ゆのまちねこ

北海道を生きる野良猫たちへのTNR中心のボランティア「定ニャンの会」の活動報告です

束の間の再会

2017-04-05 | TNR

「おかえり、帰ってきたのー」

と優しく迎えられた本物の母さん猫

リターンです

他の猫みたいにすぐには飛び出さず

聞き覚えあるヒトの声を確認するように出てきました

 

 

 

あ~あ~

わざわざそんな、雪のあるところに行かなくても

道路は乾いているのに

 

猫の道があるんでしょうが、、

 

 

 

その後3~4日、姿を見せなかったようですが

近隣のお家に

おととし産まれの子供匹を連れて

ご飯を食べに来ていたそうです

チャーちゃんエリアの方達の親切にはホッと暖かくなります

 

 

 

わたしたちがチャーちゃんを

預かりボランティアさんに預けに行った3月8日の前日

実はボランティアさんの娘さん夫婦の飼い猫ポンタちゃんが

ほんの、ちょっとドアを開けた隙に、脱走し

行方がわからなくなっていました

そんな傷心状態のところに伺ったのに

きちんとチャーちゃんのお世話を

あれこれと手伝ってくれていました

 

 

 

娘さん夫婦の飼い猫のうち1匹は定山渓の猫ですが

あとから飼ったもう1匹は

先ほどリターンの様子をお伝えした、本物の母さん猫の子供です

 

ある時お腹に何かで裂いた様な傷を発見し、保護し、治療

そのまま飼い猫になったそうです

なので元々、産まれて1年くらいは

母さんと兄弟と野良猫生活をしてました

 

ここで避妊去勢した5匹の捕獲の時は

捕獲器に逃走中のポンタちゃんが入っても

誰が入ってもいい、っていう気持ちでいました

 

 

そうしてるうちに

本物の母さん猫と一緒にいるところを近所の方に教えられ

急いで出ていって

「ポンタ!」と呼ぶと

こっちを見て「にゃ~ん」って返事はするのに

走り去って行ってしまうという、いかにも猫っぽい行動が

何度かありました

 

生きてた!

どっか遠くに行ったわけではなかった!

だからこそ

なんともじれったい時間だったと思います

 

そして

本物の母さん猫がリターン後、再び現れたあの時

母さん猫と、兄弟と、一緒にご飯を食べに来てたのは

ポンタちゃんです!

 

 

目の前にいるのに、来ない

階段登って近くまで来るのに、逃げる

旦那さんは、とうとう捕獲器を買いました!

 

 

ところが捕獲器の活躍を見る前に

ポンタちゃんが階下に現れた!

近づくとまた逃げるので

マグロを見せておびき寄せ

食べてる間に捕まえて家の中へ!

やったー、無事帰還!

 

 

部屋にいれても家の中をウロウロして

落ち付かない様子だったそうですが

パウチあげる用意してたら

足にすり寄ってきて

ガツガツ食べてたそうです

そのうち思い出したのか自分のベットで寝てみたり

ストーブの前でゴロゴロ言いながらブラッシングしてもらったり

 

・・・・・

でもでも、けっして無事ではなかったようです

約1ヶ月の放浪

そりゃあ、母さん、兄弟との、まさかの再会

共に行動した日々はそれはそれはもう

一生の思い出になる事でしょう

 

 

 

 

でも

 

擦り傷だらけの足

ガリガリに痩せおしりと背中は老猫みたい、とのこと

相当でかい声で啼いたのか声も枯れてる

足の小指の爪が剥がれて無くなって

そこから出血している

 

1ヶ月の放浪でこんなに怪我

野良生活がいかに過酷なことか

 

 

ポンタちゃん

もう二度と外には出ないこと

約束です

 

 

それに

その数日後

今度はポンタちゃんの兄弟猫が餌を食べに来たそうです

「ポンタのやつ、ここかな?」

って探しにきたのかな?

 

それが、

足が痛そうで引傷ってるのだそうです

外はほんとに、安楽な場所なんか、ない

 

今度こそ、旦那さんが買った捕獲器の出番じゃないでしょうか

なんとか入って欲しいです!

 

 

<<お礼>>

 ヨッチャン様

フードのご支援いつもありがとうございます

グッピーも楽しみにしております(笑)

ミーは、飼い猫なのでいただく権利ありませんからねっ!

保護猫のいるメンバーで分けました

ありがとうございました!

 

Animal Dignity (アニマルディグニティ)様

犬と猫の違いはあれどお互いボランティア同士ですのに

猫のフードをご支援いただきました

いつもお世話になっています

ありがとうございました

 

 

『猫』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マミーの人慣れ修行開始です | トップ | ポコちゃんのいるエリア »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (トラモモチー)
2017-04-05 23:10:18
こんばんは。ポンタさん?君?無事で何よりです。うちのトラも団地の二階から飛び降りてしまい行方不明になった事がありました。それ以来うちの猫は外に出しません。
まふゆーゆ様、今月は残業もかなりしたので支援物資を送りたいと思ってます。送り先の連絡をしたいのですが。ブログの様に沢山は送れませんが、宜しくお願いします。m(__)m
Re:Unknown (まふゆーゆ)
2017-04-06 21:49:36
トラモモチー様
外に出す気全くなくても、気をつけていても、ほんの一瞬で出てしまうことありますよね。
偉そうに言うわたしも、窓をきちんと閉めたつもりが開いていて、出ちゃったことあります。
隣の家の塀にいました。
ポンタちゃんと同じく、ずっとこっちを見てて、呼んだら啼くのに、近づくと隣の家の裏側にいなくなってしまうんです、それでも24時間以内には捕まえました。

残業代を支援物資に、、だなんて感動してしまいました。
お気持ちに感謝いたします。
ここに連絡先住所は書けないので、
jyonyan2012@gmail.com
申しわけありませんがこちらに一度メールをくださいますか?
こんにちは (汗かきこぶた)
2017-04-07 14:54:43
それは大変でしたね

長い飼い猫ちゃんでも、ある時ふいに野生の血が騒ぐのか?脱走することがあるようですね

外敵も多いし、毎度決まったお食事も出て来ないし、空調管理だってされていない世界

自由の身と引き換えに失うものは多いでしょう

とにもかくにも、無事に帰還出来て良かった良かったo(^-^)o
Re:こんにちは (まふゆーゆ)
2017-04-07 22:06:23
汗かきこぶた様
こんばんは
室内猫が外に出てみたら、冒険なんてものじゃないですよね
本当のところは猫になってみないとわからないですけど、でも室内猫は交通事故に気をつけましょう!なんていう意識はないでしょうし、外敵や、敵対する猫の存在も、知らないでしょうし、
やっぱり冒険じゃなく危険、ですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。