櫻&怒  皇室の弥栄が國體国家国民の心柱!! 

国破れてGHQ 支那、ロシアの巧妙奸智な謀略策略洗脳 魂を喪失した日本人 歴史伝統文化誇りある主権国家日本再生への時寸評

日本が無くなる!?

2017年06月22日 | 真の日本人のためのメモ

 一応 呼称として選良と言う集団が毎年通常国会なる会議を行うことは規定されており過日今年度の会議は終了した。与野党の選良もどきが国益の為に広角泡を飛ばし論戦を展開するのであれば選挙民は投票した甲斐があるのだが会議の期間の大半は愚にもならない森友・加計問題で時間稼ぎの給料取りのアリバイ工作だけに日程を弄する様相である。
 この間我が国を取り巻く安全保障問題は一触即発状態であり現況は緊張状態が継続し国民の生命財産の守りに対しては正直言って成すべく方策はないのが事実である。哲学信念の失せた内閣が取り急ぎ成立させた天皇退位特例法は一代限りとの付則があるが日本国の国軆を根幹から変える暴挙であり国家の終焉を招く危惧ある法案である。極論を言えば我が国全体が何かしら全ての面で箍(たが)が緩み危機感緊張感が無くなって有り近未来にはおとぎ話の世界に埋没する恐れが多分にある。
 現在進行形の支那による北海道の広大な土地買い上げは後楽園球場の数十倍に推定され場所的には小樽、苫小牧と言った南部地域となる。これは支那共産党が世界的覇権を目指している一帯一路計画の東端に位置し太平洋に進出する格別な地域になるのである。この苫小牧市にある苫小牧駒澤大学が今年1月京都市にある学校法人京都育英会に無償で移管譲渡することを決定したのである。苫小牧駒澤大学の傘下にはメジャーの田中将大スケートの橋本聖子を輩出しているので有名である。
 この京都育英会については詳細に説明している紙幅もないが理事2人のうち1人は支那共産党員である。幸いにも現段階では文科省の認可はおりてはいないが・・・・学校敷地内は一面においては治外法権的な面がおり由々しき問題である。
 森友・加計問題はどちらか言えば国内問題であるが領土の外国人への譲渡を許可している先進国は我が国だけである、選良なれば尚更外国人の移民難民受け入れの審査基準の厳格さ帰化基準の厳格さ日本国内の土地取引の禁止は早急に立法していただきたい。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国民が宝だ!! | トップ | 次代へのバトンが喫緊だ!! »

コメントを投稿

真の日本人のためのメモ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL