ラマナ・マハルシ

©Sri Ramanasramam, Published with Their Kind Permission

Talk 27 (2)

2017年06月20日 | 1935年5月15日
In the absence of enquiry and devotion, the natural sedative pranayama (breath regulation) may be tried. This is known as Yoga Marga. If life is imperilled the whole interest centres round the one point, the saving of life. If the breath is held the mind cannot afford to (and does not) jump at its pets - external objects. Thus there is rest for the mind so long as the breath is held. All attention being turned on breath or its regulation, other interests are lost. Again, passions are attended with irregular breathing, whereas calm and happiness are attended with slow and regular breathing. Paroxysm of joy is in fact as painful as one of pain, and both are accompanied by ruffled breaths. Real peace is happiness. Pleasures do not form happiness. The mind improves by practice and becomes finer just as the razor’s edge is sharpened by stropping. The mind is then better able to tackle internal or external problems.

マハルシ(続き):問いと献身以外では、呼吸のコントロールを試すとよい。これはYoga Margaとして知られている。生命が危険にさらされると、すべての関心は一点に向けられる。すなわち自らの命を救うことに向けられる。呼吸が抑えられると、心は好きなように色々なところに飛んでいく余裕がなくなる。外的な対象に向かう余裕がなくなるのだ。ゆえに、呼吸が抑えられている間は、心にとっては休息があることになる。さらに言えば、不規則な呼吸には情熱が付随し、ゆっくりとした規則的な呼吸には穏やかさと幸福が付随する。実際、喜びの爆発は痛みの爆発と同じくらい苦しいもので、両方ともかき乱された呼吸を伴う。真の平穏こそが幸福である。喜びをいくら積み重ねても、それは幸福とはならない。カミソリの刃が革砥によって鋭くなるように、心は練習によってさらに良くなり、精妙さを増す。そうした心は、内的および外的の問題に対してさらに上手く対処することができるようになる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Talk 27 (1) | トップ | Talk 27 (3) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

1935年5月15日」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。