ)
2017-02-24 21:51:19
汗かきこぶた様
こんばんは
宝くじって、わたしには当たらないと思ってるので一度も買ったことがなかったんです。
でも、同じく猫シェルター欲しいなあと建設の妄想するとき、資金は宝くじを当てにしてる、矛盾してますね、しかも買ってもいないのに笑

トラ助、誰にでも懐いて可愛いですよ〜
トラモモチー様 (まふゆーゆ)
2017-02-25 09:16:42
ブログを全部読んでくださりありがとうございます。
振込先お知らせいたしますね。

ゆうちょ銀行 記号 19070
番号 38602411
名義 定ニャンの会

他の金融機関からの受付口座として利用される場合
店名 九〇八 店番 908 普通預金 口座番号 3860241

ありがとうございます。
Unknown (トラモモチー)
2017-02-25 21:29:37
こんばんは
お返事ありがとうございます
微々たるものかもしれませんが支援させていただきます。
今日はしっぽの会に支援させていただきました
私の家にも三匹猫がいます。私達夫婦は命はお金で買わないと決めています。
今回は支援金送りますね。
お体に気をつけて下さい。
Re:Unknown (まふゆーゆ)
2017-02-26 16:59:42
トラモモチー様
トラモモチーは3匹のことかなあ?などと想像しています。
ご支援ご理解、とても励みとなりました。
本当にありがとうございます。
改めてお礼申し上げます。
Re:Unknown (まふゆーゆ)
2017-03-04 07:06:39
トラモモチー様
早速のお振込ありがとうございます!
確認しておりましたがお礼が遅くなり申し訳有りません。
ご主人様にもよろしくお伝えください。
大切に使わせていただきます!

3匹の猫さん、トラモモチーご夫妻のような方と家族でいられて幸せですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。