赤丸米のふるさとから 越中のささやき ぬぬぬ!!!

勧進帳の真実、富山県高岡市福岡町赤丸村の消された歴史―「越中吉岡庄」「五位庄」

🈶「北畠親房」の著作 「職原抄」に 見る 「内舎人 ウドネリ」とは? ⇒ 万葉集に掲載される「大伴家持」と「石川朝臣広成」

2017-08-09 | å¯Œå±±çœŒé«˜å²¡å¸‚福岡町赤丸村






●『職原抄』は中世の「有職故実書」で全2巻。(※「職原鈔」)
鎌倉時代後期から南北朝時代の公卿の北畠親房が常陸国小田城に居た時に南朝の「後村上天皇」の為に書いたもの。
(※興国元年/暦応3年(1340年)の完成)

■「内舎人」
「大伴家持」や聖武天皇の義弟「石川朝臣広成」は「恭仁京」で「内舎人」に就任した。その時に石川広成が歌った歌が「万葉集」に掲載される。「内舎人」は良家の子弟が任命され、摂政、関白の随臣や皇室の警備に当たり、「帯剣」した。総員は90名で、武人として将来を約束されて、後には「賜姓」され、「位階」を授けられている。「石川朝臣広成」は後に「高円朝臣」と「賜姓」されて伊賀国に赴任している。

「延喜式内社赤丸浅井神社」は「元正天皇二宮(※実は文武天皇二宮)の石川朝臣広成」が創建されたと伝わる。






『政治』 ã‚¸ãƒ£ãƒ³ãƒ«ã®ãƒ©ãƒ³ã‚­ãƒ³ã‚°
コメント   ã“の記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ðŸ”´ã€Œä¿å…ƒã®ä¹±ã€ã§äº‰ã£ãŸã€Œå¾Œç™½... | ãƒˆãƒƒãƒ— | ðŸ”´ðŸ’¢åŠ è³€è—©ã®æš´æ”¿ãƒ¼äº”位庄赤丸... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

「富山県高岡市福岡町赤丸村」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。