ラマナ・マハルシ

©Sri Ramanasramam, Published with Their Kind Permission

Talk 13 (1)

2016年09月17日 | 1935年1月3日
Mrs. M. A. Piggot, an English lady, who had read “Search in Secret India”, came to see the Maharshi. The services of a disciple as interpreter were provided. There were many visitors at the time in the hall, including some ladies with their infants. The place resounded with noise. At length silence prevailed. Suddenly Maharshi, who seemed to be looking at in finite space, was heard to say softly, “Monkey”! A little baby was then discovered in the doorway (unobserved by the mother who was seated on the other side of the door) with a large monkey standing on his hind legs, who with both hands was fondling the child not hurting it in the slightest, both being at peace with each other in Maharshi’s presence. When Maharshi’s voice was heard the monkey jumped away adroitly and disappeared. The incident greatly impressed the lady.

英国の女性であるM.A.Piggot夫人は『秘密のインドにおける探求』という本を読んで、マハルシに会いにやってきた。弟子が通訳を行った。その時ホールには大勢の人がいて、子供連れの夫人も何人かいた。がやがやとした雰囲気であった。ようやくその場が静寂で包まれた。マハルシは虚空を見つめていたようであったが、突然優しい声で「おや、猿だ」と言ったのが聞こえた。出入り口のところに小さな赤ん坊がいた(母親はドアの反対側にいて、赤ん坊を見ていなかった)。大きな猿が後ろ足で立ちながら、赤ん坊が怪我をしないように両手で支えていたのだ。マハルシがいる場所で、赤ん坊も猿もすっかり安心していた。マハルシの声が聞こえると、猿は巧みに飛び跳ね姿を消した。夫人はこの出来事に大いに感銘を受けたようだった。
『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Talk 12 | トップ | Talk 13 (2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。