ラマナ・マハルシ

©Sri Ramanasramam, Published with Their Kind Permission

Talk 18 (1)

2016年12月10日 | 1935年5月15日
Mr. Evans-Wentz asked: There are yogis with occult powers. What does Maharshi think of them?

M.: The powers are known by hearsay or by exhibition. Thus they are in the realm of the mind only.

D.: Mr. Brunton mentions a yogi in Madras who is said to hold communion with his master in the Himalayas.

M.: It is not more marvellous than telepathy - so commonly known. Telepathy cannot exist without the hearer and television without the seer. What is the difference between hearing from far and from near? It is only the hearer who matters. Without the hearer there cannot be hearing; without the seer there cannot be vision.

Evans-Wentz氏が尋ねた。不思議な力をもつヨーガ行者がいます。彼らについてどう思いますか?

マハルシ:そうした力の存在は、噂や目の前で見せてやることによって知ることができる。したがって、それは心の領域の中にのみ存在している。

信奉者:Brunton氏は、マドラスにいる、あるヨーガ行者について言及しているのですが、その行者はヒマラヤ山脈にいる彼の導師と意思伝達を行っていると言われています。

マハルシ:それは一般的に知られるところのテレパシーよりも素晴らしいというわけではない。テレパシーは、それを聞く者がいなくては存在できない。テレビが、見る者がいなくては存在できないように。遠くから聞くことと、近くから聞くことの違いは何かあるのだろうか?重要なのは、聞く者のみである。聞く者がいなかったならば、聞くという行為はありえないし、見る者がいなかったならば、見るという行為はありえない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Talk 17 (18) | トップ | Talk 18 (2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

1935年5月15日」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。