香[Kyo]のつれづれ

何気ない日常に埋もれかけた「小さな幸せ」。
探しながら、てくてくお散歩...(*^ ^)

美味しい魚@魚河岸大作

2014-07-31 | 美味しいもの
JR静岡駅を歩きながら、「魚を美味しく食べたいなぁ」と思うときは、たいがいココ

魚河岸大作さん@アスティ東館1階(JR静岡駅構内)。

「ちょこっと一杯ひっかけて」…なんて時はもちろん、「定食食べたい!」っていう時も、たいがいココ

いつもきまって、「大作定食」を。

その日のお造り(トップの写真)、煮物、サラダ、香の物、お椀、ご飯が、み~んなセットになっていて。



美味しいんやな~

いつものカウンターで。





とくに、頭を使った日のシメには、いい感じ。

も~れつな疲労感があるなら、熱燗+塩辛。

ちょいと食べられそうなら、熱燗+本日のおススメ。

もりもり食べたいなら、生ビール+定食。

カウンターで、ひとり放電

これが、ほんまに贅沢で、いいんやな~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お気楽なカフェ@駿河区

2014-07-30 | お散歩
3年ほど前に、知人とのおしゃべりの中で話題に上ったカフェ

でも、行きつけのお店がほかにもあるし、なかなか訪れることはなかってん。

ところが、先日、急に近くを通りかかることになり。

そう、表道路が渋滞していたので、その抜け道を…と。

ちょうどランチの時間やったし、「小腹がすいたなぁ」などと思いながら。

ふと、目に入った看板



「Cafe Corbeau」。

 カラス

記憶が正しければ、「Corbeau」は、カラスくんのこと。

愛しのカラスくん(写真は、5月に奈良公園で早朝出会ったカラスくん。)



大好きなカラスくんを名前に冠してはるんやから、これは入ってみなければ、と。

店内は女性がいっぱい。

いえ、たまたま女子率100%。

高い天井と、お野菜いっぱいのメニューのせいかな

とってもお得でびっくり。

リゾット+サラダ+珈琲のランチセットを。



珈琲は、なんとマグカップで



ごちそうさまでした~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時宜にかなって、美しい。

2014-07-29 | 考えごと
「やろう、やろう」と思いながら、いつまでも行動に移せないときがある。

反対に、あれこれ考えるよりも先に、体が動くときも。

「動機づけ」の観点から比べても、大差がないのに。

動けるときと、思いとどまるときの違いって、何なんやろ。

直感的に、「今ではない」と感じるからやろか。


さて、今日、わりと大きな一歩を踏み出してん。

でも、これって、振り返ると、結構な時間がかかってん。

「そうやっ」って、思い立って、実行に移すまでに18年。

そういえば、20歳のときの「一歩」も、踏み出すまでに、8年かかったんやなぁ。

ん(・・?

ということは、もしかして、60歳まで命があったら、構想28年の「何か」が起こるかも。

え~と、そうすると、32歳のときに「せやっ」って思いついたのに、まだ実行に移していないことって…。

はて、な。 …いやぁ、まさか、ねぇ。


思い出しついでに:

12歳の時、初めて手にした聖書。

物珍しさも手伝って、何度も繰り返し読んだんやな。

とりわけ魅力的やったのが「伝道の書」(新共同訳でいう「コヘレトの言葉」)。

当時は「口語訳」版の頃で。

第1章第2節「伝道者は言う、空(くう)の空、空の空、いっさいは空である。」

この節が、強烈に突き刺さって。

あのときの衝撃は、筆舌に尽くしがたく。

そして、同書第3章。

「摂理」という概念が、見事に腑に落ちた瞬間やってん。
(以下、引用。新共同訳)


  何事にも時があり
  天の下の出来事にはすべて定められた時がある。
  生まれる時、死ぬ時
  植える時、植えたものを抜く時
  殺す時、癒す時
  破壊する時、建てる時
  泣く時、笑う時
  嘆く時、踊る時
  石を放つ時、石を集める時
  抱擁の時、抱擁を遠ざける時
  求める時、失う時
  保つ時、放つ時
  裂く時、縫う時
  黙する時、語る時
  愛する時、憎む時
  戦いの時、平和の時。

  人が労苦してみたところで何になろう。
  わたしは、神が人の子らにお与えになった務めを見
 極めた。神はすべてを時宜にかなうように造り、また、
 永遠を思う心を人に与えられる。それでもなお、神の
 なさる業を始めから終りまで見極めることは許されて
 いない。


