吉村青春ブログ『津屋崎センゲン』

“A Quaint Town(古風な趣のある町)・ Tsuyazaki-sengen”の良かとこ情報を発信します。

〈催事〉0458:あす〝光の道〟の海辺で絶景夕陽観賞

2016-10-17 06:27:46 | 行楽催事

 

写真①:「玄界灘に沈む夕陽を観る会」が開かれるスポット・宮地浜「夕陽風景時計」

 

光の道〟の海辺で玄界灘に沈む絶景夕陽を楽しみましょう

あす18日夕、宮地浜「夕陽風景時計」前で夕陽を観る会

 福岡県福津市のまちづくりボランティア団体・「津屋崎千軒 海とまちなみの会」主催の宮地浜「夕陽風景時計」(同市宮司浜4丁目2の「宮地浜海水浴場」にある「海の家 大阪屋」先砂浜)=写真①=前で玄界灘に沈む夕陽を観る会は、あす10月18日(火曜)午後5時から福岡市や古賀市などからの参加者も集めて開かれます。天気予報では晴れ間に恵まれ、〝光の道〟の海辺での絶景夕陽が楽しめそう。

 TBSテレビの番組「あさチャン」で10日、秋にしか見られない日本で3か所のおすすめ絶景として①「国営ひたち海浜公園」(茨城県ひたちなか市)に植栽されているコキアの紅葉②福井県大野市にある「越前大野城」の〝天空の城〟③「宮地嶽神社」参道石段最上部から10月18日ごろ年に2度しか見られない 〝光の道〟の夕陽絶景が、ビデオ映像や観光客のインタビューを交えて全国放送されました。「宮地嶽神社」では15日から23日まで9日間、「光の道〝夕陽の祭〟」を開催、参道石段を16時に封鎖して一般観覧席にし、別途設ける有料の祈願特別席(150席限定)を予約受付中で、参道を照らして沈む夕陽絶景が見られる18日の参道石段一帯は見物客で混雑が予想されます。

 このため、「海とまちなみの会」では、〝光の道〟として全国的に有名になるまでは牧歌的な夕陽景観を〝知る人ぞ知る〟夕陽絶景ファンの市民と素朴に観賞してきた原点に立ち返り、参道石段から1.4Km突きあたりの宮地浜「夕陽風景時計」=写真②=前でだれでも静寂の中で楽しめる夕陽を観る会の開催を決定。会員は参加無料ですが、一般参加の方は予約申し込みとガイド・資料代200円が必要です。問い合わせは、「海とまちなみの会」事務局・電話090-7451-8063の担当吉村へ。

 

写真②:宮地浜「夕陽風景時計」設置位置図

  18日の「夕陽を観る会」では、夕陽の沈む方角、時刻と水平線の島々や半島などのパノラマ風景が分かる「夕陽風景時計」を考案した緒方義幸・「海とまちなみの会」景観デザイン委員会委員長が、「宮地嶽神社」参道上を斜めに沈む太陽の軌道図を示しながら、2月23日ごろと10月18日ごろの年に2度だけ数日、参道を夕陽が照らして沈む絶景が見られる理由を解説。この後、沈む夕陽を観賞、写真撮影を楽しみ、同6時解散します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 〈催事〉0457:〝光の道... | トップ | 催事〉0459:宮地浜「夕... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。