櫻&怒  皇室の弥栄が國體国家国民の心柱!! 

国破れてGHQ 支那、ロシアの巧妙奸智な謀略策略洗脳 魂を喪失した日本人 歴史伝統文化誇りある主権国家日本再生への時寸評

亡国の夕日は悲しいね!!

2017年03月20日 | 日本を主語としたメモ

 20数年前の細川政権時代に成立した選挙制度「小選挙区比例代表制」が大いなる弊害の一端であることには間違いないと断言する。我が国の国益とは何か真剣に熟慮し深謀遠慮する政治家がいなくなったことは国民としては最大の損失である。愛する国家が目的の無い単なる漂流ゴミに成り下がっているのが今の日本国である。高齢化社会の就活が一部の国民だけが思慮し大半は無責任な出たとこ任せに委ねざるを得ないと諦めの信条で時には苛めに耐え余生を送っているのが真実だ。
 一部の保守層には絶対の応援がある安倍内閣であるが、推進仕様としている施策は左翼的政策で自民党の結党政策とは程遠いポピュラー的信念無き延命オンリーの3世独特の日陰のもやしだ。
 この20数年の失われた時間は拉致問題、北方問題、竹島問題の解決の糸口すらなくましてや尖閣諸島、対馬諸島や北海道、沖縄問題までも敵対国家の侵略を目前にしている。
 一触即発の東アジア、南支那海、北朝鮮の国際的問題に対する我が国の国家国民の安全安心に対する備えは皆無として聞こえない。
 いくら粋がっても誇りある歴史文化伝統慣習と言っても所詮は異国人には理解できない単なる一ページだ。大和魂を心底無意識にも培養させている国民が連綿と継ぐなぅことがあってこそだ。
 バカやサルが磋話氏が独特の蠢動するこの時期に信念と心情がない邪な政治家はいらない。巧言令色・・・でその場を糊塗しても前身はできない。山水清流も時間とともに淀みが灰汁となる、今こそ桜の開花に合わせ真因を問うのがベストだ。
 今の国会は中学校以下のレベルでありすべて国会論戦以前の悲しい税金泥棒談合でしょう!?
 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 国土と国有地の軽重!? »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL