いそいでゆっくり

いそいでゆっくり日々ノート

楽しかった子どもとの恋愛映画鑑賞

2017-04-20 | 日記
久々に子どもと映画を見に行きました。


本当はお友達と見たかったようなのですが、予定が合わなかったようで、私と行くことになりました。


子どもは今、リア充にあこがれているようで「ひるなかの流星」という映画が見たかったようです。


私はその映画のことを全く知らなかったので、行く前にどんな映画なのか聞いてみると「キュンキュン系の映画」とのことでした。


内容は確かにキュンキュン系で、年上の優しい男性と、同級生のクールなようにみえて、グイグイくるような男性との三角関係のお話でした。


私としては、年上の男性と結ばれる方がいいように感じましたが、子どもは同級生の方がよかったとのことです。


恋愛の話がメインなのですが、私としては、その同級生の男の子を好きな別の女の子が、とてもいい子で、その子に感心してみていました。


主人公と同じ人を好きになり、結局はふられてしまうというパターンは、よくあるといえばよくあるのですが。


また、現実のところでは、きっと妬んで、その女の子同士が親友になるということはないのではないかと思うのですが…


ですが、子どもが「私はあの子のように、同じ人を好きになり、ふられても友達と仲良くしたい」と言ったので「なんと、いい子なんだ」と返しました。


子どもも大きくなり、一緒に映画を見る機会は、ほとんどなくなりました。


ですが、今回のように機会があれば、また行きたいなと思います。


映画の感想も言い合えますし、子どもの何気ない感想に、子どもの考え方をみることができます。


子どもが今回見た映画のヒロインのような恋ができる日が、早くきてくれたらなと思います。
 
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 自宅筋トレの長所と短所について »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む