赤丸米のふるさとから 越中のささやき ぬぬぬ!!!

勧進帳の真実、富山県高岡市福岡町赤丸村の消された歴史―「越中吉岡庄」「五位庄」

🔴🏯 越中吉岡庄・五位庄の『赤丸浅井城』と『木舟城』⇒『蓑のしずく』から見られる両城の関係!!

2017-06-17 | æ—§ç”ºå 富山県西礪波郡福岡町赤丸
●「赤丸浅井城」と「木舟城」⇒小矢部川流域の「山城」と「平城」!!











「浅井城」と「木舟城」は何れも「越中石黒氏」の居城で在った。山城の「浅井城」の鎮守は「延喜式内社赤丸浅井神社」で、越中の古書の「肯搆泉達録」には「この城は浅井神社創建の元正天皇二宮が居城とされ、累代、(利波臣の子孫の)石黒氏が居城とした。」と記載されている。「元正天皇二宮」とは、聖武天皇の弟に当たる「石川朝臣広成」である。一方、「木舟城」は比較的後期に建設されたと見られる「平城」である。
郷土史家の故中川幸作氏(高岡市上蓑)は「福岡町史編纂委員」もされた方で、福岡町蓑地区の郷土史を纏めて上下、二巻の「蓑のしずく」を作成された。しかし、この二巻は全て手書き原稿の形のもので、発刊はされていない。
この中には、「木舟城」の調査内容や「貴船神社の御神体のスケッチ」等、中々、目に触れる事が無い記事も多い。
この中で注目されるのは、山城の「赤丸浅井城」と平城の「木舟城」が「木舟川」、「唐又川」で結ばれている事だ。






赤丸浅井神社の別当寺は「川人山鞍馬寺」で在り、この寺は京都の「鞍馬寺」を勘請したものだが、京都の「鞍馬寺」は「貴船神社」の神の御託宣で藤原伊勢人が創建したものだと云い、この両社は大変密接である。又、「川人山鞍馬寺」の周辺には、京都の「上賀茂神社」や「下鴨神社」を移した舞谷村の「上加茂社」や加茂村の「下加茂社」が在り、その小矢部川支流上流には、京都の「貴船神社」を勘請した「貴船社」が「木舟城」に祀られていた事になる。更に、木舟石黒氏に伝わる「木舟城古今誌」には「吉岡庄の地頭吉岡成佐が大竹村(大滝村)を開発した」と伝わり、何と、赤丸村と馬場村一帯に在ったと伝わる「地頭吉岡成佐の居館」や「吉岡砦」を拠点とした「吉岡成佐が大滝村を開いた。」と伝わっている。この状況から判断されるのは鎌倉時代初期に源頼朝の家臣の「吉岡成佐」が「吉岡庄」の「地頭」で在った時には、既に「木舟城」は「浅井城」の「出城・支城」として在った事が推定される。
「赤丸浅井神社」には「宮様、京都のみやびをこの地に写し………」と伝わり、吉岡庄の古い社寺は京都から勘請されたものと伝わり、京都では「鞍馬寺」、「貴船神社」、「上賀茂神社」、「下鴨神社」は一体として皇室や貴族が信奉した施設で在った事から、庄川下流の「木舟川」~「唐俣川」の沿岸に平城の「木舟城」を開き、山城の本城「浅井城」の出城としたものと見られる。この様に、当初は一体のもので在ったが、足利室町幕府将軍足利義満が「五位庄」を京都の「相国寺」(※「金閣寺」)に寄進し、この時代からこの二つの城は別々の運用になったものと見られるのだ。




『蓑のしずく』に見られる「木舟城」






『政治』 ã‚¸ãƒ£ãƒ³ãƒ«ã®ãƒ©ãƒ³ã‚­ãƒ³ã‚°
コメント   ã“の記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ðŸ”´ðŸ”¹ðŸ”¹ 皇室庄園「越中吉岡庄... | ãƒˆãƒƒãƒ— | ðŸ”˜ 天皇中心の政治を願った後... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

「旧町名 富山県西礪波郡福岡町赤丸」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。