櫻&怒  皇室の弥栄が國體国家国民の心柱!! 

国破れてGHQ 支那、ロシアの巧妙奸智な謀略策略洗脳 魂を喪失した日本人 歴史伝統文化誇りある主権国家日本再生への時寸評

幾山河!?情報公開??

2017年05月18日 | 誇りある国家を死守した英霊を尊崇するメモ

 「記憶すべき日」の一つに6月18日が追加されたことは残念です。敵国支那のドローンが尖閣諸島の領空を白昼堂々と侵入侵犯し其れも領海ぎりぎりのEEZ地域からの支那公船からの離発着である。
 2Fが訪中し朝貢外交の成果であろうと推測できるタイミングである。これで尖閣諸島は支那の実効支配が確立し(海保はもとより自衛隊も見守るだけ)敗戦後の竹島と同じで難なく占領され国土を奪われたことだ。
 現政権の支持率は長期にも関わらず50%以上を維持し国民の半数は応援しているがごとくメディアは報道しているし保守層も好意的数値を喧伝しているが大半の保守層が陥っている気づかない安倍晋三の天才的言語表現の真意は美辞麗句の裏又は聞く耳に共鳴するが国民の多くは安倍晋三の限界は見越しており結論は旧体依然とした域を温存し自己保身のみが目的になっていることだ。国体の芯である皇室典範の復元、国際法違反の占領政策基本法の自主憲法制定、日本国主権の侵害である拉致問題、主権国家としての自主独立等々の諸問題に対する対策はゼロである。
 世界的にカオスの時代にはその時その時に弓削の道鏡もどきが各地に排出する時ではある。  

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 取り戻せ正気!! | トップ | 国軆は死守!! »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL