赤丸米のふるさとから 越中のささやき ぬぬぬ!!!

勧進帳の真実、富山県高岡市福岡町赤丸村の消された歴史―「越中吉岡庄」「五位庄」

🔴 越中の「井波瑞泉寺」の宝蔵の仏像⇒赤丸村に在った宗良親王所縁の「川人山鞍馬寺」と仏像の遍歴 !!

2017-09-20 | æ—§ç”ºå 富山県西礪波郡福岡町赤丸
「浄土真宗井波別院瑞泉寺 富山県指定文化財 阿弥陀如来立像」














宗良親王が後醍醐天皇庄園の越中吉岡庄赤丸村の極楽谷に創建されたと伝わる「越中宮極楽寺」(※「越中宮安養山極楽寺」高岡市博労町3-22)




●「鞍馬山法筵寺」は元赤丸村に在り、その昔、京都の鞍馬寺を勧請したと伝える鞍馬寺(アンバイジ)七坊の内の一坊で、開基は南北朝時代の「後醍醐天皇第八皇子 宗良親王」の随身の医師であったと伝え『薬王』という薬を処方したと伝える。南北朝時代の戦乱の中で、寺侍の浜木三郎佐衞門のいる福岡町の一歩二歩に移ったが、赤丸城主中山氏により焼き討ちされたと伝える。(※「福岡町史」) 
浄土真宗が北陸に広がり元真言宗の法筵寺が一向宗に改宗した時の住持峰筵の名から法筵寺になった。福岡町史に拠れば一向宗になった時に本尊を井波の瑞泉寺へ納めたとしている。しかし、現在、井波の瑞泉寺に保管されている如来像は近年に民間から寄進されたと伝えられ、この仏像は「土の中から掘り上げられた」と説明されている。瑞泉寺宝物殿には平安期に造られたと云う富山県指定文化財の「阿弥陀如来立像」が保管されているが、瑞泉寺では「客仏」と呼び、瑞泉寺の拠れば、約五〇年前に小矢部市のしいたけ栽培農家山本家から寄贈を受けたと云う。山本家に確認した所、山本家の先代が城端の金戸專徳寺の長持ちに入っていたバラバラの仏像を修復し自宅に祀っていたが、瑞泉寺から「この仏像は後小松天皇の所縁の仏像と見られ、在家で祀る仏像では無い。」との指摘が有り瑞泉寺に寄贈したと云う。井波別院によれば、この仏像は「福岡町史」に載る様に赤丸に在ったと伝える法筵寺の仏像であるとする説に賛同するが、「足部に法筵寺の墨書が有る」という事実はないと云う。山本家に拠れば、この仏像が城端の「金戸專徳寺」に伝わる前は「老女が保管していた」と云い、元鞍馬寺の寺侍浜木氏の家系で長年総代をされていた福岡町一歩二歩浜木家によれば、五〇年ほど前で有れば、法筵寺の鞍馬住職の奥様が議員選挙に出馬した時期に符合すると云う。法莚寺の住職の鞍馬可寿子師は女性が被選挙権を得た第1回選挙で県議選挙に福岡町から立候補、引き続き県知事選挙、県議会議員選挙に立候補するも惜敗された。この中でこの仏像は長持ちに入れられて「金戸専徳寺」に密かに移された様だ。この仏像は元白山を開いた泰澄大師縁の寺に有った仏像で土中から掘り出された仏像で在ると瑞泉寺では伝えており、赤丸村の川人山鞍馬寺は正しく泰澄が開いたと云われる寺で有る事から、一歩二歩に移った法筵寺は何らかの事情でこの仏像を城端の「金戸專徳寺」に委ねたが仏像が大きくてしかも損傷して居た為、蔵の長持ち年保管されていたが、昭和37年に小矢部の山本氏が譲り受けて修理し、暫くは自宅に祀っていたが、瑞泉寺住職から「後小松天皇(室町時代)所縁の仏様」と聞いて瑞泉寺に寄贈したと云うのが実際の様だ。この「阿弥陀如来立像」は現在、井波別院瑞泉寺の宝物殿の中央に祀られており、如何にも平安期と思われる荘厳な姿で信徒を見下ろしている。又、法筵寺の持仏にはもう一つの「阿弥陀如来立像」がある。この仏像は、法筵寺住職の奥様が亡くなった後、寺坊の維持が困難となった為、法筵寺から先祖が婿入りしていた縁で福岡小学校隣地の「林照寺」(福岡町大野)に預けられた。この仏像は鎌倉期の仏像と伝えられ、瑞泉寺の仏像よりははるかに小さいが本堂の厨子の中に荘厳な姿で祀られている。他に、法筵寺所有の高岡市指定有形文化財で県内最古の仏教画「釈迦十六善神像三幅」は沢川の光永寺住職を介して福岡町歴史民俗資料館に寄贈された。法筵寺は二十一世博文師が昭和五十九年に五人の子を残して亡くなった後、奥様が住職の資格を取り維持していたが平成十六年に奥様が亡くなり、寺は無住となった。







「浄土真宗井波瑞泉寺」




「鞍馬寺縁起」(京都市)









『社会』 ã‚¸ãƒ£ãƒ³ãƒ«ã®ãƒ©ãƒ³ã‚­ãƒ³ã‚°
コメント   ã“の記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ðŸ“•ðŸ“ƒ 本当の「義経記」ー越前... | ãƒˆãƒƒãƒ— | ðŸ”´ðŸ¯ðŸŽ 「赤丸浅井城城主 石... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

「旧町名 富山県西礪波郡福岡町赤丸」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。