赤丸米のふるさとから 越中のささやき ぬぬぬ!!!

勧進帳の真実、富山県高岡市福岡町赤丸村の消された歴史―「越中吉岡庄」「五位庄」

🔴🔸 『越中五位庄赤丸村』 ⇒ 古代から続く越中の「古都」!!

2017-05-21 | 旧町名 富山県西礪波郡福岡町赤丸

赤丸村は、白河天皇の時に京都の上賀茂神社の庄園になってから、藤原摂関家庄園、後白河上皇庄園、後鳥羽上皇庄園~後醍醐天皇庄園、下鴨神社庄園、足利家相国寺、等持院、等持寺と続いた富山県西部の古都。往古、門跡寺院聖護院派「川人山鞍馬寺」、赤丸浅井神社を中心として48坊の寺院が林立して、京都の七ツの神社を勘請したと伝わる。「吾妻鏡」等の様々な歴史書に登場して、幾多の戦禍の中に消えて行った「幻の古都 赤丸村」!!


●『赤丸小学校』

⇒元々、赤丸村の「皆月太玄氏」が赤丸村と石堤村の子供を集めて私塾を開き、後に「知新小学校」を開校。明治7年には赤丸村、花尾村の子供を対象に「赤丸小学校」を設立。昭和40年(1965年)、福岡町との合併により福岡小学校と統合して廃校となる。


正月には、家々の床の間に加賀藩前田家の先祖の梅鉢紋が書かれた「菅原道真像」が飾れて、子供達は学問の上達を願ってお参りした。






●「後白河上皇」の「後院領」⇒「越中吉岡庄」から「越中五位庄」となった赤丸村





●「延喜式内社五位庄郷社赤丸浅井神社」



●「赤丸村」の史跡





●名工「宇多国光」の工房が在った「赤丸村」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

🔷🔹越中の延喜式内社『ウバラ神社』とは? ⇒「東大寺庄園越中杵名蛭庄」と『荊原里』

2017-05-21 | 富山県高岡市

「東大寺庄園越中杵名蛭庄」は現在、学会では「高岡市伊勢領、狼、市野瀬地区」に比定されているが、現地を調べるともう少し小矢部川寄りの高岡市立野、池田、高田島辺りに該当する様だ。「赤丸浅井神社」の伝承では、往古、小矢部川自体が赤丸浅井神社前の西山の麓を流れており、福岡町鳥倉村から高岡市石堤、国吉辺り迄、西山のすぐ麓を流れていた様だ。その為、この杵名蛭庄ももっと西山寄りに立地したと見られる。





■【十禅師】とは?
辞書を繰ると、『十禅師』とは【日吉山王(ヒエサンノウ)七社権現の一。国常立尊(クニトコタチノミコト)からかぞえて第十の神にあたる『瓊瓊杵尊』(ニニギノミコト)を、「地蔵菩薩」の権現とみて名づける。】とされている。
高岡市福田の『ウバラ神社』はこの『十禅師』を祀り、『延喜式内社荊波神社』と書いて『ウバラ神社』と呼ばれている。その経緯としては、この福田庄が南北朝の頃に比叡山系の妙法院の庄園になっていたからだと云う。比叡山には七社権現の一つとしてこの『十禅師』を祀っている事から、「高岡市史」の様に高岡市福田の「荊波神社」は延喜式内社では無いとする意見がある。


高岡市万葉歴史館の解説では【現在「荊波神社」と称する神社の所在地は富山県砺波市池原、西礪波郡福光町岩木、高岡市上北島(通称は福田ウバラ神社と云うが、実際の地番は高岡市和田954番地)などがある。このうち、神護景雲元年(767)の東大寺領「越中国礪波郡井山村墾田地図」の記載から、荊波の里は井山村近接の砺波市池原とする説が有力である。】と解説している。しかし、「富山県神社誌」(※神社庁)に拠ると、福田の『ウバラ神社』以外はその祭神が越中砺波郡の語源にもなっている大伴家持の後に越中国司になった「利波臣志留志」の祖先の「彦刺方別命 ヒコサシカタワケノミコト」になっている。又、砺波市池原の「ウバラ神社」は藩政期には「白山神社」と称していたという記載も見られる。
高岡市万葉歴史館が根拠としているのは、万葉集で大伴家持が
「墾田地を検察する事に縁て、礪波郡の主帳多治比部北里(タジヒベノキタサト)の家に宿る。ここにたちまちに風雨起こり、辞去得ずして作る歌一首
【夜夫奈美里(ヤブナミノサト)に宿借り 春雨に 隠りつつむと 妹(イモ)に告げつや】
二月十八日に、守大伴宿禰家持作る。」と言う一句を根拠に、この「荊波(ヤブナミ)の里」は位置からして、砺波市池原と結論付けている。

高岡市は一貫してこの様に高岡市福田の『ウバラ神社』は延喜式内社では無いとしている。
しかし、東大寺庄園の中に越中砺波郡に在った庄園で「杵名蛭庄」(キナヒルソウ)と云う庄園が在ったが、正倉院に伝わったこの絵図を調べると、その隣接地に『荊原里』と記載されている。という事は、この庄園は『ウバラの里』に隣接して立地して、その字は『荊原』と記載されている。又、延喜式内社の一覧表の中には福田の神社のみに『ウバラノヤブナミ』 とフリカナのあるものも在り、この註記からすると『荊原里の荊波神社』という事になる。

『延喜式』は律令制度の中の法律に当たり、醍醐天皇の時の延長五年(927年)に奏進され、その後40年を経過した康保四年(967年)に施行された。この間の延長八年(930年)には醍醐天皇が崩御され、その後、朱雀天皇を経た村上天皇崩御の後になって初めて施行されると云う長い時間が掛けられた。その中に記されていたのが『延喜式神名帳』と云う『国家の神々を祀った神社の一覧』即ち、国から幣帛(ヘイバク)と言う捧げ物が届けられた神社の一覧表で在る。従って、その祭神は国家的な神々ー即ち、皇室の重要な神々で在り、それは『神代の神々』で在る。ここで考慮すべきはその『祭神』が『人皇初代神武天皇以前の神々』で在った事で在り、「利波臣」の祖先の「彦刺方別命」は確かに「孝霊天皇の子」で在り、皇室系の一族ではあるものの「人皇第七代天皇」の子孫に当たり、これ等の神々には該当しない。
従って、「延喜式」に記載された『荊波神社 ウバラジンジャ』の祭神とは考えられないのだ。



又、もう1つはその読み方で在る。「荊波」と記載してそれを「ウバラ」と読んでおり、どう考えてもこの字は「ヤブナミ」としか読めない。そこでヒントになったのが、「神名帳」のフリカナの「ウバラノヤブナミ」で在る。文字通りに解釈すれば、「荊原里に在る荊波神社」という事になる。しかし、学者諸氏は「荊波神社」は「荊波里」に在るべきだと云う先入観念が在り、その神社が「荊原里」に在るとは考えられないのだ。

従って、これ等を総合すると、「延喜式内社 荊波神社」は「荊原里」が在った高岡市福田に在ったと考えられる。と言う事は、この「東大寺庄園杵名蛭庄」が、高岡市福田の隣接地に在った事になる。
(※もう1つの疑問点は、「福田神社」と言う名称の神社が別に高岡市立野地区に在り、この神社が元々の地主神とすれば、通称「福田荊波神社」は元々の「福田庄」の地主神では無いと言う事になる。⇒実際の地番は「高岡市和田954」)



この事を検証するのに重要なヒントは、この杵名蛭庄の絵図には「速川」と言う記載が在る。これを小矢部市が所有する最古の越中絵図とされる「越中四郡絵図」に当てはめて見ると、その中には「ソフ川」と言う川が流れており、その川を現在の河川名に置き換えると「祖父川」になる。他の河川の状況や庄園内の三ヶ所の神社の表示もほぼ現在の高岡市立野周辺の神社の位置と適合する。しかも、この「祖父川」の下流の小矢部川との合流地域は現在も「高岡市早川」と呼ばれている。又、この庄園図には「石黒川」、「石黒上里」、「石黒中里」の表示が在り、「越中石黒氏」との何等かの繋がりを感じさせる。

実際に現地を当たると、立野地区の隣接地に東石堤地区が石堤村の飛び地として残されており、そこには「野バラ」【= 昔は荊(ケイ)と呼ばれた】が一面に繁茂した小さな森が在り、どうもこの敷地は高岡市細池の池田家に伝わった「イバラの宮」の跡地写真とソックリで、その庭には「地蔵菩薩の板光背」だけが残されている。福田の「ウバラ神社」は何処から移転して来たかは分からないとされ、池田家は「イバラの宮の祭神が何処へ持ち去られたのかは分からない」としている。この名前が良く似ており、しかも、福田のウバラ神社の祭神が「十禅師の本地仏の地蔵菩薩」で在る事から、この福田ウバラ神社は国人領主の池田家が祀って来た「イバラの宮」と判断して先ず間違いは無い様だ。



以上の三点を総合して判断すると、「延喜式内社荊波神社」は高岡市福田の神社で在り、砺波市や福光町の「荊波神社」は、郷土の英雄の「石黒氏の祖先の利波臣志留志」と万葉集に出てくる「夜夫奈美里」の地名が合体して創作された伝説と見られる。万葉集に登場する「夜夫奈美里」は「野バラやグミの様にトゲの在る植物が繁茂していた地域」を表し、それが「荊波」と即、一致するかは分からないものの、他の地域には「薮波」と言う地域も在り、「夜夫奈美里」も一ヵ所には限定出来ないのかも知れない。

言える事は、「延喜式神名帳」を論ずるのに、学者はその祭神も調べずに議論している事で在り、高岡市福田の「荊波神社」の祭神は「延喜式内社二上射水神社」と同じ「ニニギノミコト」 を祭神としておりその祭神の「格」からしても、福田の「荊波神社」を「延喜式内社」と認定できると思う。更には、この福田の神社の正式の書き方は神名帳のフリカナ通り「荊原神社」で在り、「荊波」の「荊」が共通する事から、民衆の間で誤って伝えられた事が在ったのかも知れない。

(※参考)高岡市和田は加賀藩になった時に赤丸村の西部の農民を移住させて開いた村で在り、国人領主池田氏は元々、赤丸浅井神社前に屋敷を構えていたが、「所払い」になって国吉郷に移ったとされる。高岡市東石堤地区や高岡インターチェンジ周辺の池田地区はこの池田氏が開発したと伝わり、この辺一帯はその昔、池田氏の所領で在った可能性が高い。因みにこの池田氏は高岡駅南の総持寺の敷地も寄進したと伝わる。近くの羽広諏訪神社の拝殿は赤丸浅井神社の拝殿を移設したもので在る。
(※「所払い」; 追放の者を匿う事、奇談・異説を触れて人を集めた場合の罪で、その住んでいた村への立ち入りが禁止された刑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

🔴[吉岡庄]考⇒後白河上皇の荘園「越中吉岡庄」(※富山県赤丸村他)の地頭「成佐」とは?

2017-05-21 | 富山県高岡市福岡町赤丸村
天武天皇の子孫で名門の「高氏」の祖の「高階成佐」がいた。「高階系図」の検討を試みる。


「吾妻鑑」に記載されている「越中吉岡荘に関する後白河上皇への源頼朝からの書状」



吉岡川は吾妻山から桃井郷を通過し利根川に注いでいる。

「富山県史」「吾妻鑑」に記載されている「吉岡庄の地頭成佐」については経歴不詳の人物として扱われ、人物に触れた著作は無い。後白河上皇の「後院領」の「越中吉岡庄」の地頭として福岡町加茂村の吉岡谷に館を構え、「吉岡館の東砦・西砦」を築いていたと云う。
後白河上皇の近習の吉田経房から苦情を受けた源頼朝は早速に是正する旨の報告書を上げている。こうしてみると、後白河上皇の時代に源頼朝と比較的親しい人物が想定される。
「保元の乱」に勝利して藤原氏長者藤原頼長から後白河上皇は「越中吉岡庄」を取り上げ、収穫物を自らの設けた蓮華王院(三十三間堂)に寄進したが、地頭からの上納が少ないとして頼朝に苦情を訴えた。これに対して頼朝は「復興が進まず収穫が伸びない」旨を伝え、地頭の「成佐」を替える事を約束している。この「成佐」が福岡町大滝地区を開発したとの伝承も有る。検校の塙保己一が編纂した「群書類従」に「高階氏系図」があり、この中にこの時代の人物で「高階成佐」という人物がいる。埼玉県には元「高階村」が有り、群馬県には「利根川」に流入する「吉岡川」が有って現在は周辺が合併して「吉岡村」から「吉岡町」になっている。
「高氏」は「高階氏」の別れで、新田氏や足利氏と同じ源氏の一族であり、成佐の子の惟章(これあき)は子供がいなかった為、八幡太郎義家の4男の惟頼(これより)を養子に迎え、家を継がせた。惟頼は何人かの兄弟がおり、そのうちの義重は新田氏の、義康は足利氏のそれぞれ祖となっており、高氏はその系譜からすると新田氏や足利氏とは兄弟の家筋という関係に有った。
「高階氏」は天武天皇を祖とし、大津皇子、高市皇子、長屋王、桑田王や舎人親王を輩出した系統で、成佐の子の高階惟章が八幡太郎義家の家人をしていた時に義家の三男源義国に従い下野国(栃木県)に住まいして「高氏」と名乗り、義国の子孫の足利家執事となった。成佐の母は在原業平の娘で父の高階業遠(965-1010)は越中守、美濃守、丹波守、正四位下春宮亮を務めている。成佐については筑前守の記載があるが父の経験した越中守の記載は無い。高階成佐の妻は冷泉院判官代、鎮守府将軍の源頼信の娘で「冷泉局」と呼ばれ、建春門院(左大臣平時信の娘で滋子、清盛の妻の平時子の異母妹、兄は平時忠、後白河天皇の后、高倉天皇の母、安元2<1176>年7月死去)の女房で建春門院の姉とも云われる。(※建春門院の父の平時信の兄弟は「平範記」の著者の「平信範」。「平範記」には「越中吉岡庄」が「後白河上皇の後院領」に没官された記載がある。)吉岡成佐の居館が在った吉岡谷の至近距離の舞谷集落には源氏の氏神の「八幡社」が現在も鎮座して近郷の信仰を集めている。「保元の乱」で藤原頼長と崇徳上皇を破滅させた「信西」は元々は藤原氏だが父が早くに亡くなった為、高階家に養子に入り、高階成佐の一族になっている。

「平範記」(※原題は「人車記」;近衛家伝来の陽明文庫所蔵)に記載される「越中吉岡庄」





「高階成佐」の女房の「冷泉局」は、後白河上皇に近侍し、九条兼実著の『玉葉』には「伝え聞く、摂政[基通]二ヶ条の由緒あり、動揺すべからずと云々、一は、去月二十日比、前内府[宗盛]及び重衡等密議に云はく、法皇を具し奉り、海西に赴くべし。若しは又法皇宮に参住すべしと云々。かくの如き評定を聞き、女房を以て(故邦綱卿愛物、白河殿の女房冷泉局)、密かに法皇に告げ、この功に報いらるべしと云々。」と記載され、平家の都落ちの情報を後白河院に通報して危機を救っている。後白河上皇の寵妃の丹後局も「高階栄子」という高階一族であり、養和1 (1181) 年法皇の子覲子内親王 (宣陽門院 ) を産み,院の執権・実力者として政治にも関与し親幕府派の九条兼実らに対抗した。
(✳「高階氏系図」に拠れば、高階成佐の年代と妻と記載されている冷泉局の年代のズレが大きい。冷泉局については後白河上皇や建春門院に近侍した記録が有るが、高階成佐の業績については筑前守以外の記録が無い。しかし、「玉葉」に記載される「邦綱卿」は藤原邦綱(保安3年1122年-治承5年1181年)の事で藤原忠通の家司となり、娘は六条、高倉、安徳天皇の乳母として、本人は白河殿盛子(関白近衛基実の室)の後見人となり、息子を平清盛の養子に出した人物である。この記載では冷泉局は藤原邦綱の愛人だったと云う。従って、夫が高階成佐とされる冷泉局は別人なのか?)

高階氏と同族で源氏の足利一族の桃井氏が拠点としていた群馬県内には「吉岡川」が流れる。吉岡川周辺は「吾妻鏡」に記載される源氏が拠点とした地域だ。高階成佐の女房の「冷泉局」が後白河上皇に近侍して源頼朝とも交流があった事等から、時期的にもこの「成佐」(吉岡谷の成佐?)と呼ばれた人物は「高階成佐」に重なって見える。
◎「高氏」の「高師直コウノモロナオ」は南北朝期に足利尊氏に近侍して政界を牛耳り、反発する尊氏の弟の足利直義と対立した。足利一族の桃井氏、斯波氏も巻き込んで「観応の擾乱」が起こる。足利直義に味方した足利一族の桃井直常は群馬県吉岡川沿岸の桃井郷に城郭を構え、越中に進出して各地に松根城・増山城・加茂城等の城郭を備え、最後は「五位庄の戦い」で敗れて行方が分からなくなったと云う。(※「群書類従」の中の「花営三代記」に記載)墓所は富山市内にもあるが、群馬県吉野町にも足利一族桃井直常夫妻の墓所が在る。群馬県大田市は足利一族の新田氏の本拠地の「新田荘」が在った場新であり、群馬県、栃木県、埼玉県には源氏の根拠地が多い。

赤丸村には桃井直常の三男が創建した「西大寺」が在ったが、後には高岡市の佐野地内に動き、更に現在は高岡市の木町に動いている。この寺は、幼かった直常の三男が奈良の西大寺に預けられ、成長して西大寺の寺号を与えられて越中に赴き、桃井氏所縁の松根城近くに当初、寺坊を建立したのが初めと伝わる。(※高岡市木町「光釜山西大寺」に伝わる伝承。)
赤丸の浅井城の城主中山氏や畠山氏も源頼朝に従った秩父平氏で、一時期越中を鎌倉公方から賜わり、高岡守山の光源寺を開基した成田氏もこの付近を拠点としており、関東を拠点とした源氏や、秩父平氏と云われる秩父を拠点とした平家等が北陸に展開しており、関東と越中は特に繋がりが強い。(赤丸の寺院で「赤丸在住の藤原直家が父親の法要を営んだ」と記してある「光源寺東海和尚録」が富山県史に掲載されている。成田氏は映画「のぼうの城」の舞台になった「忍城」の城主で在った。)
※「赤丸名勝誌」に、「浅井城の城主石黒氏は北条氏を忌みて新川に去る。」と記載されており、秩父平氏の中山次郎重実の子孫が鎌倉幕府の北条氏の勢力として赤丸に来た事が記載されている。
足利氏は古くから能登に荘園を領有しており、将軍足利義材が名越氏の支援で新湊市に臨時政権を作ろうとする等、中世の越中は天皇と幕府の双方にとっても重要な地域で、河内、紀州、越中、能登を領有し中央政権で重きを為した畠山氏の影響下でも重要な地域であった。《✳源頼朝の下で活躍し、陰謀で追われた秩父平氏畠山重忠亡き後、足利義純がその未亡人(北条時政の娘)と婚姻して畠山氏の名跡を継ぎ、その後は源氏系畠山氏となった。畠山氏は室町幕府菅領となり、幕府の要職を務め、後には後継者争いから応仁の乱を惹き起こす。》
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

🗻♍⛎「伊勢神宮・出雲大社・赤丸浅井神社の神々」と「謎の古代文書」--日本の始まり!!

2017-05-20 | 旧町名 富山県西礪波郡福岡町赤丸

「日本古代文書の謎」(※鈴木貞一著)に記載された日本の古代の謎について調べてみると、以下の様な内容の記載がある。孔子の弟子の「子路」は儒学の「徐氏八十七代目」だがその子孫の「徐福」は秦始皇帝に仕え、「東海に不老不死の良薬を持っている神仙がいて、これを飲めば千万歳の寿命を保つ事ができる。」と提案し、自ら探しに行きたいと申し入れ、始皇帝はこれを許した。そして、始皇帝三年(西暦前二四四年)、男女五百人を連れて日本を目指したと云う。孝霊天皇の時、日本にやって来て武内宿祢、矢代宿祢等と殆どの神官がその学生になった。この徐福は日本の古代史に関心を持ち、十二史談を作った。徐福の長男は福岡、二男は福島、三男は福山、四男は福田と称した。この徐福の書を原本として書かれた「宮下文書」なるものを三輪義凞氏が発見し日本人は約五千年前に大陸から渡ってきた事を明らかにされた。この「宮下文書」を活字本にしたのが「神皇紀」と名付けられた。宮下家は天照大神が富士に太神宮を創設し大国主命を初代とする月読命、須佐之男命、宮下家と続く「大宮司家」であり、明治初年で156代4700年続くと云う家系だと云う。この書はいわゆる天皇家の神話時代2600年の記載である。この時代を「神皇時代」と呼び、第一から第五の神朝が有ったと云う。第一神朝は「天峰火夫神(アメノホホヲノカミ)」、第二神朝は「天之御中主神」を初代とし、その子の内、「高皇産穂男命」は後継者となり、弟の「高中守主神」を「左守大神」とし、もう一人の弟の「高下守主神」を「右守大神」として「高皇産穂男命」を守り仕える事になった。※これが後の右大臣、左大臣の始めとなる。 第二神朝第15代目に「高皇産霊神」が有った。この神は別名「天之神農氏神」「農作比古神」と呼ばれ、農作業の神で有ったようだ。第三神朝は高皇産霊神の第五皇子「国常立命」を初代とし、高皇産霊神は国常立命を伴い対馬、壱岐、九州、隠岐、佐渡を経て越路(越後、越中、越前の分かれる前)、能登、加賀から若狭に入り、但馬、稲葉、播磨、美濃(三野)、三河、駿河を経て煙を吹く蓬莱山に至り、「高砂の不二山」と名付け、高き地に火の燃えかつ日に向えるにより「日向の高地火峰 タカチホノミネ」 と名付けられたという。そしてこの大原野を「高天原」と名付け、初めての都として「阿祖原、阿祖谷」と名づけられたと云う。この後、兄の「農立比古命(国常立命 クニトコタチ)」は飛騨、越後、越前の北部と富士山より西の国を治め、弟の「農立比古命(国狭槌命 クニサツチ)」は今の富士吉田市の「富士高天原」を帝都とし、富士山の南・東の国を治められた。そしてこの国を「四季島」と呼ばれたと云う。 (※日本の国の枕言葉の「敷島」の語源か? ) (国常立命の皇女は「白山比女命」と云う。国常立命の甥[※国狭槌命の第五子]の「伊弉諾命」に嫁ぎ「伊弉再命」と称した。) 「国常立命」の亡き後は「国狭槌命」が継がれたと云う。第四神朝は「天照大神」(伊弉諾命と伊弉再命の長女)を初代とし、国を「瑞穂国」と名づけられた。 (※伊弉再命の時代は草葉を纏うだけであったが天照大神は草葉を打ち柔らげられ、これを編んだ衣服を着用したと云う。) 五代大戸道命の長子「大国主命」※諱を「大巳貴命 オオムナチ」と云う。  天照大神は全国を巡行して国民に様々の職業を教え励ますように大国主命に大槌と大熊皮の大袋を授けられた。この大槌で根気よく打って諸々の職業を勉励せよと仰せられ、これを「打手の根槌 ウチデノコヅチ」と名付けられ、大袋は寿命を長く保ち根気良く職業を勉励せよとして「寿命根袋」と名付けられたと云う。又、「大国主命」は全国から牛、馬、鹿の十分の一を取り立て天照大神に貢ぎ、税の収納職も務められたと云う。従って、「大国主命」は全国の職業指導、商業の神となり、徴税を担当した神と云う。高皇産霊神の曾孫に「多加王(須佐之男命)」と云う者有り、高天原を占領しようとして攻め上ったが、大巳貴命は兵を集めこれを打ち破り多加王を捕縛したが、天照大神はこの争いを嫌って「天岩戸」に引き籠られた。神々が「天岩戸」の前で踊りを舞い天照大神が出て来られた時、「手力男命」が御手を取られ日向の大宮に遷幸された。 (※この時に「天岩戸」に天照大神が戻られないように張った縄が「しめ縄」の意味と云い、縄の端部は片方だけが切られたものが正式と云う。)  大巳貴命は多加王を出雲国へ追い、多加王は出雲国で国内を平定し瑞穂国の神宝を造ろうとして、鍛冶の上手な叔父の「剣刀知」に習い全国から金、銀、鉄を掘り集めて手力男命と共に工夫を重ねて「室雲の剣、八太羽の鏡、宝司の御霊」を造り天照大神に納められた。その功績を以って天照大神は多加王に「須佐之男命」の諱を授け、剣刀知に「金山比古命」の諱を授けて見野国(ミノノクニ)の不破野を与えられたと云う。 天照大神は大国十八州、小国四十八国を定められ、「四季島」を八州に分けられた。これより「四季島」(※敷島)は「大八洲 オオヤシマ」と呼ぶ事になった。 又、天照大神は国宝典礼を定められ罪人を教戒する為に出雲国に獄舎を設けこの監督を「須佐之男命」に命じられ、これを「天獄」と呼び、1000日毎に諸国の神が出雲に集まり、その改心の状況を判断して処罰を決められた。その会合の為に出雲に大宮を建て、天照大神は「須佐之男命」の女の「出雲比女命」を桑田の宮に招いて国祖の国常立命(豊受大神)の宮を守護させられた。「出雲比女命」が亡くなるとその神霊を祀り「出雲大神」と称した。第五代目の宇家潤不二合須命(ウガヤフキアワスノミコト)は伯父の「海佐知比古」を西征の総元帥として「阿曾武命」を海軍の総大将として外寇と戦いこれを平定して九州に神都を定め、これを日向高千穂峰と名付けられた。(※この時代をウガヤフキアワス朝と呼び、五十一代続いたと云う。) 「神武天皇」が皇子の時、東国で反乱有り、それを鎮圧して大和国橿原の宮に於いて即位され、国名を「大日本国」と改め、年を即位紀元一年と改め二月十一日に即位してこの日を「紀元節」と定められた。
第五の現代朝の初めの神武天皇の時から「神皇」の呼び名から「人皇」と呼ぶ様になったと云う。 (※「神武紀元(皇紀)」は戦前まで使用され、その数え方によると平成26年は皇紀2674年になる。) 神武天皇は十八州、小国四十八国を改めて五十六国とし、これを東海、東山、北陸、山陰、山陽、南海、西海の七道及び御家内国五国の八区分を設けた。御家内国は大和、山背、川地、泉水、摂津の五国でありこれを天皇直轄地と定められた。七道と御家内国には国造を置き、小国には県令を置き、郷には郷師を、村には村長を置かれた。又、全国を三十一県として各県に県令を置かれた。 ○第二神朝の時に定められた右大臣、左大臣は神武天皇の時も続き、左大臣家は「天太玉命(初代)--天太種主命--天大食雄命--稚武王命」と続き、その子孫は各地に分散して、後に、「物部氏、大伴氏、蘇我氏」となり、右大臣家は「天児屋根命(初代)--大政守命--武頭守主命--大物主命--玉柱屋命」と続き、玉柱屋命の子孫から摂政関白家の「藤原氏」が出たと云う。 ●以上の説明は宮下家に伝わる「宮下文書」の解釈であり、他の古文書とは必ずしも一致しないが、日本の歴史を知る上で興味深い事が書かれているのでご紹介した。赤丸浅井神社の由緒を調べる中で「宮下文書」のこれ等の説明が参考になる。赤丸浅井神社は神々に指示をされた「高皇産霊神」を祭神として祀る格式の高い神社で、「赤丸浅井神社由緒」によれば、この宮を創建された「元正帝二宮」は東国33ケ国を統治されたと云う。神武天皇以前は全国で66ケ国が有ったと云うから、この由緒の国数は古い国数だろうか? 「元正帝二宮」は蘇我氏の系統の「石川朝臣広成」であり、藤原氏系統の「元正帝一宮」の「首皇子」(後の聖武天皇)は西国33ケ国を統治されたと云う。この事は正にこの右大臣、左大臣の記載と符合する。又、「高皇産霊神」が農業の神であるなら、赤丸浅井神社のもう一柱の祭神の「八河江比売」は大国主命の妻で水の江に祀る神としての水神で有った事が分る。 (※元正天皇は聖武[首皇子 オビト]の事を「吾子」と呼び、『続日本紀』の宣命で聖武の事を神亀元年二月詔では「吾子美麻斯王 アコミマシオウ」と呼び、神護景雲三年十月詔では「朕子天皇 チンノコテンノウ」と呼んでおり、元正天皇は母として扱われている。従って、元正天皇と石川朝臣広成との関係は皇子ではないものの同じ文武天皇の第二王子である事から「子」に準じて扱われた。元正天皇は勅令を出して[天皇の子は全て【親王】とする]とされて、臣下に下った石川朝臣広成も【親王】とされている。) (※吉岡庄内の中で赤丸村の隣接地に「麻生谷 アソヤ」という場所が有る。第三神朝の高皇産霊神の第五皇子「国常立命」が初めての都として「阿祖原、阿祖谷」と名付けられた事とも関連しているか?) (※富山県高岡市の旧吉岡庄?のエリアで赤丸村の近接地に「福田荘」や「福岡町」が有り、秦からやって来た「徐福」の子供が「福田」、「福岡」と称したと云う事とこの地名は何か関係が有るのだろうか?) 《参考》「続日本紀」(須佐乃男命の乱暴狼藉に怒り、天の岩戸に天照大神が引き籠り賜う事)素戔鳴尊の為行(しわざ)、甚だ無状(あつきな)し。何とならば、天照大神、天狭田(あまのさなだ)・長田を以て御田としたまふ。時に素戔鳴尊、春は重撒種子(しきまき)し、(重撒種子、此をば璽枳磨枳と云ふ。)且畔毀(あはなち)す。(毀、此をば波那豆と云ふ。)秋は天斑駒(あまのぶちこま)を放ちて、田の中に伏す。復天照大神の、方(みざかり)に神衣(かむみそ)を織りつつ、斎服殿(いみはたどの)に居しますを見て、則ち天斑駒を剥ぎて、殿の甍を穿ちて投げ納る。是の時に、天照大神、驚動きたまひて、梭(かび)を以て身を傷ましむ。此に由りて、発慍(いか)りまして、乃ち天岩窟(あまのいはや)に入りまして、磐戸を閉して幽り居しぬ。故、六合(くに)の内常闇(うちとこやみ)にして、昼夜の相代も知らず。時に、八十万神、天安河辺(あまのやすのかはら)に会ひて、其の祷るべき方を計ふ。故、思兼神(おもにかねのかみ)、深く謀り遠く慮りて、遂に常世の長鳴鳥を聚めて、互に長鳴せしむ。亦手力雄神を以て、磐戸の側に立てて、中臣連の遠祖天児屋命忌部の遠祖太玉命、天香山の五百箇(いほつ)の真坂樹を掘(ねこじにこ)じて、上枝には八坂瓊の五百箇の御統を懸け、中枝には八咫鏡(一に云はく、真経津鏡といふ)を懸け、下枝には青和弊(あおにきて)、(和弊、此をば尼枳底と云ふ。)白和弊を懸でて、相与に致其祈祷す。又猿女君の遠祖天鈿女命、則ち手に茅纏の矛を持ち、天石窟戸の前に立たして、巧に作俳優(わざおき)す。亦天香山の真坂樹を以て鬘にし、蘿(ひかげ)(蘿、此をば比舸礙と云ふ。)を以て手繦(手繦、此をば多須枳と云ふ。)にして、火処焼き、覆槽(うけ)置(ふ)せ、(覆槽、此をば于該と云ふ。)顕神明之憑談(かむがかり)す。(顕神明之憑談、此をば歌牟鵝可梨と云ふ。) (※[中臣氏] 藤原氏、斉藤氏の祖。越中の井口氏、林氏、石黒氏等。) (※[忌部氏] 天太玉命は高皇産霊神(たかみむすびのかみ)の子。 この氏族には、『古語拾遺』を編纂した斎部 広成、越前忌部氏の支流で福井県丹生郡越前町織田の劔神社の神官を祖とする織田信長、後藤田氏等が居る。「越中志徴」には「赤丸の喜田氏が信長に通ず」との記載が有り、赤丸浅井神社の祭神が「高皇産霊神」である所から織田氏の崇敬を得た為だろうか? 古い文書には赤丸浅井神社には[気多神]も祀られていたとするものもある。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

🔴佐々成政の馬印「三階菅笠」と宮中祭祀にも使われる越中五位庄に伝わる「菅笠」文化 !!

2017-05-20 | 富山県高岡市福岡町赤丸村
《越中に関わる戦国武将》 ※「織田信長肖像に見られる菅笠」

「宮中祭祀に使用される菅蓋(菅笠)」



元々、越中の歴史の中で織田信長の家臣の佐々成政が領主の時代が有ったが、佐々成政は有名な「三階菅笠」を馬印にした武将で有った。加賀藩の歴史の中では前田家と争った佐々成政の業績は徹底的に削除され、「小百合伝説」等で佐々成政は悪逆非道の領主として言い伝えられる事になった。当時の社会では、不義密通、もしくは立証できなくても「ウワサ」でも「女敵討ち」というルールが有り、「二つに重ねて叩き切る」というルールが有り、成政はこの「法」に従った迄であった。佐々成政は有能な政治家で有り、佐々堤等の護岸工事等で民生にも力を尽くした君主であったが、占領軍の加賀藩は佐々成政の業績を徹底して消し去り、越中を「越中さ」として蔑む文化を根付かせ、加賀は長い間越中に重税を課して、加賀の華麗な文化とは違う貧しい文化を越中に強いてきた歴史が有る。越中菅笠はあたかも加賀藩の政策で広がった様に喧伝されているが、実は「佐々成政」は「馬印」に著名な「三階菅笠」を使っており、「佐々成政」の時代に既に越中にもたらされた文化なのかも知れない。では、何故、越中西部に菅笠文化が栄えたのか?
ちなみに、「佐々成政」が生まれた名古屋市の比良城は、赤丸浅井城を居城とした越中石黒氏が南北朝の戦いで敗れた後、各地を放浪した後に尾張に開いた「如意城」の近所で有り、佐々氏と石黒氏(如意城では長谷川と名乗っていた。)とは尾張時代から親交があった可能性が有る。特に石黒氏が拠点としていた越中の西部に菅笠文化が広がっていたのは、加賀藩直轄地という事も有るが、佐々氏と石黒氏の関係が有ったからではないだろうか? 金沢では越中の菅笠を取り扱った地域の名残の「笠舞」「笠市町」等の「笠」を冠した地名が残り、加賀商人は越中の産物を独占して販売して利益を得ていた。加賀藩の占領地としての越中西部では金沢の商人によって米、笠等の商品が取り扱われ、越中では過酷な下請け作業と重税に苦しめられ、わずかな隠田によって情け容赦なく罪人とされた。赤丸村の住民を移動させて開いた高岡市和田新村の「和田佐助」も「隠田の罪」で処刑されたと云う。
 ※越中石黒氏は織田信長に臣従する姿勢を示したものの一族の中には依然抵抗する者が居たため、信長に呼び出されて向かう道中で一族全員が信長の命で誅殺されている。


絵図に見られる佐々成政と馬印 
※成政の前にいる武将は前田利家








「大井神社由緒」 【石黒大炊助藤原重行は、後醍醐天皇の皇子宗良親王を木船城に迎え、建武の中興に功績のあった越中国余呉郷貴船城主石黒越中守藤原重之の子で、勤王の志を継ぎ度々兵を挙げたが、遂に越中国を去り、一時奥州へ移る。本殿は、重行の子石黒右馬頭藤原朝房が、嘉吉2年(1442)に再建する。 大井神社御祭神:罔象女命、速秋津彦命、速秋津姫命   相殿神:塩竈六所大明神】
※「越中国余呉郷」は射水市では「名古」としており、「赤丸村浅井神社」では「阿古」と解釈している。「阿古」は、往古「赤丸村浅井神社」の前に広がっていた庄川と小矢部川の合流地点の「阿古ケ淵」に拠るものとし、「阿古」は合流地点に住んだ竜の「悪王」と考えられているが、本来は「赤丸村浅井神社」の御創建の「元正天皇の二宮」の事を、親代わりで有った元正天皇が「我子」と呼んだ事から「吾子」になったものと見られる。(※聖武天皇の即位の際に「吾子」と宣命で読んでいる。「続日本紀」参照)
※赤丸浅井城は越中石黒氏が造営し、代々居城としたと伝わる。「罔象女命」は高岡市の「石堤浅井神社」の祭神にも見られ、石黒氏が居城とした木舟城の貴船神社の祭神も水神であり、奈良時代から墾田を開発し東大寺大仏造営の際に米5000石を寄進していた石黒氏の祖の「利波臣志留志」の氏神は「水神」で有った様だ。「赤丸浅井神社」には皇室系の最高神「高皇産霊神」と豊穣の神の大国主神の妻で「水神」である「八河江比賈命」を祀り、「石堤浅井神社」には水路を守る神として「罔象女命」を祀っている。赤丸村舞谷の「八幡社」には表向きは皇祖神の[応神天皇:第一五代天皇誉田別命(ほんだわけのみこと)]が祀られているが、裏には、応神天皇の父で「日本武尊」の第二子である「仲哀天皇」、石黒氏の祖と云われる「武内宿禰」、神皇ウガヤ朝の天皇の「鸕鷀草葺不合尊 ウガヤフキアエズノミコト」の妻となり「神武天皇」を生んだ「玉依姫命」を八幡三神として祀ったものと考えられる。両部神道の赤丸村「川人山鞍馬寺」の三社権現は石黒氏所縁の藤原伊勢人が建立した「京都鞍馬寺」を勧請し、主祭神の「赤丸浅井神社」には皇室系の神を祀り、脇神として八幡社には皇室の神皇時代の神々と石黒氏の祖の武内宿祢、石堤浅井神社には石黒氏が開墾の時に重要な水神を祀り、三社権現としたものと考えられる。又、藤原伊勢人が東寺の造営の任に当たっていた時、藤原伊勢人の夢に現在の鞍馬寺から近い貴船神社の神が現れ鞍馬寺を建立するよう託宣したと伝えられる事から、高岡市福岡町の赤丸村「川人山鞍馬寺」、「木舟城」や「貴船神社」はこの縁起から名付けられたものと考えられる。※「今昔物語」参照





「福岡町に菅笠の技術を伝えた伊勢の人 大野源作 の子孫、大野次兵衛 が赤丸村の小矢部川沿いの加賀藩御鷹狩場を開拓して向野新村を開く!!」

福岡町に菅笠技術を伝承したのは、伊勢の人「大野源作」と伝わるが、この子孫の「大野次兵衛」が赤丸村の小矢部川河川敷であり、加賀藩の御鷹狩場だった荒地を開墾して開いたのが「次兵衛島」、後の「赤丸村向野新村」である。加賀藩では参勤交代の途中、「五位庄赤丸の渡し」を渡り、小矢部川の河川敷で在った向野、川原地区でウサギや鳥を鷹を放鳥して捕え、「四日市の渡し」から北陸街道に戻り、一路江戸を目指したと云う。
古くから「向野新村」には小矢部川河川敷の肥沃な沼地を利用して「菅」が栽培され、小矢部川の河川敷の砂利の上は天然の「菅の乾燥場」だった。「菅の乾燥場」は集落で管理され、許可された場所・範囲の中で暑い夏季の日差しの中で乾燥が行われた。夏の日差しで熱した砂利の上に広げて表と裏を交互に乾燥し、夕方には自宅に運ぶ作業の繰り返しであった。「向野新村」では伝統の「大野笠」が制作され、大野一族の人が竹で傘骨を制作し、老人や女性が各戸に集まって「笠を縫う」姿がどの家でも見られた。向野新村の婦人にとってはかけがえのない副収入で有り、子供や老人も菅の乾燥作業や搬送を手伝っていた。ちなみに、向野新村を開いた大野源作の子孫は現在も向野新村に残っており、当代の当主で25代目と聞く。一族の大野一族は9軒が今も向野新村に栄えている事は余り知られていない。
「菅笠」は江戸時代には農作業を含め、戸外の生活には必需品だった。江戸時代に盛んになった伊勢神宮への「御蔭参り」には「菅笠、わらじ、柄杓」を持ってはるばる伊勢に向かったと云う。伊勢神宮には「御蔭参りの図」が残されており、全国から集まった数万人の群衆の頭には出身地を墨書した菅笠が見られる。伊勢の人の大野源作が五位庄に菅笠を伝えたのは、伊勢では「御蔭参り」の帰りに「菅笠」を買い求める人が多く、巨大な消費地で有ったからだろう。現在、「菅」の生産が全国的に減少し、平成25年の伊勢神宮の式年遷宮では神宝の「菅御笠」の「菅」を福岡町の重要無形民族文化財の保全を目的として立ち上げられた「菅笠制作技術保存会」が奉納し、大阪の深江で菅笠が編まれて奉納されている。宮中行事では天皇の上に翳す「菅蓋」という菅笠が用いられ、20年毎の式年遷宮では新たに「菅御笠」という菅笠や、「翳 さしは」(鳥の羽や絹・菅を張ったうちわ形のものに長い柄をつけた道具で貴人の外出時や天皇が即位、朝賀などで高御座に出る時に従者が差し出して顔を隠すのに用いられる大きな団扇の様なものも)も作られるが、今回の式年遷宮でも、この材料の「菅」は福岡町で生産された2メートルにも及ぶ優良品が伊勢神宮に奉納されている。
加賀藩士富田景周が書き記したと伝わる「加越能三州地理志稿」に拠れば、江戸時代の「五位庄」は「四日市、柴野、十日市、江道、境、山川、廣谷、勝木原、澤川、淵ケ谷、田名原、小野、六郎谷、花野(花尾)、栃谷、上栃谷、西明寺、上向田(鍛冶町・田ノ子・上野)、下向田、土屋、山岸、鳥倉、西、高畠、加茂、馬場、三日市(荒田町・大野島・大野)、赤丸(谷内・次兵衛島)、舞谷、石堤(谷内・六日市)、麻生谷、東石堤、渡、内島(池田・新屋敷)、蜂ケ島、大源寺、福田六家、六家、樋詰、柴野内島、立野町、中保、駒方、駒方新、小竹、下開発、上開発、今市、宮野腰、三ケ、後正寺、須田、壹歩貮歩(二歩)、下老子、笹川(荒又・出来野)、高田島(荒又・出来野)、福岡、四十萬、稗島、下蓑、荒屋敷、土田新、  以上 五十七村属五位庄」となっており、従来、「福岡町に菅笠が伝わり福岡町の伝承である」と喧伝されてきたが、実は菅笠文化の殆どが「五位庄」由来の文化なのだ!  菅笠技術が伝来したと伝わる「大野島・大野・立野・下蓑・福岡町」等は全て「五位庄」であり、浅井城・赤丸浅井神社を核にして栄えた五位庄の中心地の赤丸村は福岡町に合併され、今は高岡市と対等合併しているが、役場や教育機関、警察、金融機関等の都市機能を持つ出先が全て閉鎖・統合されて、現在は地域の伝承を繋ぐ組織は壊滅している。正に日本が占領政策の中で固有の文化を失いかけているのと同じ事だ。※福岡町の菅笠技術は国の無形重要文化財に指定されている。




※鎌倉時代から越中吉岡庄(後の五位庄)三日市にはあの著名な刀鍛冶集団の「宇多派」が住んでいた。現在でも赤丸村の城ケ平の山裾に「加治屋町島」という地名が残る。この地が宇多派の工房の有った場所ではないか? 三日市は正確には「五位庄赤丸村領三日市」。【註】「福岡町の民俗」福岡歴史郷土資料館長地崎淳一著

※赤丸村領高田島:越中山田郷下野村に「高田喜右衛門家」が有り、その過去帳に「木舟之城主石黒左近殿家臣高田孫兵衛由緒」として、『佐々成政に敗れた木舟城主石黒左近は江州(近江)に移り、その後、佐々平左衛門が居城したが、天正十三年には再び石黒左近が木舟城主となった。この時に石黒左近の家臣「高田孫兵衛」は後の赤丸村領高田島の地に居住していた事から現在の「高田島」という地名が残った。』と記されている。「高田喜右衛門」が元和元年(1617年)に開いたのが「下野村」である。【註】「吉江の昔と今」福光町吉江自治振興会




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

🔴 越中砺波郡「赤丸村」の郷土史の発掘と伝承の日々 。

2017-05-20 | 富山県高岡市福岡町赤丸村
加賀藩の奉行が記載した「宝永誌」に「五位庄」が「吉岡庄」に改名されたとする記載が有る。

「赤丸浅井城に元正天皇の二宮が在城された」と記載される越中の古書「肯搆泉逹録」と神話時代に触れる「喚起泉逹録」



富山県高岡市の能登半島寄りに「延喜式内社赤丸浅井神社」がある。すぐ近くには大伴家持が越中国司として赴任していた時の越中国府跡が在り、眼前には家持が「朝床に聞けばはるけし射水川舟漕ぎしつつ唄う舟人」と歌った小矢部川が流れている。この神社は文武天皇の第二皇子が(藤原不比等の策謀により臣籍へ降下させられ、兄の聖武天皇の警備を担当する内舎人という下級官吏となって、717年に「赤丸浅井神社」を創建されたと「越中浅井神社三社記」は伝える。「赤丸浅井神社」のすぐ隣地にはその居城の「浅井城」の旧跡が遺る。この人物は「石川朝臣広成」で、「続日本紀」にも記載され、万葉集にも三首が掲載されている。この人物は万葉集研究者も良く素性が判らなかった人物だが、浅井神社の縁起や祝詞等を調べる内に次第に明らかになった。奈良平城宮跡で再現された「朱雀門」には大伴氏とその一族の佐伯氏が警備した「大伴門・佐伯門」が在ったと言われるが、浅井神社の佐伯神官はその越中佐伯氏の末裔と考えられている。浅井神社の祭神は大伴一族の氏神で皇室の主要な神「高皇産霊神」で有り、神々を地上に遣わされた指令神とされる。

平成26年、金沢市の「玉川図書館」の資料から「寺島蔵人邸」の寺島蔵人が、元高岡町奉行でしかも先祖が「上杉謙信」から「安堵状」を受けて「五位庄」の領主であった事を発見した。又、浅井神社の神田が「東大寺荘園石粟図」に記載されている事からこの「五位庄」の由来を「平範記」等から調べる内に、この地区は元藤原氏長者藤原頼長の荘園「吉岡庄」で、「保元の乱」で後白河上皇の「後院領」となり「三十三間堂」の蓮華王院に寄進され、その後、後鳥羽上皇から後醍醐天皇迄伝領し、室町期には相国寺(※搭中寺院は金閣寺)の荘園にもなっていた事が判った。しかし、国のデータベースではこの「越中吉岡庄」は「所在不明」となっていた為、その場所が「越中五位庄」の前身である事の確信を得て大学共同利用法人国立歴史民俗博物館のデータベースを是正して頂いた。

又、佐々成政に従った高岡市の守山城城主神保氏張(秩父平氏二宮氏)に焦点を当てて調査した所、静岡県立図書館の資料から、神保氏張が能登畠山氏の次男で高岡市の守山城の神保氏の養子となり、織田信長の「妹」を妻とした事、守山神保氏の先祖は「秩父平家の二宮氏」であった事が判明し、謎とされた「神保氏張」や「二宮円阿」という武将にも近づいた様だ。赤丸村の隣地に「加茂城」が残り、南北朝の時に足利方の尾張斯波氏の家老に「二宮円阿」がおり、越中五位庄の戦いで南朝側の桃井氏と激戦を交わし、戦果を報告した文書に「二宮円阿軍忠状」が遺されているが、この二宮氏と高岡市守山城の二宮氏の関係は明らかでは無いものの、二宮氏は平氏の良文流で有り、畠山重忠が秩父平氏と言うことからも共通点が有り、何時の時点で分岐したものかは遠からず分かるだろう。更に、金沢市で観光案地とされている「寺島蔵人邸」の主は金沢で役職に着く前に高岡町奉行をしており、高岡の時鐘を造ったと言う。その時鐘は現在、再現されて高岡大仏寺に設置されている。この寺島蔵人を調査すると、その先祖の寺島牛介・兄弟の小島仁助は守山城の神保氏張と共に上杉謙信の家臣となり、牛介は高岡市國吉の柴野城に居城して「五位庄」を謙信から安堵されていた事が判明。その「安堵状」は金沢の寺島蔵人邸の主が寺島家文書として保管され、その写しは金沢市玉川図書館に収納されている。更に高岡市の「二上山研究」には、前田家に仕官して伏木勝興寺の周辺に兄弟共に屋敷を構えで、その一族は赤丸村に知行地を与えられていた事も判明した。しかも、その末裔とされる一族が現在も赤丸村に住まいされている事も判明した。

南北朝期に赤丸浅井城に「宗良親王」を迎えた石黒氏は東大寺大仏造営の時に米五千石 (※東大寺要録) を寄進した(※米三千石、庄園100町を寄進した→「続日本紀」)古代豪族利波臣の末裔とされ、「利波臣」については「続日本紀」にも記載され、東大寺お水取り行事でも毎年お経の中で読み上げられているにも関わらず、研究は進んでいない。「越中石黒氏の研究」については幾つかの系図が有り、それぞれの系図の信奉者により様々に主張されるが、推測、改変が多く見られ、確定したものが無い様だ。しかし、東大寺に関する文献は多く遺されており、既に相当な資料が明らかになって来ている。越中に「砺波郡」という地名をつい最近迄残していた越中の名族「砺波臣」(利波臣)については是非共全容を解明する必要がある。平成28年の高岡市福岡町民俗資料館の特別展示ではその子孫の石黒氏の居城の木舟城の歴史と共に取り上げて頂いたテーマだ。

「赤丸浅井神社」の拝殿に「源義経」の巨大な奉納額が掲げられている。そこで義経について調べると「義経記」の小学館版、岩波書店版の何れにも「如意の城とは五位の城」「二位の渡しとは五位の渡し」と解説されている。「五位の城」とは「赤丸浅井城」で有り、「五位の渡し」とは現在の赤丸村向野の小矢部川に在った渡船場の事で在った。小矢部川が古くは西山の麓を流れ、庄川と小矢部川が赤丸浅井神社の前で合流していたとする絵図が石川県立図書館で発見されて「二位の渡しとは五位の渡し」と言う意味が「二位の渡し=二宮=吾子ケ淵」から明確になった。又、「福岡町史」に古い「小矢部川流域の絵図」が掲載されており、詳細を見ると、「如意の渡りをして……」と記載される部分は「六渡寺舟渡し」と云われた赤丸辺りから小矢部川河口迄の舟下りルートで在った事が判明した。すぐ目の前に在った資料に重要な鍵が隠されていた。そこで赤丸浅井神社の古文書を調べると、神社創建の由緒に「元正天皇の二宮の御創建」と記載され、森田柿園が「越中志徴」で「元正天皇は女帝で子無し」としてこの由緒を否定し、「如意の城とは古国府城」と記載していた。しかし、文武天皇から聖武天皇迄の皇室系図を調べると、元正天皇は文武天皇の妹ながら皇統譜上ではその正室と擬制され、その勅令の中に「皇室で生まれた者はすべて親王として扱う」として聖武天皇も「吾子」と呼んでおり、元正天皇は聖武天皇の母に擬されており、最近の研究で聖武天皇には臣籍降下された腹違いの弟がいた事も「続日本紀」から判明した。その子「石川朝臣広成」については「続日本紀」「万葉集」にも掲載されながら謎の人物とされて、学者の憶測に任されていた。これ等の事から「赤丸浅井神社の由緒」は加賀藩士森田柿園が否定していたが、浅井神社由緒は真実を伝えていた事が判明した。又、石黒氏の直系は名古屋に移り、「如意郷」を開き、「如意城」を建てており、石黒氏の居城を「如意城」と呼んでいた事も判明した。と言う事は「義経記」に記載される「如意城」は「赤丸浅井城」を指している事になる。石黒氏は東大寺大仏の造営に多額の寄進をして皇族(臣)の外従五位下に列せられ、郡司の一族利波臣の中で唯一、国司と成った「利波臣志留志」を祖としており、正に如意宝珠を信奉する熱烈な仏教徒であった。これ等の事から、赤丸浅井神社の前の「二位の渡し」で弁慶が義経を打擲した場面こそ、後に「安宅」「勧進帳」に脚色された事件の原点である事が判明した。
(※「福岡町史」には唯一、「如意の渡し」と呼ばれた「二位の渡し」から「六渡寺の渡し」迄の舟下りルートが「六渡寺川の渡し」として記載されている。)





更に、義経一行が一夜を過ごしたとされる倶利伽羅山の山裾の「五位堂」について調べると、確かに明治期迄小矢部市松永に「五位堂」が有り、現在は近くの比枝社に合祀され、五位堂の遺跡の宝印塔は境内に山積みに放置され木葉に埋もれていた。「富山県神社誌」「富山県西礪波郡紀要」にも明確に記載されているが、「義経記」が「後の室町期に創作された物語」とする一部の学者による全否定の影響や、神仏への信仰の衰退、合併による地域の否定等により、地域の歴史、文化が消え去っていた事も判明した。

この様に今迄「嘘っぱち」とされていた事実が逆に真実と分かり、「高岡市史」の独断に満ちた歴史もでたらめだと次第に検証されて来ている。今、北陸新幹線の開通に沸き立つ富山県だが、根拠の無い上辺だけの「観光客誘致」が間もなくメッキが剥がれ失望に変わる日を覚悟すべきだ。推測や権威主義の歴史検証では無く、高岡徹氏の様な「実証的歴史研究」こそが重要だ。歴史は研究により日々進化する。批判を恐れて事実を隠蔽する事は、歴史に触れる者にとって重大な罪であると覚悟すべきと思う。如何に権威の有る行政、研究機関の発行物、著名な研究にも湖塗や錯誤はあり得る。又、顕著な研究はもっと発表される機会を設けるべきで、研究者は論文等の発表の機会や組織が少なくて困っていると聞く。富山県内の郷土誌は近年廃刊が進んでいる。高岡市が真剣に「歴史の町作り」を目指し、観光振興を図ろうとするなら、行政はこの基礎研究体勢の整備から先ず始める必要が有る。

高岡市周辺には「須加荘」等、4ケ所の東大寺荘園跡が在り、「越中吉岡庄」と呼ばれた当地区では長く皇室庄園として米を生産し、現在も、コンクールで魚沼米の上に評価されたブランド米の「赤丸米コシヒカリ」を生産している。古代から今迄、永々と地域は続いてきたが、今、地方は歴史の伝承も途絶えて、惜しむかな、地域社会自体が消滅寸前の危機に在る。
前田利家と能登末森城で戦った寺島氏や赤丸の中山氏の領地の五位庄は加賀藩の治世に廃墟とされ、住民は高岡市和田新村の開発の為に移転させられ、歴史を語る事も封印されたらしい。赤丸村に在ったとされる「浅井神社48坊」と言われた、天皇家や歴代政権に所縁の在った「衆徳山総持寺」や高岡市の「越中宮極楽寺」「天景寺」「槌の宮」等の著名な寺社は殆どが高岡市内に移転させられ、その寺社は元赤丸村に在った事すら秘匿する事になった。廃墟となった赤丸村には今は「延喜式内社赤丸浅井神社」しか遺されていない。辺りには著名な上杉謙信や桃井直常の戦い等が展開された跡地が広がる。現在、辺り一面は赤丸米コシヒカリの栽培地が広がっている。

【読んで頂いた方へ】
御多用中、このブログに目を通して頂いた、毎日、数百件の閲覧者の方々へ謹んで御礼を申し上げます。
このブログには多くの方から御叱責も頂いている。それは今迄タブーとされていた部分や、特権階級の人達に耳うるさい事が指摘され、隠し続けられた事をあからさまにされた事のお怒りかと思う。又、長々、クドクドと記述される内容に飽きれ果てたと云う御意見も在る。しかし、ここで時間を割き、眠りを堪えてクドクドと書いているのは、一部の人達に対する一過性のエンターテイメントの為では無い。時代の過渡期に消え去ろうとしている地域の歴史の一端を後世に語り継いで頂く為だ。この記録は赤丸浅井神社の宝蔵に残す目的で作り始めたから、書籍等で後世に残す意図は現在の所全く無い。単なる一時代の「語り部」の一人として記しており、事実の指摘と隠された真実を誤り無く後世に残すだけの目的で在り、やがてこのブログが閉鎖されればこの記録は全て消滅する。一人でも良い。本当に真実の歴史を語り部となって後世に引き継ぐ意思の在る方達だけが目を通して頂ければそれで良い。「歴史」は長く語り継がれて現在に残ったが、封建時代の武力集団は都合の悪い「前史」をその都度消し去って来た。その点で現在の「高岡市史」にはデタラメや、糊塗された部分が数え切れない位に秘められている。しかし、各名家や地域の誇る歴史や民俗を全面否定する訳では無く、真実、背面の時代背景等について淡々と述べて来た。
市民は目を塞がれ、口を塞がれ、耳を塞がれて来た。幸いにも現在では個人の意見が公に公開できる術を市民は持ち得た。現在は、個人情報保護の名目で、自らの出自さえも知り得ない状況に追い込まれている。宗教的に過去には「過去帳」で先祖を調べる事ができたが、現在は各宗派はこれも「閲覧禁止」にしている。過去の戸籍は官僚の都合?で、電子化と称して過去の台帳は破棄されている。今や個人が自らの歴史を知り得る手段は無く成りつつある。個人情報保護は個人の権利を保護するとして導入されたが、反面、為政者にとっては国民をロボット化して、唯、黙々と働く存在にしたいと云う思惑も見え隠れする。又、官庁や公的機関が保有する歴史的な資料も「著作権保護」と称して国民の利用を制限している。国民の税金で収集、保管される「国民の財産」をその一機関や官僚が独占する事は根本的に間違っている。改めて官庁の保管資料(防衛や、国家機密、犯罪、完全に個人情報等の部分は除いて)は基本的に全面公開し、著作物保護以外の資料は国民の利用を自由にすべきだ。中には「引用」すら規制して権限を振りかざす官庁も見られるが、自治体の歴史の広報と考えて、自治体所有の著作権切れの資料は国立国会図書館の様にデジタル化して公開すべきだろう。中には著作権切れの図書でもコピーする許可を得るのに沢山の申請書を提出して責任者が印鑑を押す迄に一週間近くも要するという行政も在り、「官僚の為」の管理に如何に無駄な時間を費やしているか疑問に思うケースも在る。何でも官僚の裁量で都合の悪い事は隠されて、その内に重要な資料は管理もされずに消えてしまう。各地の行政が発行した歴史著作物(県史、市史、町史、村史等)の原本すら、官僚の伝達不足や管理不良で大半が失われてしまっている事も国民は知らない。
この様な状況は為政者が「新しい歴史」をでっち上げる好機になっており、従って、行政・官僚の暴走を防ぐには、国民一人一人が様々な事象を役人に委ねる事無く後世に伝承する必要が在る。



源頼朝から後白河上皇近臣吉田経房卿への文書(吉岡庄地頭吉岡成佐不法の事)※「富山県史」


「上杉謙信家臣名簿」に見られる神保氏張、寺島牛介と寺島牛介に対する謙信からの「五位庄安堵状」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

✋「越中吉岡庄」と「蓮華王院三十三間堂」の千手観音像!!

2017-05-14 | 旧町名 富山県西礪波郡福岡町赤丸

「三十三間堂千手観音座像と1000体の千手観音像」


「三十三間堂」は中央に一体の千手観音像座像を祀り、その後に1000体の千手観音立像を配置している。当初、この寺は「法住寺殿千体観音堂」と呼ばれたが、後に「三十三間堂」となっている。
「越中吉岡庄」には平安時代末期の1000年頃、何処からか「総院」と云う僧がこの地(後の「赤丸村」)にやって来て一宇の僧堂を建立したと「赤丸浅井神社」には伝えられていた。室町時代に入り、「足利義満」が「五位庄」になったこの庄園を義満が創建した「相国寺」に庄園として寄進した頃に「総持寺」は赤丸の地を去って高岡の地に動いたと伝わっている。この寺の由緒は代々、総代を勤めた池田家が管理していたが、昭和初期に住職が交替した時に寺側に引き渡されたが、何か混乱が在ったものか、この由緒は兄弟寺の住職に又、預けられたとこの池田家では伝えている。丁度、この頃には「総持寺は元々赤丸村に在った」とされる公文書(※千手観音像の国宝指定書)が在ったにも関わらず、一部の強力な勢力がある思惑を持って「総持寺は元々石川堤村に在った」と諸文書を改竄し始めた頃である。その為に、都合が悪いこの寺の由緒を何れかに秘匿したか又は破却したらしい。
この寺は「赤丸村」に在った頃は「観音堂」「観音寺」と呼ばれ、その後も現地にはこの寺の墓や持ち宮が残っており、毎年、住職が墓参りしてその足で赤丸浅井神社にも挨拶に立ち寄っていたと神社の古老は伝えていた。
この「総持寺」には昭和12年に国宝に指定された「千手観音座像」が伝えられているが、その胎内に南朝の天皇の行在所となっていた「河内天野山金剛寺」の高僧「禅恵」の署名が見つかった事から国宝に指定された。胎内にはこの他にも多くの署名が有り、その中には、鎌倉幕府評定衆「大壇那 藤原浄円」や後鳥羽上皇の法名「本願聖人 金剛位理」、「七条仏所 幸賀 大仏師」等の鎌倉時代の署名もある。
この寺の千手観音像は座像で有り、その姿は「三十三間堂」の中央に座る千手観音座像とその姿や顔立ちが良く似ている。何れも、京都七条に工房を構えた「慶派仏師」の作とされている。今となっては総持寺の大切な歴史が一部の者に因って消し去られた為に、その観音像伝来の真実も闇の中になってしまったが、この「観音堂」と呼ぶ事、総院と云う僧がこの寺を建立したと云う伝承等からこの寺の真実が明かされる事もいづれ来ることだろう。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

🔴●富山県の『後白河上皇』の庄園「越中吉岡庄」▶▶南北朝時代の『後醍醐天皇』の治世迄続いた皇室庄園の記録。

2017-05-12 | 旧町名 富山県西礪波郡福岡町赤丸






『延喜式内社赤丸浅井神社』を郷社として栄えた『越中吉岡庄』は『藤原摂関家長者藤原頼長』の庄園で在ったが、「保元の乱」で平清盛、源義朝の連合軍に敗れて、『崇徳上皇』は讃岐に流され、『藤原頼長』は首に矢を受けて死亡した。その後、『越中吉岡庄』は『後白河上皇』の「後院領」と呼ばれた庄園に成り、その後、後鳥羽上皇以降も後醍醐天皇迄、皇室庄園として伝領した。

⇒「人車記」(※別名「平範記」)に遺される貴重な記録「陽明文庫陰影版」、「東京文理科大学所蔵版 平範記」、「東京大学所蔵版 保元記!!






