櫻&怒  皇室の弥栄が國體国家国民の心柱!! 

国破れてGHQ 支那、ロシアの巧妙奸智な謀略策略洗脳 魂を喪失した日本人 歴史伝統文化誇りある主権国家日本再生への時寸評

国民の命をいかにして守る手立てを教えてほしい!!

2017年04月25日 | 歴史ある国を尊崇する真の日本人のメモ

 過日シリア国内で猛毒ガスサリンが使用され多くの犠牲者が出たことはご存知のことである。だがしかし誰が使用し被害にあったのは正直言ってどちら側に属するかは推測されるだけである。ガスの製造国はどこか?シリアまで搬送したルートは等々皆目不明である。殊更世界の動きは複雑であり真相は総べて闇の中にあり推測の域を越えることはなく例え真相が明らかに聞こえて来るのは数年先の話であろう。
 片や近隣諸国のブラフ合戦は日に日に増大しているが果たして当事国の真意が何辺に有るかどうかは不明な要素が多すぎる。世界各国の動きは一言で言えばカオスの状態であり一見百花繚乱が如き縺れた糸に見えるが裏世界の金融又は経済的問題が解消し各国の面子が見通せば硬直化で一応繰り上げている拳骨だけは下ろしに向かうのではないか?
 それにしても我が国の無神経さには驚く以外に言葉が浮かばない、まいにち朝からTVはワイドショー的番組でテレビ芸者のコメンテーターやお笑い芸人の浅薄知識フェイストニュースで洗脳されアイデンティティまでを無くし風に流れるだけの悍ましい存在に滑落した事までさえも分らなくなり善悪が判別できない己になっていたことが恐ろしいことだ。
 国民が国民ならば政府は政府であり、長期政権のお墨付きが担保すれば無知能者が緊張感がなくなり挙句の果てが連日の失言であり過日はスキャンダル特に臍した問題はご法度であったが現在はマスコミ各社の資金獲得の営利目的の手段に成り果てた感がある。興味ある読者が存在すればこそであるのだが・・・それはそれとして政府の半島動静に対する会見のたびに言われる言葉の軽薄さには飽き飽きさせている。半島北部集団の動きに対し「国民の生活財産の保護」ましてや拉致問題に対する「安倍内閣の最優先課題」の言葉は自民党政権が発足して耳にしてから十数年は経過している。
 世界の小国であれば仕方ないがG7国の国民に対する言葉とすれば余りにも無責任な発言である。憲法が不具合であれば憲法の改正を早急に行い主権国家としての責務を履行すべきである。そのための法案整備は同時に進行させ遺漏の無きようすべきが「安倍の仕事だ」。
 今一つ声高に言わねばならないことは皇室問題である。今上陛下の個人的発言が左派系宮内庁内職員の断末魔的リークでマスコミに飛びつかれ政権を巻き込んだ一大スキャンダルとなり我が国の政体そのものが大きく振幅する自体を醸している。総理が私的に集めた有識者会議が纏めた報告書が過日答申された用でるが、そもそもこの会議の座長なる人物が他局のTVにて報告書提出後発言している内容が「譲位は一代限り」であるがこれは先例としてであり「女性宮家の創出が期待される」などと述べている。
 半朝鮮人である小泉が皇室典範の改正にかかわった時にとりくんだ悪法の時と同じパターンだ。常に結論ありきで国民には経過は知らす遂行する奢り、上から目線の見下げた行為は断じて許すべきことではない。

 

 

 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鎮魂の一言!!悲しい別れ!! | トップ | 馬鹿が!! »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL