赤丸米のふるさとから 越中のささやき ぬぬぬ!!!

勧進帳の真実、富山県高岡市福岡町赤丸村の消された歴史―「越中吉岡庄」「五位庄」

🔴「保元の乱」で争った「後白河上皇」、「藤原頼長」の筆跡 ⇒「能登若山庄」他の崇徳院中宮の庄園に対する処分!!

2017-08-09 | æ—§ç”ºå 富山県西礪波郡福岡町赤丸












『保元の乱』で敗れて讃岐に流された「崇徳院」の中宮「皇嘉門院」(※「九条兼実」の姉)の庄園「能登若山庄」以下十二ケ所と九条家の庄園三十ケ所を藤原良通(※「九条兼実」の長男で「皇嘉門院」の養子の形を取る。妹の「任子」は「後鳥羽院」の中宮。)に譲る様に後白河上皇が処分を下された。
この乱で死亡した元の「越中吉岡庄」の領主の「藤原頼長」の庄園二十九ケ所は官に没収されて、「後白河上皇」の庄園「後院領」に組み込まれたが、藤原摂関家に代々伝わった庄園は「後白河上皇」の側に成った兄の「藤原忠通」に引き継がれた。
争いに敗れた「崇徳院」は、激しい怒りを抱えて讃岐に流され、身は怨霊となって皇室に祟り、その姿は恐ろしい悪鬼の姿と成り、都に異変をもたらした。「後白河上皇」はその「崇徳院」と「藤原頼長」を鎮撫する為に慰霊施設を設け、その後も「崇徳院」の祀られた讃岐金比羅宮には「後鳥羽天皇」も度々、勅使を遣わして「崇徳院」の鎮撫をされた。しかし、歴代の天皇はその後も「崇徳院」の怨霊に怯える事になる。後には「後鳥羽院」も「後醍醐天皇」も天皇親政を目指して幕府と対立し、隠岐島に流される事に成った。

『政治』 ã‚¸ãƒ£ãƒ³ãƒ«ã®ãƒ©ãƒ³ã‚­ãƒ³ã‚°
コメント   ã“の記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ðŸ”²ã€Œå’Œåé¡žèšæŠ„」(元和3年、1... | ãƒˆãƒƒãƒ— | ðŸˆ¶ã€ŒåŒ—畠親房」の著作 「職... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

「旧町名 富山県西礪波郡福岡町赤丸」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。