■『人車記』(※別名)
『陽明文庫』は、京都市右京区宇多野上ノ谷町にある歴史資料保存施設。
公家の名門で「五摂家」の筆頭である近衛家伝来の古文書。以下はその撮影されたもの。









■『保元記』(※「保元の乱」を記したもの。「東京帝国大学蔵版」)








■「平範記」(※東京文理科大学所蔵 活字本)







■「人車記」(※「平範記」)の陰影本(※近衛家本)
⇒兵武卿「平信範」(1112年~1 187年)の日記「人車記」には、「保元の乱」で敗れた「藤原摂関家長者 藤原頼長」の個人庄園が後白河上皇の「後院領」に編入された事が記載されている。その中には「越中一処」として「吉岡庄(富山県高岡市福岡町赤丸周辺)」や「一青庄ヒトトショウ(石川県能登町)」が記載されている。保元二年三月廿五日の官報告示には、この時に没官された頼長の庄園29庄が掲載され、この告示には「左大史 小槻宿弥」の署名が在る。
「藤原頼長」は藤原氏でも主流を為した「藤原道長」の子孫に当たり、代々、摂政や関白を輩出した藤原一族の「長者」を継いだ一族で、辣腕を奮った「左大臣」として「悪左府頼長」と記載される。「藤原頼長」は兄で在り、養父でもある「藤原忠通」との相続問題や「後白河院」と「崇徳院」の皇位継承を巡る争いから後白河院側から先制攻撃を受けて、首に矢を受けて死亡し、崇徳院は讃岐(四国)に流されて死亡して長く怨霊として朝廷を苦しめたと言う。その為、累代の天皇は崇徳院が祀られた四国の「金比羅宮」に度々、勅使を遣わして都にはその慰霊施設も造っている。
「越中吉岡庄」は「白河天皇」が上賀茂神社の庄園として寄進されて以来、著名な神社や皇室の庄園として続き、室町時代には三代将軍足利義満が相国寺(※「鹿苑寺金閣」)に寄進し、その後も歴代足利将軍が足利家菩提寺の「等持院」、「等持院」の庄園として寄進している。『越中吉岡庄』は長く、時の最高権力者や京都の『上賀茂社』、『下鴨社』等の有名な寺社の庄園として続き、その為、『越中吉岡庄』と、南北朝末期から『五位庄』となったこの庄園には時の権力者により「都の雅を写され」と伝わる様に『清水寺』、『鞍馬寺』、『上賀茂社』、『下鴨社』、『愛宕山』、『熊野社』、『貴船社』等の著名な寺社が多く勘請され、特に後醍醐天皇の皇子宗良親王が比叡山座主、妙法院院主を勤められた関係から『極楽寺』や『七の社』をこの庄園に勘請されたと云う。『赤丸村』は後醍醐天皇の軍旗の『赤丸の御旗』に因み、『南朝の牙城』として長く続き、高岡市に在る「総持寺」(※元赤丸村)には南朝の天皇行在所(※皇居)と成った『河内金剛寺』から『後鳥羽上皇所縁の黄金の千手観音像』が贈られている。その遺跡も上杉謙信、前田利家に占領された時にうち壊され、焼かれて、今は『赤丸浅井神社』が残るのみに成っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

🔴📃「風景四季図」(※葛飾北斎 筆)に見る加賀藩時代の「川渡し」

2017-05-10 | 旧町名 富山県西礪波郡福岡町赤丸
⇒この絵は、古い「五位の渡し」のイメージとそっくりだ。
「渡し場」には古い船頭達の田舎家が建ち、赤丸村の対岸の高岡市上渡り地区には「五位の渡し地蔵」や「上渡り八幡宮」が在り、旅の安全を祈ったと云う。この地蔵尊は現在も人知れず、五位橋のたもとで旅人の安全を祈っている。



往古、小矢部川が西山の麓を流れて、赤丸浅井神社前で庄川下流と小矢部川が合流し、山裾には古代からの街道が在った。赤丸浅井神社前で谷内川とも合流していた事から、浅井神社前の「阿光ケ淵」は旅行者の難所で在り、旅人はここに在った「二位の渡し」から「六渡寺川舟下りルート」(※如意の渡り)を経て小矢部河口の六渡寺の渡し場で降りた。「義経記」(※小学館版、岩波版)の解説では、この「二位の渡し」が後に「五位の渡し」になったと云う。
加賀藩時代にはこの渡し場周辺は加賀藩のお狩場で在り、藩主はこの五位橋を渡り高岡市内に向かったと云う。「加賀藩参勤交代道中絵図」にも小矢部市から守山の渡し迄の間では、この「五位の渡し」が唯一、官営の渡し場で在り、この渡し場には常時4人の「舟渡し役」が配置されて、住宅と銀の手当が支給された。(※「福岡町史」)
この「五位の渡し場」は昭和30年代迄残っており、正にこの葛飾北斎の絵の様な風景が繰り返されていた。
奥に「城ケ平山」を望み、山裾には「山側街道」と呼ばれた古代道が在り、北陸道の前身の主要街道で在ったと言う。「赤丸浅井神社」は近郷53ケ村の郷社として信仰を受けて、神社前では「下馬して拝礼する」定めが在ったと浅井神社に伝わっている。




















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

🌋 立山連峰に産する「黒ユリ」が満開でーす!!

2017-05-10 | 旧町名 富山県西礪波郡福岡町赤丸













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

🏯🐎 越中国(富山県)砺波郡と河内国(大阪府)河内長野⇒「源貞弘」と越中「総持寺」!!

2017-05-06 | 旧町名 富山県西礪波郡福岡町赤丸
◎河内長野市『河内金剛寺』
河内長野市には南北朝の頃、南朝の後村上天皇、その後の三代の天皇や北朝の天皇が行在所(仮の皇居)とされた古刹の「金剛寺」が在り、この寺と越中国吉岡庄(後に五位庄)の赤丸村とは意外な繋がりが有る。
(※資料ー金剛寺パンフレットより引用)












「河内金剛寺」は「八條院子内親王の祈願寺」として河内源氏の「源貞弘」(三善貞弘)が土地を寄進して創建された。
(※鳥羽天皇と美福門院との間に生まれた皇女八条院子。膨大な庄園を受け継いだ。)
この武将は源氏でありながら、河内の同族の首を手土産に平清盛に従い、越中国倶利伽羅谷(富山県小矢部市)の木曽義仲軍との戦いに参戦して討死した。


「源貞弘土地寄進状」(※「平安遺文」)→自領を河内金剛寺に寄進した。


「河内金剛寺結縁過去帳」には「源頼朝」と共に源頼貞弘の娘が記載されている。


中世の長い間、「越中」、「能登」、「河内」、「紀州」は管領畠山氏の国であった ❗ ❗




「越中国」と共通の「河内国」の歴史 ❗❗
越中と河内は一つの国として、畠山氏が統治し、越中は河内の戦乱にも絶えず巻き込まれた。(※河内長野市発行のパンフレット等参照)



南北朝の頃、河内には南朝の楠正成が活躍し、越中では桃井直常が活躍して、両国は「南朝の牙城」で在った。




守護代として越中、河内には「神保氏」「遊佐氏」が見える ❗ 「遊佐氏」は小矢部市蓮沼に館を構えて砺波地方を統治した。「神保氏」は富山県中部を統治して、足利将軍「足利義材」が越中に逃れた時に新湊に足利義材の臨時政府を設ける等、足利政権と密接に動いた。

●河内長野市の「金剛寺」から「禅恵」によって南北朝の戦乱を避ける為に、「赤丸村に在った総持寺に千手観音像がもたらされた。」(※「国宝概説」昭和12年衆徳山総持寺千手観音像は国宝に指定された。)



「国指定重要文化財木造千手観音座像」(「衆徳山総持寺」蔵)富山県高岡市


金剛寺住職の持仏(千手観音)に、東寺に伝わる空海が唐から持ち帰った仏舎利を、後醍醐天皇が2粒、東寺長者文観が3粒を納めたとする「仏舎利施入状」(※河内金剛寺所蔵)⇒後醍醐天皇は自ら東寺の重宝の「空海の袈裟」を身に着け、頭には「太陽の日の丸」を付けた冠を被って真言密教の秘法を用いて幕府の調伏をしたと云う。「越中赤丸村」は南北朝以降に史料に登場する ❗
総持寺の千手観音像の胎内(顔の内側)に「奉納仏舎利」と二ヵ所の墨書が在る ❗











「総持寺」は赤丸村に在った「川人山鞍馬寺」の48坊の一つであったと伝わる ❗
「川人山鞍馬寺」は「延喜式内社五位庄53ケ村総社赤丸浅井神社」の別当寺で京都の「鞍馬寺」を勧請したものと云う。この神社は古く700年頃に元正天皇の二宮によって創建された由緒有る神社で、長く藤原摂関家藤原頼長の庄園で、後白河上皇以降には皇室領の「後院領吉岡庄」の鎮守社であった。



「越中吉岡庄」と呼ばれた皇室領は、後醍醐天皇の皇子宗良親王が赤丸浅井城に材城された時に「五位庄」と改名された。その後、足利室町幕府将軍足利義満は、この庄園を自ら建てた「相国寺」(塔頭寺院鹿苑寺金閣寺)に寄進して、底地は「畠山満家」に預け置かれた。(※「富山県史」)⇒畠山満家の三回忌法要が越中国「浜総持寺」(海岸近くに移った「総持寺」と見られる❗)で行われ、盛大な舞楽が奉納された。
(※「名古屋市大須観音文書」射水市学芸員 松山充宏氏論文 参照 )
⇒⇒⇒この「畠山満家」の系図が河内長野市の歴史史料にも登場している。越中国と河内国が一つの国で在った事を思い起こさせる ❗ ❗

(※河内長野市の歴史史料より引用)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

🔴🏯 映画「のぼうの城」と越中国「赤丸浅井神社」と「亀阜和尚」(※蜷川新衛門と富山の最勝寺)!!

2017-05-06 | 旧町名 富山県西礪波郡福岡町赤丸


[周囲を湖に囲まれ、浮城とも呼ばれる忍城(おしじょう)の領主・成田氏一門の成田長親は領民から「でくのぼう」を略して「のぼう様」と呼ばれていた。]----映画「のぼうの城」の舞台である。この映画は、豊臣秀吉の配下の石田光成が忍城を攻めた時を描いているが、この成田氏が越中と関わりのある武将という事は余り知られていない。
成田氏は、熊谷市を拠点とし、十三代顕時は上杉憲実に従い戦功をたて下総守となり、更に戦功を立て、関東管領足利政知(堀越公方)より、越中富山城を賜ったと云われる。成田顕泰は、現在は富山市にある光厳寺(神保氏の菩提寺。後に前田家の墓所となった)を開いている。光厳寺は、藤原鎌足の後裔といわれる武蔵国忍城城主で後に出家した成田顕泰が、当初、砺波郡増山村で開基となり長禄寺を設立した。その後、射水郡守山城外に移って光厳寺となる。
【註】成田顕泰:一四六五年~一五二四年七月九日没。山内上杉家の家宰を代々務めた室町幕府上野・武蔵守護代の惣社長尾家の三男で成田正等の養子として入る。長尾氏は桓武平氏の流れを汲む鎌倉氏の一族。源頼朝挙兵の際は平家側だったが平家滅亡後、同族三浦氏の配下となり、執権北条氏と三浦氏が戦った「宝治合戦」の時、ほぼ全滅したが、その後鎌倉時代末期から関東に入部した上杉氏の筆頭の家臣として栄え、代々に亘り山内上杉家と婚姻を重ねて血族となる。長尾氏の越後守護代の家系から長尾景虎が出て、永禄四年(1561年)上杉家から「上杉」の名跡と「関東管領」の職を譲られ、上杉謙信と名乗った。上杉謙信が越中に数回に亘り攻め込んだが、上杉謙信にしてみれば、越中は同族の成田氏の旧領で有り、上杉側からの見方では逆に越中に居た勢力は「侵略者」と考えられる。歴史的に見れば、戦勝者が敗戦者の歴史を塗り潰し、回復を求めて戦った武将は往々にして地域史では「賊將」のレッテルを貼られている事が多い。

【赤丸浅井神社での法要ー富山県史に記載される[五位庄赤丸在住の藤原直家の法要]の記録】
光厳寺二世で後に「能登総持寺」の三十六世住持になった東海宗洋が「瑞泉二代亀阜和尚初七日忌香語」で、五位庄赤丸在住の藤原直家が赤丸の川人山鞍馬寺・浅井神社で父の十三回忌(明応四年十一月十六日、一四九五年)、十七回忌(明応八年十一月十六日、一四九九年)を営んだと記録している。これを「光厳東海和尚録」という。東海宗洋は神保氏。(※『光厳東海和尚録』富山県史史料編中世 参照)

◍亀阜和尚:亀阜豊寿(きふほうじゅ)
一四三五~一五〇一年室町-戦国時代の僧。近江 (滋賀県)の人。近江の曹洞宗新豊寺の雪叟一純について出家し後に同寺天叟祖寅(てんそうそいん)の法をつぐ。能登総持寺、越中瑞泉寺(新川郡林崎)の住持をつとめ、富山市黒崎に最勝寺を開く。(※現在は富山市蜷川) 明応一〇年一月五日死去。六七歳。東海和尚の師匠(旗雲租旭師)の兄弟子に当る。天叟祖寅の直弟子。

