ゆのまちねこ

北海道を生きる野良猫たちへのボランティア「定ニャンの会」の活動報告です

冬が来ちゃうよ、急ごう

2016-10-14 | 保護活動

相談者について行ったその現場は

昭和っぽい路地裏で

人ひとり通れるくらいの細い道の奥の

空きアパートの軒下

 

私が行った日は啼き声だけ

その数日後、相談者が連れてきた2匹は

生後3週くらい

360gオス(上の画像)

320gメス(下の画像)

 

翌日メンバーが病院へ

目はきっと良くなるでしょう

 

この月齢の兄弟がまだ3匹いるらしいですが

その後、母猫が警戒して仔猫を移動させたようです

 

でもそれだけでなく

3ヶ月くらい?の仔猫たちもピョンピョン飛んでいます

 

 

もー

どうするの?

 

詳しいことは書きませんが

わたしは相談者に

 「可哀想はわかるけど

自分の出来ること、出来ないことがあるんだから

心を鬼にしないとだめなこともあるしょー」

と何度も言いました

 

すべての猫を助けることは出来ないんだから

 

言いながら

これは私にも言えることだった、と思いましたが。。。

 

 

でも

見てしまって、知ってしまった以上

保護出来る仔猫はなんとかしよう

せめて乳飲み子はなんとかしよう

そして母猫たちの避妊手術を急がないと

冬が来る前に

 

 

 

『猫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悲しい現場から離れよう | トップ | おさわがせニャンコ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。