年中夢中

映画、蹴球、D'ERLANGER、エアミュ、高岡蒼甫くん、佐藤祐基くん、松本寛也くんをこよなく愛するミーハーです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『おくりびと』を見ました。

2009年08月29日 | 映画
おくりびと [DVD]

アミューズソフトエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


 アカデミー賞受賞でかなり話題になり、レンタル初日には店頭からDVDが消えた作品ですがWOWOWで放送されたものを見ました。


 私のカンは時々当るんだなぁ・・・と。


 評価が高い作品で、いろんなところで感想を検索してもけなす人、貶める人、悪く言う人はそうはいないようですね。


 でも、私とは相性が良くないみたいです・・・・・・
 ゴメンナサイ。
 前半はちょっと退屈でした。でも後半は、良かった。


 人が死んだら。
 亡くなった人を旅立たせる手伝いをする人がいます。
 その一連の儀式も宗派などによっても違うものですよね。

 お葬式の日、自宅からお寺までバスに乗る際に入り口で故人が身に付けていたもの、例えば衣服を踏んで乗り込みます。
 この世に戻ってこないように。

 ご遺体となった故人を納棺する人がいる。
 旅立つ際の衣装を着せ、そして棺に納めて釘を打つ準備をする。

 故人が好きだった物や食べ物などをいっしょに棺に納め三途の川の渡し賃を納めて菊の花を添えるといよいよ棺に蓋をして、釘を打つ。

 釘を打ってしまうと悲しい気持ちになる。
 そして火葬されて骨になると思うと本当に悲しいと思う。

 どんな死に方をするのかはわからない。
 だから精一杯生きなくては。

 いい死に方だったなァって思ってもらえるように。
 最後は笑って死ねるように。


 「いってらっしゃい、また会おうの」(劇中のセリフより)
 そう言ってお別れできるようにしたいものです。


 『おくりびと』が面白かったかって聞かれたらちょっと答えに困るかなぁ。
 最初見始めた時は広末さんはミスキャストだろうって思って正直見てました。
 でも、後半戻ってきたからの彼女は良かったと思います。

 お父様が亡くなったときのシーンですけど、業者みたいな人が乱暴に棺に入れようとしてましたけどあんな風にはしないよね普通・・・
 演出なんでしょうけどちょっとね・・・・・・


 ラストのために今まで見たのかなァと思いました。



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 面白かったよ!orもっと精進せい! と思ってくださった方♪
是非ポチッと★
↓ 
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村

blogram投票ボタン
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 車の運転は好きじゃないんだ... | トップ | 愛~それは~  ←そっちじゃ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うん答えに困る (ptd)
2009-09-01 13:01:46
こにちは。
不純な動機でアカデミー賞だって言うんで友人から借りて見てみたのですが。
たしかに「面白いか」と聞かれると感想に困りました。
良い映画だし、ユーモアもあるし。
私、広末が駄目なんですよ・・
困りますよねぇ。 (mahito@管理人)
2009-09-01 15:18:25
ptdさん

こんにちは!
私はWOWOWで放送されたんで見たんですよ~
なんとなく借りるのが億劫で(笑)←コラ

面白いか?って聞かれると普通に困っちゃいますね。ユーモアもあるし泣ける部分もあるけれどもどこか遠くから見てるような感覚です。

広末さんは最後のほうは役柄は良かったと思うんですけどちょっと薄っぺらい印象は変わんないのでミスキャストではあるかなと思います(笑)

なので、泣けるとか感動するとか言う類のものとはちょいと違うような感じがしました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。