●富山市蜷川は一休禅師(一休さん)の逸話に出る足利義満の家臣の「蜷川新右衛門」の一族が領有したとされ、キックボクシングの格闘家武蔵の先祖に当る。「最勝寺」は北陸自動車道富山インター近く、富山県健康増進センター・富山県医師会館の隣地に有る。
古い「最勝寺由緒」に「一休禅師の開基」とするものがある。この時に「越中五位庄」は足利義満の管理下に在り、「金閣寺」で知られる「相国寺」の庄園となっており、この時、赤丸村浅井神社で「赤丸在住の藤原真家の父の法要を亀阜豊寿が導師となって営んだ」記録が富山県史に記載されている。


【註】『足利義満』の時代には「越中五位庄」(元の越中吉岡庄)が『足利義満』により「相国寺」(※塔頭寺院として「金閣寺」がある。)に寄進されている。


◎足利幕府関東公方・鎌倉公方と成田氏の盛衰
足利尊氏は権力を掌握すると京都に幕府を開き、関東鎌倉に第二子の基氏を配置して箱根以東の十か国を統治させた。これを関東管領と言ったが、その執事を務めたのが上杉氏だった。尊氏の孫の満兼は富強を誇り、自らを関東公方・鎌倉公方と称して、執事の上杉氏を関東管領とした。しかし、鎌倉は宗家の室町幕府に対抗して独自の動きをした為、絶えず紛争が起こっていた。上杉氏は当初、4家に分かれていたが、扇谷上杉氏・山内上杉氏の両家が残り、満兼の子持氏の時、執事の山内上杉憲実は「永亨の乱」を起こし、室町幕府と通じて持氏を倒し、正式に室町幕府から管領に任じられる。その後、八代将軍足利義政の時、持氏の子の成氏を迎えたが父の仇とする持氏は上杉憲実を殺害。幕府は公方の成氏を攻撃した為、成氏は鎌倉を捨て下総古河を本拠とし「古河公方」と呼ばれた。上杉一門は古川公方に対抗する為鎌倉に将軍義政の弟の足利政知を迎え、伊豆北条の堀越に御所を構え「堀越公方」と呼ばれた。しかし、その結果、山内上杉・堀越公方と扇谷上杉・古河公方の勢力で関東管領職を巡って対立する事になる。延徳二年(1491年)堀越公方足利政知の子の茶々丸の乱行により伊豆は混乱し、この機会を狙っていた伊勢新九郎は堀越公方家の茶々丸を追放し、伊豆一国の領主となり、韮山に築城して北条新九郎と名乗り、出家して北条早雲宗瑞と称した。この家系を「後北条氏」と呼ぶ。北条早雲の孫の氏康が跡を取り小田原城に拠点を構えていたが、北条氏の拡大を嫌った駿河の今川義元は山内上杉の管領上杉憲政に密使を送り援軍を求めた為、対立していた両上杉氏がこれに呼応し、古河公方の足利晴氏もこれに加わった。北条氏の川越城の攻防(川越夜戦)で北条氏康が勝利し、古河公方は下総古河へ逃げ帰り扇谷上杉朝定は戦死した。残った山内上杉憲政は居城の上野国平井の城を北条氏康に責められ、越後の長尾景虎を頼り、上杉の名跡と関東管領の職を譲り、景虎は上杉謙信と名乗る。しかし、北条氏康は関東公方の足利晴氏を捕え相模国波多野に幽閉し、その子義氏(北条氏康の妹である足利晴氏の正妻の子)を関東公方にして遂には関東の実権を握った。ここに、北条氏康、上杉謙信、今川義元の対立の時代となった。
下って天正十八年(1590年)、関八州を制覇していた北条氏に対して豊臣秀吉は三万二千の兵を連れて従わない北条氏康の子の氏政とその子の氏直の追討にかかり、小田原城の北条氏を攻めた。氏政とその子の氏直が秀吉方の上洛要請を蹴り、籠城か迎撃かの論議を長々と行って遂には籠城と決まった。これを「小田原評定」と呼んでいる。しかし、前田、上杉、真田等の秀吉方は諸城を落とし、北条氏の拠点の北関東鉢形城の北条氏那は開城し、小田原城は徳川家康の娘を妻としていた北条氏直の働きで氏政、氏照の切腹を条件として和議が成立した。しかし、この時になっても忍城の成田氏長は唯一降伏しなかった。忍城は埼玉県の利根川、古利根川、荒川、元荒川が流れる行田市の西方の一画にある。文明十年(1478年)、地元の豪族成田正等・顕泰親子は支配していた扇谷上杉氏に属していた同族で武蔵七党の一つの児玉党の忍大丞一族を滅ぼして、延徳二年(1490年)成田氏十五代目成田下総守親泰が築城した。これに反発した扇谷上杉氏は忍城を攻撃するが扇谷上杉氏の家宰の太田道灌の仲介で和解(後に道灌は扇谷上杉氏に殺害された。)して以後、成田氏の居城となる。その後、北条氏康、上杉謙信の攻撃にも耐えた難攻不落の城であったが、豊臣方の石田光成は地形を利用した「水責め」を行い、周辺の河川を堤防で塞ぎ、籠城する成田氏長と対峙した。このシーンが「のぼうの城」のシーンである。成田長親は成田氏長の従兄弟で城代の父が亡くなった為、父の後を継いだ。成田氏長は忍城を築城した親泰の孫で、石田光成が堤防を造る為に採用した人夫はその食料、賃金を忍城に秘かに運び込み、この策略で氏長は耐え忍び、後には開城した。この後、関八州が徳川家康の所領となり、会津若松の蒲生氏郷の配慮で一万石を与えられ、豪勇の名高い娘の甲斐姫は豊臣秀吉の愛妾となり、成田氏長は烏山三万石の城主になった。成田長親も会津若松に移ったが、その後出家し尾張国に住み、慶長十七年(1613年)亡くなった。菩提寺は名古屋市大須の曹洞宗大光院(開山の明嶺理察は武蔵国埼玉郡忍「現・埼玉県行田市」の清善寺6世)※愛知県名古屋市中区大須2丁目7-25



越中へ度々侵攻して一時期、越中、能登の一部を占領した上杉謙信。

神保氏張の家臣の寺島牛之助に対して、天正五年、上杉謙信は「五位庄の安堵状」を授け、寺島牛之助は高岡市石堤の「柴野城」を居城として五位庄を統治した。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

🌄🌄「仁和寺」と「越中吉岡庄」、「石動山」⇒「衆徳山総持寺」の千手観音像の伝来!!

2017-05-06 | 富山県高岡市福岡町赤丸村

※「衆徳山総持寺千手観音坐像」(写真:総持寺提供)











「越中吉岡庄」は保元の乱の後に、藤原頼長領から後白河上皇領となって以来、歴代の上皇に伝領され後醍醐天皇の時代迄皇室領で在った。
「越中吉岡庄」については、富山市の「吉岡」、氷見の「吉岡」も有り、「吉岡 射水」と記載された古書も有るが、「吾妻鏡」に記載されている「吉岡谷」は五位庄の吉岡庄しか無い為、平成26年5月には「大学共同利用法人国立歴史民俗資料館」のデーターベースも「五位庄」の前身の「吉岡庄」を「越中吉岡庄」と確定している。

佐々成政との戦いに勝ち、前田利家は越中・加賀を領する100万石大名となった。加賀藩の占領政策は、元々の譜代に加えて占領地の国人領主を屈服させて臣従させ、初期には領内で領地を移動させていたが、その後、国人領主は加賀藩の一武士として領地を召し上げられ「扶持米」を受ける身分になった。氷見阿尾城の領主で佐々成政を裏切った菊池氏は城も前田利家に献上したが、その氏神も金沢へ移転させられたと云う。五位庄柴野城城主寺嶋牛之助も領地を召し上げられ加賀藩に召し抱えられたが、五位庄は能登の長氏の所領となり、その後、前田一族の所領となる。赤丸浅井城の中山氏は加賀藩への仕官を断り敦賀に落ち延びている。赤丸の中山氏と柴野城の寺嶋氏は共に佐々勢として高岡守山城主の神保氏張に従い、石川県の末森城に前田利家を攻めた。佐々成政が豊臣秀吉に降伏し、一時期は越中の一部を所領としたがやがて越中は前田家に移り、佐々成政は九州に転封されやがて一揆の責任を問われて切腹する。神保氏張は流浪してやがて徳川家康に召し抱えられて旗本になったと云う。
残された五位庄はどうなったのだろうか?
残された百姓は加賀藩の重税に苦しめられ、徹底した宗門改めによる宗教管理、十村役制度による搾取体制が敷かれて、「頭振り」と呼ばれた無産階級の小作人は高岡の和田新村の村立ての為に赤丸から移転させられた。
元々、赤丸村に有り、戦乱などで元石黒氏の所領の関野・鴨嶋(現在の高岡市内)に逃れていた古い寺や、赤丸に残っていた寺は加賀藩の政策で関野の高岡城周辺の防衛の為に配置され、元、赤丸に在った「天景寺」はその敷地を没収され、その跡には前田家菩提寺の「瑞龍寺」が建てられた。代わりに「天景寺」は加賀藩から僅かばかりの敷地を近くに「拝領!!」したと云う。
「高岡市」の由来は、総持寺の住職が、「鳳凰鳴けり 高き丘に」という「詩経」の一節から取って「高岡」という名前を前田利家に提案した事から決まったと喧伝されてるが、これも加賀藩が作り上げたウソだと云う。富山新聞社昭和56年発行の「富山県大百科事典」に拠れば、元々、現在「瑞龍寺」が使用している「高岡山」という山号は「高岡山総持寺」から取り上げたものだと云い、その際に、改めて総持寺は「衆徳山総持寺」になったのだと云う。元々、総持寺が五位庄の赤丸村に在った時の旧地は赤丸城ケ平山の山裾の小高い山の上に在り、この場所で「高岡山」と名乗るのは理解できるが、関野や鴨島は僅かに小高い丘陵地であったり、小矢部川、千保川沿いの沼地で在ったりした場所であり、取って付けたような「命名の由緒」に少しばかり違和感を感じていた。総持寺の由緒にも「28世快雄」が前田候の武勇を称えて献上した一句の「鳳凰鳴けり 高き丘に」から「高岡」という地名が付けられたとしているが、何と事実は、元々の総持寺の山号を奪われて「高岡」という地名になったと云う。権力者の前に総持寺の住職も無力で為す術もなく、新しく「衆徳山」と言う山号を付けたのだと云う。
しかし、何故この時に「衆徳山」という命名がなされたものだろうか? 加賀藩に対して総持寺はその由緒をボカして報告している。前田氏に対抗した赤丸村に元在った寺という事実を隠し、国宝にも指定される位の黄金仏さえも「海から上がった仏像」としてその由緒を隠している。

昭和12年に国宝に指定された総持寺の本尊の「木造千手観音座像」の胎内名を調査すると、その体内の2か所に「金剛位理」という「後鳥羽上皇の法名」が「本願聖人」として出てくる。文化庁も富山県、高岡市もこの観音像の胎内に「正平八年 御入り」と記載してあるからこの仏は南北朝期の造像であると主張しているが、この仏像の国宝指定の際には「仏像史」の専門家が鑑定しておらず、しかも、この観音像の胎内仏とされている僧形の仏像は所有者の方に確認したところ、既に専門家の鑑定により「鎌倉期」の仏像と鑑定されていると云う。しかも、同時に記載されている胎内名には「藤原浄円」※斉藤長定入道藤原浄円  という鎌倉幕府評定衆の名前や、興福寺十大弟子像の修復を行った慶派仏師の七条仏所「幸賀」の名前も「大仏師」として記載されている。更に、筑波大学のデーターベースに有る「南都絵所」の「頼真」も「小仏師」として記載されている。この様に見てみると、「後鳥羽上皇・藤原浄円・幸賀・頼真」の名前は鎌倉時代の記録に記載されており、学者が言う様にこれ等は総て「同名異人」だとする見解には無理が有るだろう。それにも関わらず学会でも役所の見解「南北朝時代の造仏」に間違いはないと云う。何と頑固な事か?  しかも、この観音像が伝わったとされる河内金剛寺には、後醍醐天皇とその師の文観が東寺の仏舎利5粒を施入した仏が昔は在ったが現在はどこにも見当たらないと云い、これに対して、総持寺の千手観音像の胎内名には「奉納仏舎利」と最も重要な顔の内側部分に「2か所」も記載されているのである。法隆寺の聖徳太子像の胎内には丁度、聖徳太子像の口元に胎内仏の口元が来るように胎内仏が安置されており、仏像の顔の胎内は特に重要な場所である。東寺の仏には額の「白毫」の下に金の小さな容器に入れられた「仏舎利1粒」が納められ、その上に埋め木をして、その上に更に水晶の白毫(第三の目と云われる)が取り付けられている。総持寺の千手観音像を昭和39年に解体修理しているが、その記録にも「白毫の下に埋め木が有った」と記載されているが「埋め木の下」の調査はされていないらしい。
東寺では空海が唐から持ち帰った仏舎利80粒を保管しており、2つの壺に保管され、一つは天皇しか開けられない「勅封」がしてあり、もう一つは東寺の長者が管理していたと云う。金剛寺に残る後醍醐天皇・文観による施入状には、この天皇管理の壺と、東寺長者の管理の壺から合わせて5粒がこの仏に納められたというから、前代未聞である。しかも、通常は仏に納められるのは一粒と云い、この仏の様に5粒も納められたのは異例らしい。それ程、この仏は重要な仏で在ったのだろう。後鳥羽上皇は鎌倉幕府と争い、隠岐に流されて亡くなり、後醍醐天皇も隠岐に流刑になっている。後白河の時代には崇徳上皇が讃岐に流刑になり、恨みを込めて鬼となり、血書を書いて亡くなったと云う。この三名の天皇に共通しているのは、幕府に流刑にされた恨みである。後鳥羽は崇徳の怨念を恐れ、讃岐の金毘羅宮等の各所に崇徳の怨念を慰める祈祷も行っている。当時は様々な転変地異も崇徳上皇がカラス天狗の姿となり、怨念をバラ撒いていると考えられていた。後鳥羽が「成仏」を願ったのは、崇徳上皇に他ならなかった。従って、この千手観音像は当初、崇徳上皇の成仏を願って後鳥羽上皇によって造られ、河内金剛寺で密かに住持の持仏として祀られていたものと考えられる。同じ思いの後醍醐天皇は貴重な空海所縁の東寺の仏舎利5粒をこの仏に納めて後醍醐天皇の荘園「越中吉岡庄」の赤丸村に在った「総持寺」に、戦乱を避ける意味も有って緊急に避難させたものではないだろうか?
この様に考えると、当時の総持寺の住職は由緒を知らなかった訳では無く、このいきさつを全て承知していたからこそ、寺の山号が前田家に取り上げられた時に、この千手観音像の秘めたる思いの「崇徳上皇の成仏」を祈願する寺として「衆徳山総持寺」【シュウトクサンソウジジ? ストクサン?】と命名したのではないだろうか? ここでも、崇徳上皇や後鳥羽上皇・後醍醐天皇との関わりを伏せて、総てを封印したものではないだろうか?

