。。。まぁるい日々。。。

なんか、ええことありそぉやなぁ~♪

富山・石川県の旅~1日目♪

2017-07-23 | 国内旅行

カーナビはずっと不要だった。
遠出のナビは、筋金入りの方向音痴の私が担当ゆえ、当然の事ながら迷うことも多々あり。
最近、ますます地図が読めなくなってきた私。
ドライバーはいらいら、ナビゲーターはパニック↓↓
そんな状況を見かねた娘から、ポータブルカーナビのプレゼント。

まずは近場で試すことにしたが、あり得ない道案内に不信と不安が芽生える。
これが未知の地なら絶対に従うよね。
下調べは、これまで通り抜かりなくしなきゃ。

我が家のカーナビデビューは、能登方面に決定!
当日、ここぞの大事な分岐点で、画面は右を示しているのに音声は左を行けと言う。
躊躇するも、とっさの時って音に反応するみたい。
結局だまされてルートから外れると、すかさず「ルートを変更しました」と追い打ちをかけられムッとなる。
まぁ、私に責める資格なんてこれっぽっちもないんだけれど。。。

ナビって結構しゃべりまくるんだね。
同じことを何度も繰り返すから、ちょっとうるさかったりもする。
慣れるのに時間がかかりそう。

そんなナビに頼りつつ、愛車は進む。

体験ものはもちろん、〇〇狩りってのも好き。
この時期は、ぶどう狩りだよ。
今はまだデラウェアの時期で、翌月あたりから大粒に移行する。

訪れたのは『モアイ農園』
入り口には、ちゃんとモアイ像が立っている。
名前の由来を聞きそびれてしまったので、疑問が残ったまま。

ぶどう園のずっと向こうまで続く広さに仰天。
美味しいぶどうの見分け方を教わり、色濃く大粒揃いの房を求めて園内をうろうろする。

姿勢を正して歩くには不適な高さのぶどう棚の下にて、腰をかがめつつ仰ぎ見る姿勢は結構しんどい。

重なり合った葉が作る日陰に腰かけて、いただきま~す♪
ずっしり重い房の枝にしっかりついた実のスクラムは崩しがたく、力を込めてつまみ取る。
味が濃くて、とても甘い。
舌の奥に甘味がどんどん被さって、むせるほどの甘さだよ。
こんなデラウェアは初めて~四房も食べちゃった。

ぶどう腹をかかえ、まともな昼食は食べられそうにない。
途中のサービスエリアで軽く済ませ、次なる場所へ。

いつぞやのテレビ番組で紹介された『宮島峡』の滝に涼を求めた。

流れは少し濁っていたが、滝は白やかに陽を返していた。


一の滝

子撫川沿いの遊歩道をゆけば、川面を渡る風が心地よい。


二の滝

上流の竜宮淵までは、アスファルト道を歩かねばならなくて車移動する。
各所に無料駐車場が設けてあり、猛暑日ゆえにかなり嬉しかった。



竜宮淵に分け入ってすぐ、人魚像を発見。
なぜここに人魚の像??そこだけがメルヘンな雰囲気を漂わせていた。

その先、三の滝へと流れは続く。


竜宮淵(三の滝)

この日は適水量だったのか、いずれの滝も美しい姿を披露していた。

川涼みを惜しみつつ、標高346mの稲葉山山頂へ一気に上がる。
山頂には『稲葉山風力発電所』の巨大風車があり、無尽蔵の風が羽を回していた。
ほぼ真下から見上げる風車の迫力は半端ない。
また、公園として整備され、小矢部市街を一望の展望所でもある。

観光はここまで、宿へレッツゴー!!

   

我らの部屋と同じ階に卓球台を見つけた時、部活で卓球経験者の娘の瞳が輝いた。
「卓球したい~~!!」
夫と私は、遊び程度の経験しかなく、私に関してはピンポンのレベル。
それだって何十年も昔のことなのに。。。
「うん、やろう、やろう!!」と、旅先心理が働いた。
夕食後に予約をして、いざ勝負 



珍プレー続出に大爆笑。
結果は、火を見るよりも明らか。
娘の圧勝に終わった。
わずか三十分間のプレーだったが、普段使わない筋肉が困った状態に。。。

楽しく、ほどよく疲れたねぇ 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都府情報へ

『石川県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 穴虫の郷~ハス♪ | トップ | 富山・石川県の旅~2日目♪ »
最近の画像もっと見る

国内旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。