赤丸米のふるさとから 越中のささやき ぬぬぬ!!!

勧進帳の真実、富山県高岡市福岡町赤丸村の消された歴史―「越中吉岡庄」「五位庄」

🔘 天皇中心の政治を願った後醍醐天皇の肖像画 ⇒「南朝の牙城」の「赤丸村」!!

2017-06-17 | å¯Œå±±çœŒé«˜å²¡å¸‚福岡町赤丸村


「越中吉岡庄」を伝領した「後醍醐天皇」は、足利幕府と対立し自ら真言宗立川流の修法を師の「文観」から教授されて、「空海」が持ち帰った重宝の袈裟を身に着け幕府の調伏を行ったと伝わる。肖像画には「天照皇大神」、「春日大明神」、「八幡大菩薩」が記載されており、天皇が藤原氏、源氏(足利氏)をコントロールして頂点に立つという願いが込められている。「春日大明神」は「藤原氏」の神であり、元は鹿島神であったが勧請されて春日大明神となり、その後、更に京都吉田に勧請されて吉田神社で吉田神道となった。吉田神道は武家政権と連携して「唯一神道」を唱えて、「両部神道」の神社を分離する活動を行い、本来の天皇家の伊勢神道(白川神道)とも激しく対立した歴史がある。



『富山県』 ã‚¸ãƒ£ãƒ³ãƒ«ã®ãƒ©ãƒ³ã‚­ãƒ³ã‚°
コメント   ã“の記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ðŸ”´ðŸ¯ 越中吉岡庄・五位庄の『... | ãƒˆãƒƒãƒ— | ðŸ”˜ 「富山県西礪波郡紀要」記... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。