あれこれ考えて、将来を計画するのは人間の仕事。

でも、ハッとして、突然、別の選択をすることになることもあったり。

一種の「風が吹く」瞬間。

そういうときは、敢えて自分のこれまでの計画を捨てて、吹いてきた「風」に従うことにしている。

これはキリスト教を信じると信じないとにかかわらず。

物心ついたときからずっと。

えっちらおっちら、汗を流しながら計画してきた「答え」を捨てるのは、かなり勇気がいることもあるけれど。

大事なのは、最終的な答えではなく、そこに至るまでの苦悶であり、葛藤であるのではないか、と。

考え続けることを放棄しない「体力」のある脳みそをつくらなくちゃ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仙台でタクシー乗るなら第一交通さん♪

2014-07-28 | お気に入り
仙台に3日間滞在する間、7台のタクシーにお世話になり。

うち、1回だけ乗車する機会を得た第一交通さん。

これが素敵なタクシー運転手さんやってん

子どもの頃から、タクシーに日常的にお世話になっていたこともあって、わりとうるさい私

旅先で、いいタクシーに乗れると、ほんまに嬉しさ倍増


第一交通さん。

何がいいって、とっても「人」を大事にしてはるんやなぁって、感じられて。

いろんな工夫をしてはる様子。

車内に、携帯電話の充電器まで搭載されていて。



ちゃんと「充電OK」の表示も

目的地まで、楽しくおしゃべりさせていただいて。

ほんまに素敵な運転手さんやったなぁ

後でネットで調べてみたら、第一交通産業グループさんてば、経営理念に「人からの発想。すべての道は、人に通ず。」と謳ってはる

やっぱり

ちゃ~んと、理念が社員さんに浸透してるんや~。

また宮城に行くときには、第一交通さんのタクシーを探して乗らなくちゃ。


さて、帰りの駅弁

仙台駅には、美味しい駅弁が揃っているので、迷ったけれど…。

「仙台青葉弁当」を購入。(トップの写真)



おかずの彩りがよくて、もちろん美味

おやつは、大好きな菓匠三全さんの「萩の月」を。



全国各地に類似品が非常に多い「萩の月」。

でも、美味しいのはやっぱり、菓匠三全さんの「萩の月」。

夏は冷やしていただくと、もっと美味しい「萩の月」。

結局、3日間とも、菓匠三全さんにお世話になり。
(うち2日は、ずんだ茶寮にて



蒸し暑い静岡に戻り…もろもろの片付けをして、夜珈琲を。

あまりの暑さに食欲もなく…。

ちょこっとアイス@クレセント。



クーリングダウンして、明日からまたがんばろ~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

贅沢(^○^)

2014-07-27 | 美味しいもの
今夜は贅沢♪

「夜ずんだ」(*´・ω-)b

大好きな菓匠三全「ずんだ茶寮」さんで。

昨日はあったか「ずんだ餅」やったし、今夜は冷たい「ずんだ氷」\(^-^)/



もちろん、珈琲も一緒に。

宮城の美味しいお酒を飲んだ後やし、と~ってもサッパリ♪

お湯呑み、可愛い。

ウサギさんが駆けてはるねん。



やっぱり、できたては驚きの美味しさ(* ̄ー ̄)

酒の肴も美味しいし、仙台って素敵。

大好物のホヤやイカの一夜干しも2日連続で食べられたし。(トップの写真)

みんなでお酒を楽しみながら、それぞれの分科会で学んだことを振り返り。

私はと言えば、被災地における産業再建について学び。

約50人の分科会。

農業、漁業、商工業、建設業、金融等、各分野における取り組みと課題について御報告いただき。

農家さんや漁師さん自身が語る、当事者としての訴えは、切実なもので。

やっぱり、報道されることは、ほんの僅かなものでしかなく。

しかも、歪曲されていたり。

ちゃんと自分の目で見て、耳で聴いて、肌で感じて、考えを持って行動しなくちゃ。

今回の参加者の多くは、全国から集まった議員さんや、研究者さんのようやけど。

いえいえ、もっと多様な人たちが集まって意見や情報を交換したら、もっと、地域のニーズにあった社会に変えられるんやろなぁ。

ともかく、私にも何かできることがあるはずで。

そろそろ、意識的に動いてみようかな。


-----追記-----

ずんだ茶寮さんの箸袋。

ちゃ~んと「大豆インク」使用なんや

さすが~。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生きた言葉

2014-07-27 | 考えごと
第56回自治体学校 in 仙台。

「被災地で学ぶホンモノの地方自治:わたしたちの震災復興」と題して。

いろんな立場の人たちが、全国から集まって。

私はと言えば、知人に誘われて参加を。

一日目、もう、ほんまにすばらしい講演とリレートーク。

とりわけ、リレートークには、感涙を禁じ得ず。

「原発災害の現状と自治体の役割」と題して話された福島県浪江町長の馬場有さん。

「地域の中の保健師」として語られた岩手県大槌町の岩間純子さん。

「日常を取り戻すために 日常を失わないために:被災地[東北]から全国に向けて」とのテーマで報告された河北新報社の小島直広さん。

どなたの訴えも、ほんまに感動的で。

ほんまに多くの人に聴いてほしい内容やったわ。

みなさん、問題提起をありがとうございます。


トップの写真は、仙台駅構内のずんだ茶寮さんのずんだ餅♪

やっぱり、仙台と言えば、萩の月とずんだ餅でしょ~(*´・ω-)b

んん~(* ̄ー ̄)
たまらん美味しさ♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お疲れさま~

2014-07-26 | お気に入り
仲間と打ち上げ♪

ペガサート地下のハートランドさんにて(*^^*)