※総持寺の千手観音像の胎内名には、金剛寺の僧と云われる「禅恵」の隣に「摩尼徳丸」と記載された部分が有る。河内金剛寺には「摩尼院」が有り、「徳丸」とは当時の非人階級の人物で、穢れた仕事とされた金銭を管理したり、仏に供え物をする仕事をしていた「徳人」と呼ばれた人達で有り、「丸」とは髪をポニーテールにした童形の非人を指したらしい。又、元々「非人」と呼ばれた人達は神官や白拍子等の専門職で、皇室や寺院にも奉仕する所謂「高級な人達」を指していたと云う。【註】「日本の歴史をよみなおす」網野善彦著参照


●「仁和寺」系の「石動山石動寺」と「仁和寺系の河内金剛寺」から伝わった総持寺の「千手観音坐像」

「越中吉岡庄」は元藤原氏長者の藤原頼長の荘園で有ったが、「保元の乱」で勝利した後白河上皇は没官して自らの「後院領」(天皇を退任した上皇の財政を賄う為の荘園)とした荘園で有る。「越中吉岡庄」は藤原頼長が旗標として戦った「崇徳院」を讃岐に流刑して死に追いやり、恨みを受けていた後白河上皇の荘園で有ったと云う背景も有る。又、当時、天皇勅願所として栄えた富山県と石川県の県境に位置する「石動山石動寺」は後白河上皇の荘園であり、上皇はこの荘園を邸内に有った「長構堂」という寺の費用を賄う為に寄進しているが、「石動山石動寺」(※復興後は勧修寺派「天平寺」となる。)は興国二年に足利氏により復興される前には河内金剛寺と同じ宗派の「御室仁和寺派」であったと云う。後白河法皇と皇女八条院は、承安元年(1171)に河内金剛寺の金堂・宝塔・御影堂・鐘楼・食堂・中門等を建立しており、後白河上皇の関係で、「河内金剛寺」--「石動山石動寺」--「越中吉岡庄」--「総持寺千手観音像」は結ばれてくる。
※仁和寺は古義真言宗
※「御室仁和寺派仁和寺の歴代門跡」
(第6世)守覚法親王  守性、喜多院御室。後白河天皇第二皇子
(第7世)道法法親王  後高野御室。後白河天皇第八皇子
(第8世)道助法親王  光台院御室。後鳥羽天皇第二皇子
※「御室」:宇多法皇が仁和寺に「御室」を造営し起居する御所とした。その建物は「御室御所」と呼ばれて仁和寺の別称となった。仁和寺の住持である門跡の称号としても用いられ、仁和寺一帯の地名としても残っている。
※後白河上皇の皇子の仁和寺宮守覺法親王の母は「藤原季成の娘」である。源義経の異母弟、蒲冠者源範頼は父を源義朝、母を池田宿の遊女として産まれる。熱田大宮司藤原氏[由良御前(源頼朝の母)]が密かに京都で養育。その後、熱田大宮司藤原氏の子供の勘解由丞季成(藤原季成)]が宮司を務める蒲神明宮(遠江国蒲村、蒲御厨)で養育されて「蒲冠者」と呼ばれる。
⇒源義経の義弟の源範頼は藤原季成に養育され、藤原季成の娘は後白河上皇に嫁して守覺法親王を生む。この関係があったからか、守覺法親王は背後で源義経が奥州に落ち延びた時に支援したとされる。
「越中吉岡庄」はこの時、後白河上皇の後院領であり、その皇子の守覚法親王が、その吉岡庄の「総持寺」に千手観音像を伝えたと云う「河内金剛寺」の本寺の仁和寺の門跡であったという。如何に「越中吉岡庄」と「仁和寺」の関係が古くから深かったかが窺われる事実だ。


※「衆徳山総持寺千手観音坐像」(写真:総持寺提供)

 


戦乱で打ち壊された「石動山天平寺」の石仏群!!「石動山天平寺」は後白河法皇の皇子が門跡をされた「仁和寺の末寺」であり、荘園としては後白河上皇の管轄下で「長講堂領」となり、その後も後鳥羽上皇等の皇室荘園であったと云う。その後、足利氏や上杉氏等により、数回に亘り多くの寺社が戦乱で焼かれ、僧はなで斬りにされたと云う。麓の村には僧の血で川が真っ赤になったと云う伝承が残る。「石動山石動寺」は逃げ込んだ後醍醐天皇派を抹殺する為に足利氏によって全山が焼かれ、興国二年には天皇勅願所として足利氏により復興されている。興国三年には後醍醐天皇の第八皇子宗良親王が越中に入られ、南朝方の支援をされたと云う。「石動寺」には足利氏の勢力が展開しており、すぐ近くの牧野地区や越中吉岡庄赤丸浅井城には宗良親王が在城されたと云う。当時の一触即発の戦況が窺い知れよう。

※「JR高岡駅」は平成27年に北陸新幹線の開業と共に民営化され「あいのかぜ鉄道高岡駅」になっている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

💥⛵⚓ あなたの知らない歴史検証の誤り⇒「小矢部川と庄川の分離工事」は明治に入ってからの事業。(※「射水郡誌」)!!

2017-05-04 | 富山県高岡市

近年の誤った報道例



南砺市井波町所蔵の「古地図」⇒小矢部川と庄川は河口付近で一体と成っている。
小矢部川と庄川が合流した地点の下流は「射水川」、「六渡寺川」と称したと云う。
(※「義経記」では『如意の渡し』と呼ぶ舟下りコースとして登場する。⇒「如意の城」とは「五位の城」と義経記では解説される。⇒「五位の城」とは赤丸村の「浅井城」の事)






明治33年から明治42年迄の間に行われた「庄川」河口と「小矢部川」河口の切り離し工事。
庄川を上流として小矢部川を排水とする砺波郡、射水郡は度々甚大な洪水被害に会った。特に、かつては、小矢部川と庄川の河口が一緒になっていた事から河口地帯は一帯となって、一旦洪水になると大きな沼地の様になった。分離前の古地図(※南砺市所蔵絵図)には庄川の河口は千保川とされており、その合流地点の下流が「六渡寺川舟渡し」と記されて居る。
高岡市の高田島から下流、高岡市石堤下流は地盤が低い為に排水仕切れない庄川の水が長期間滞留して大きな洪水被害を出した。
この河口切り離し工事は当時としては前代未聞の大工事で在り、この工事以後、排水口が分散されて洪水被害が減ったと云う画期的な工事だった。(※明治33年、内務省告示第18号)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

●●高岡市の「荊波神社」の祭神論争と「越中吉岡庄」に伝わった「天台宗」・「真言宗」兼学の文化。

2017-05-01 | 富山県高岡市福岡町赤丸村





■六宗兼学の「東大寺」と歴史的に密接な「東大寺庄園石粟庄図」にも掲載される「川人山鞍馬寺」、「赤丸浅井神社」の在る「五位庄」には天台宗、真言宗の教義が混在して伝わっている。「五位庄」の一角に在った高岡市福田の「荊波神社」は「天台宗妙法院領」になった時に「十禅師」の内の「地蔵菩薩」を祀ったとされるが、「十禅師社」は比叡山に祀られている。

・「越中吉岡庄」の領主で在った「後醍醐天皇」の第八皇子「宗良親王」はこの時期に「妙法院主」に就任されている。「宗良親王」は興国三年には越中に入られ、赤丸浅井城にも入られたと伝わる。「宗良親王」は「妙法院院主」の後に「天台座主」も勤められて、三度に亘り妙法院院主に就任されたと云う。
・真言宗の「総持寺」には南北朝時代の正平八年に「後醍醐天皇所縁の河内金剛寺」から黄金の仏像が伝来している。
・「荊波神社」は「赤丸浅井神社」の門前に屋敷を構えていた奥田、桜木の総本家の池田家の持宮「イバラの宮」と見られ、この池田家は高岡市福田周辺の池田地区を開発した一族と伝わっている。現在の福田荊波神社は元々近くに在ったものを現在地に動かしているが神社では元々の所在地は不明としているが、池田家は「イバラの宮が区画整理の時に動かされた」として従前の敷地の写真と遺跡の一部を保管している。(※「石堤村史」)
又、高岡市福田六家地区は「赤丸浅井神社」を総鎮守とした「五位庄」の一角に当たる。
「高岡市和田新村」は藩政時代に「和田佐助」が開発した村で、その住民は「赤丸西円の住民を強制移住させ」たもの。(※「城端別院文書」富山県立公文書館)
その殆どの住民は無産の「頭振り」と呼ばれた「水呑み百姓」で「農奴」として扱われた。和田佐助自体も隠田の罪で「磔」で虐殺された。高岡市羽広の「諏訪神社」の社殿は「赤丸浅井神社の拝殿」を移設したもの。⇒建物には浅井神社と同じく皇室の「十六菊紋」が刻まれて居る。(※「富山県神社誌」)



■「十禅師」と「空海」
「空海」は、「清和天皇」の時に、宮中の内道場に奉仕して天皇の御斎会の読師等の勤めをした高徳の僧一〇人(※十禅師。供奉。内供)の内の「真済僧正」が天皇に申請して「大僧正」に任じられた。
(※「六国史 三代実録 清和天皇」)

★「十禅師」には二つの意味が在る。
①毎年、正月に朝廷で法要を行い国家安泰を祈願した高僧で、「十禅師」に任じられた高僧には【天台宗】最澄、光定、円仁、相応、円珍 【真言宗】真済、真紹 等が任命されている。

・「五位庄」に「十禅師社」が祀られた理由→「空海」は東大寺に真言宗の教義を伝えたとされるが、中世以前は宗派間の区別は明確では無く、東大寺は六宗兼学の寺とされており、「五位庄」の宗派も天台、真言の区分が明確では無かった。天台宗系の聖護院派川人山鞍馬寺の周辺寺院48坊の一つとされる総持寺が真言宗で在った事もその背景が在った為と見られ、現在、総持寺の持宮の「熊野社」が「赤丸浅井神社」に合祀されており、「総持寺」の過去帳には「赤丸浅井神社」の神官の先祖一族の名前が記載されていると云う。
(※「越中古文抄」高岡市中央図書館蔵)
元々、 「瓊瓊杵尊」(ニニギノミコト)を祀っていた「荊波神社」は「赤丸浅井神社」の両部神道の影響を受けて関係が在る「地蔵菩薩」を祭神としたものと見られる。「延喜式内社赤丸浅井神社」は延喜式が定められた遥か昔の「第五代孝昭天皇の御代」に古い社が創建され、後に「八の河の江の神」⇒「八河江比売」を祭神にされたと云う。
(※「延喜式内社赤丸浅井神社由緒」)




②比叡山に祀られた日吉山王七社権現の一つで、国常立尊(クニトコタチノミコト)からかぞえて第十の神に当たる「瓊瓊杵尊」(ニニギノミコト)を「地蔵菩薩」の権現として名付ける。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加