赤丸米のふるさとから 越中のささやき ぬぬぬ!!!

勧進帳の真実、富山県高岡市福岡町赤丸村の消された歴史―「越中吉岡庄」「五位庄」

🔷🔼悲惨な歴史--後白河上皇開基の長講堂領だった石動山天平寺 !!

2017-06-14 | å¯Œå±±çœŒ



「石動山天平寺」には十一面観音、聖観音菩薩を祀っていた。「石動山天平寺」の開基は「法道上人」と伝えられている。この上人は実在したかもハッキリしないが、富山県内にはこの他に、氷見市の大栄寺、小矢部市の観音寺、砺波市の千光寺に観音信仰と共に「開基」としての伝承が残り、播磨方面でも開基と仰ぐ寺院が多い。
福岡町赤丸村には「清水山」が有り、その頂上には「京都清水寺の千手観音」を祀る「観音堂」が有り、往古は寺院が在ったと伝わる。又、赤丸村の近くの山並みの柴野城の跡地にも「京都清水寺の千手観音」が祀られている。又、その昔、赤丸村に「千手観音」を祀る「観音寺」と呼ばれた「衆徳山総持寺」※現在は高岡市内 が有り、今もその地は「観音堂遺跡」と呼ばれている。更に、福野には観音像を祀る安居寺が在り、富山県の西部の山並みには観音信仰の聖地が連なる。
石動山から柴野村、赤丸村、小矢部市、福野町、砺波市と続く観音信仰はこの地に残る「白山の開祖」「泰澄大師」の伝承とも重なり、赤丸村の浅井神社にも「泰澄大師が庵を結び元正天皇の宝祚を祈った」と伝わる。泰澄は元正天皇の病気回復を祈って祭器に赤丸を着けて長久を祈ったと伝わる。石動山は後白河上皇の時に支配下に有り、後白河上皇は熊野信仰、観音信仰に精力を傾け、屋敷の中に三十三間堂を建てて慶派仏師集団に1001体の千手観音像を刻ませて祀っている。氷見市から赤丸村、小矢部市、福光町に至るエリアが、その昔は藤原氏の荘園、もしくは藤原氏管理の荘園の東福寺領が展開していた事とも観音信仰は密接な繋がりを持つ。「石動山天平寺」は「石動彦」の神話から続く長い歴史を持ち、特に越中と能登の境という戦略的な要衝であった。又、この山並みの「西山」は砺波平野を取り巻く丁度、城壁の役割もしている。その為、この場所は政治、文化共に激しい変化を余儀なくされてきた。又、富山県西部の両部神道、山伏の拠点として赤丸村の川人山鞍馬寺、倶利伽羅長楽寺、福野安居寺等に続く山岳信仰と修験道が融合した神仏習合の本拠地でもあった。

「保元の乱」の後、後白河上皇は藤原氏長者の藤原頼長領の越中吉岡庄(赤丸村を中心とする後の五位庄)を没官して自らの「後院領」とし蓮花王院(三十三間堂)に寄進した。その頃、石動山も後白河上皇の直轄地となった。長講堂は後白河上皇の院御所である六条殿内に建立された持仏堂を起源とし法華長講弥陀三昧堂の略称で、後白河上皇は石動山をこの長講堂領として所有していたが、その後この地は寵妃の丹後局の子の宣陽門院に譲られ、源通親がその別当に任じられた。(源通親は仁安3年1168年加賀介を兼任。安元3年1177年加賀権介を兼任。正治元年1199年内大臣。--と加賀に関する役職を歴任している。)後鳥羽上皇が承久の乱で失脚すると一時期、42か国82ヶ所にものぼる長講堂領は鎌倉幕府の直轄地となったが、翌年、宣陽門院に返還され、その後は後鳥羽上皇の孫の後嵯峨天皇に譲られて院政の財源になったが、後嵯峨上皇は大覚寺統の亀山天皇には譲らず持明院統後深草天皇に譲渡され、その後は持明院統に受け継がれた。大覚寺統の後醍醐天皇も1326年(嘉暦元年)の後伏見院から花園院への長講堂領移転を認め、1351年(南朝正平6年、北朝観応2年)の正平一統の時も南朝の後村上天皇も当時の北朝光厳院の長講堂領領有を認めた。正平一統を機に持明院統(北朝)の皇統が北朝3代目崇光天皇の系統から後光厳天皇の系統へ移った為、皇位継承と並んで長講堂領の継承を巡る紛争が発生した。1398年(応永5年)に崇光天皇が崩御すると後小松天皇(後光厳天皇の孫)は崇光天皇の子栄仁親王から長講堂領を没収した。この紛争は1428年(正長元年)に崇光天皇の曾孫にあたる後花園天皇が後小松天皇の猶子として皇位を継承するまで続いた。石動山は上杉謙信の越中攻めや南北朝の桃井直常の戦い等で戦乱に巻き込まれ壊滅的な打撃を受け、一時期は廃墟になっていた。現在は史跡として整備され保存されている。

(日本の石仏 北陸編参照)
『富山県』 ã‚¸ãƒ£ãƒ³ãƒ«ã®ãƒ©ãƒ³ã‚­ãƒ³ã‚°
コメント   ã“の記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« âž• 富山県小矢部市の古代史... | ãƒˆãƒƒãƒ— | ðŸ“šðŸ“ƒã€Œè¶Šä¸­å‰å²¡åº„」に伝わる黄... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。