楽しかった~o(^o^)o
美味しかった~。
















この仲間がいればこそ、勉強も続けられるわけで。

決して独力で継続しているわけではなく。

私の目で見ると、単調な景色が、見る目を変えれば、違った景色にも映るんやし。

それなら、いろんな見え方をシェアしたら、一度にたくさんのレンズを手にいれたことになるわけで。

せっかく手にいれたレンズ。

キュッキュッて、よくお手入れして、曇らないようにしなくっちゃ。

さて、昨日のごちそう(*´・ω-)b

かなり多量に飲んだ気がするけれど、陀羅尼助丸のお陰で、すっきり朝3時には目覚め。

さ、連休も、がんばるぞ~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あらためて。

2014-07-23 | 考えごと
仲間と話し合ううちに、あらためて考えたこと:

そもそも、人生の選択に「最良」はない。
自らの意志で選びとる「覚悟」が、その選択を、最良のものとするのだ。


とかく、親は子に対して、親自身が考えるベストの選択を押し付けたがるもの。

言うまでもなく、子を思う愛から。

でも、それは、あくまで親が描いたシナリオにおいて想定されたベストでしかなく。

子にとっての現実が、どこまでそのシナリオと重なるのか、全くの未知数で。

人生を振り返って、ある程度「満足だ」と思えることが、いわゆる「成功」の指標だとするなら、これまでの成功者たちは、いかにして成功者たりえたのか。

それは他人の価値観による「最良」の選択をし続けた結果ではあるまい。

自らの命を正しく受け止め、自らの生を生きる覚悟があればこそ、過去におけるその時々の選択が、最良であったと回顧するに足るものとなるに違いなく。

その選択の良し悪しは、考えてみれば、選んだ瞬間には分からないもので。

いつでも、選んだ後の軌跡が肝要であるわけで。

ほら、そうすると、親がすべきは、「最良」を並べ立てることよりもむしろ、選択に際し、どう臨むかという態度を教えるということであると分かるはず。

でも、この距離感、実際には難しいんやな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一幅の絵のような…

2014-07-22 | お散歩
天川村の「実家」にて。

お陰様でお天気に恵まれ

ともかく静かで、涼しくて。

トカゲくんも、陽気に顔を出し。



しばらく足元に居てはってんけど、さすがに、直射日光は眩しかったらしく…ばいばい



後ろ姿も美しい…

ニホントカゲくんかしらん…。

緑キラキラ、ヒグラシの声はリズミカルで心地よく。



ぼ~んやりと窓の外を眺めれば、まるで一幅の絵のような光景が。(トップの写真)

村のあちこちで、紫陽花が見頃になって。



季節を2度楽しめる感じ

そういえば、5月の連休に帰ってきたときも、桜が満開やったし。

天川村。不思議な村で、まるまる2日間居るだけで、体がずいぶん楽になるんやな。

今週もがんばれそうや~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美味しいご飯@天川村

2014-07-20 | 美味しいもの
愛知、三重...と、数度豪雨の中を走り抜け。

奈良に入るなり、お日様ギラギラ\(^o^)/

日本は案外、広いねんなぁ。

とはいえ、奈良を取り囲むように、異様な積乱雲が発達していて。

「これは、また嵐の中に突入かも」なんて考えつつ、ともかく走って

下市町から黒滝村へ...おぉ、路面はずぶ濡れ、だいぶ降ったみたい。

私はといえば、奈良に入ってからというもの、雨にはあわず。

天川村に到着したときにも、野生のキジさんに、ご丁寧にお出迎えいただいたくらいで。

夕方、お茶をいただきながら寛いでいたときには、ようさん降ったみたいやけど。



みんなで食卓を囲む頃には、すっかりやんで、夕焼けに。



美味しいんやな~(^-^)

「お父さん」と「お母さん」が作ってくれはるご飯。



いつもの串♪



それから、アマゴ(*^^*)(トップの写真)

大好物のイタドリ。



ほかにも、ごちそういっぱいo(^o^)o

おなかぽんぽこ。







鹿さんの赤ワイン煮も、と~っても美味。



涼しいし、静かやし、天川村、大好き~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加