魔法人の憂鬱

何でもかんでも感じたことを自由発表

職業 「占い師」って・・・

2017年07月15日 00時54分26秒 | 雑記
 魔法人に来るお客さんの中には、「占い師になりたいのですが・・・」

 って人がけっこう多いのですが、

 その思いはわかります。


 だって、普通の世界でそれなりに頑張って生きてはきたものの、
 なんの手ごたえも、なんの見返りも受けてない人が多すぎるもの。


 決して人に劣っているわけでもなく、たまたま所属した組織の中で
 埋没していく人は、十数年の勤務実績の中で自分自身が実感する現実だもの。

 そんな人が、自分の努力と力だけで一勝負してみたい。
 何らかの形で人のために生きて、多少なりとも感謝される生き方をしたいというのは
 僕には分かり過ぎるぐらい、自分の体験の影絵なのです。


 しかし、現実は厳しい!!

 占いだけで食べていける人は、ほんの一握りです。

 ひょっとしたら芸人の世界より厳しいかもしれない・・・


 だって、面白いだけではダメだもの。

 基本、人の未来を当ててナンボの世界ですから。。。




 極端に言えば、「当たっていなくても、あそこにまた行こう」と思わせられるか。
 それだけの人間性が自分に宿っているのか。

 それはすべて、自分が決めることではありません。


 それはすべてお客さんが決めることなのです。


 それを承知でこの世界に迷い込みたい冒険家は大歓迎ですが、

 冒険家はけっこう死ぬんですよ。


 死んでも後悔しない、ここまできたら死んでもいいや、ぐらいな占い師志願者がいたら
 ちょっと考えるかなぁー


 とにもかくにも、こんな仕事は人に自慢できる仕事ではなく、

 世間の暗闇の中で成り立つ仕事だと理解したものだけが、足を踏み入れる世界なのです。


 精神を病み、普通の世界では生きられなくなった、破綻者がやる仕事なのだと僕は思っています。


 だからこそ、自分の欲を捨て、この世に生まれた意味を探求する仕事だと思ってます。


 世間には自慢はできないけど、この世界で食べていくんだとの覚悟のある人が
 次の世代を引き継いで行ってほしいものです。


 他でダメだから、占い師だったらできそうだから、なんてナメた人は絶対、僕の世界では生きられません。


 僕の弟子たちは利口です。

 さっさとこの世界から脱出しましたもん。






 んじゃぁぁーー またぁぁぁーーー


   限界努力!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月1日 同期会 | トップ | 奇跡とは、、、 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。