フランス パリで乳がん治療

フランス生活20年目の節目に乳がんになってしまいました。パリのガンセンター、キュリー研究所で治療を始めます。

放射線治療 中期

2017-11-18 19:08:16 | 乳がん
放射線治療を始めるにあたって、技師の方から説明されたのは、体を洗う石鹸はPHが0か0に近いものを使うように言われて、薬局で大きなボトルを一本15ユーロぐらいで買いました。あと、気を付けることは、①香水をつけないこと、②メイクも首にはクリームをつけないこと、③太陽に直に当たらないこと(今の時期はあまり心配なかったです。)お風呂からあがったら、クリームなど絶対つけないように念を押されました。
中休みの水曜日にも週末にも同じように気を付けてと言われました。
放射線治療は週5でする人もいるし、週4でする人もいると説明され、私の場合は週4で、毎回週5の人より少し多めに放射線を当てるので週の合計は同じになると先生に言われました。
大きなマシンにも段々慣れて、始めのころは怖くて目をつむって治療を受けてたけど、中頃になると慣れたもので目を開けて秒数なんかも数えたりして余裕で受けれるようになりました。待合室などでもお互い同じ状況なので話も盛り上がったり。終わらない治療は無いとみんなで励ましあいました。
フランスでも毎年10月はピンクリボンデー。オクトーバーローズと言って待合室はピンクの飾りつけがしてあり、ボランティアのマダムが紅茶やコーヒーをごちそうしてくれました。ヨガの教室や乳がん患者の食事会なんかも開催されていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

放射線治療 初期

2017-11-15 16:57:42 | 乳がん
一週間のスケジュール表をもらい、月、火、木、金と病院通い。キュリー病院ではなく、近場で放射線治療をするのを選んで本当によかったです。私の場合どちらの先生もどこでも好きな方を選ぶように言われて、キネの先生の助言も手伝って近場を選びました。今思うと、たった10分ほどの治療なので近場の病院で正解でした。この病院は新しく、設備も最新式の物を使っていると先生も言っておられ、安心して通えました。でも、時間帯が19時から22時の主婦が一番忙しい時間帯。食事の準備などが特に。それを除けば言うことなしです。2日3日目は何にも感じず、体調も変わらず元気でこんなものかと思いましたが、4日5日目になると何となくだるい感じが。個人差があるので何とも言えませんが、痛くはないけどだるい。そんな放射線治療の初期でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

放射線治療の始まり

2017-11-13 13:25:04 | 乳がん
術後2か月前には始めた方が良いと言われていた放射線治療。2か月と1週間過ぎたけど無事に始めることができました。初めに一番初めに取ったマンモグラフィー(術前)を提出し、スキャナーで体(腰から上)の軸を計り、脇から脇、鎖骨上から胸の中心と言った風にレーザーを当ててマジックで印をつけていきます。付けおわったら保護テープでマジックを保護して一日目は終わり。実際に放射線治療は翌日からでした。家の近所なので車で通院しましたが、結構な数の人がタクシー通院。これもセキュが100%あとで支払ってくれます。私の場合幸いなことに往復15キロほどだったので通院は楽なものでした。遠くからの人は往復120キロの人も。タクシーで来ていると言っていましたが、かなりの金額になっていると思います。。
通院時は19時から22時でその他の昼間などは他の患部のガン専用らしくて乳がんは最終の22時まで。なので夕飯を準備してから治療に行っていました。一週間ごとに予定表を渡されますので、その時間に行けばほとんど待ち時間は無しでした。フランスの病院の待ち時間は長いけど、ここは全く大丈夫。治療室はとても新しく、台に寝ころぶと桜と木蓮のパネルがあり、なんだかホッとします。真っ白な部屋よりずっといい。技師さんは常に2組で、気さくに話しかけてくれたりして初めての放射線治療はあっという間に終わりました。台に寝ころんでから10分ぐらいでした。放射線は痛みも何も感じなく、ただ、ジーという音のみ。本当にやっているのだろうかと思いました。。この日から22回の治療が始まりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PROSIGNAの検査結果

2017-11-08 16:34:25 | 乳がん
キュリー病院の私担当のオンコロジー先生、B先生。8月の終わりに電話があってもう2週間ぐらい検査結果に時間がかかるからと言われたので自分でも調べてみようと日本のネット情報を探しまくりました。悲しいことに、私担当の先生に限ってか、「この数字の意味は何ですか?」とか「これはどういう意味ですか?」などの質問はハッキリと答えてくれず、そんなことを知っても意味がない、みたいなあしらわれ方を何度かされました。言っても理解出来ないだろう見たいな感じで。患者に対し、いちいち言わない方針なんだなぁと思い、それなら自分で探すしかない。知らないままだと不安が大きくなると思ってネットで情報を集めました。ネット情報はとんでもないのもあるので、病院関係者や病院の質問コーナーみたいな所から色々見ていきました。
ビオプシーで出た結果のホルモンレセプターはOestrogenes が100%、Progesterroneが70%、術後病理結果ではKi-67は10%。リンパ移転なし。ホルモン治療が効く結果だと自分ではそう解釈しました。
二週間後、放射線治療を始めるにあたって抗がん剤をどうするかと放射線科のP先生と話し合いましたが、B先生の返事は無し。まだ結果が出ていないので放射線治療もおあずけ状態。すぐ始められるように体のスキャナー撮りをしてマーカーで体に印を入れたり準備万端で検査結果を待っていました。いよいよ、術後2か月になるという日の夜8時半ごろ(!!)B先生直々に電話があり、PROSIGNAの結果はrisque de récidive59(再発のリスク59)遠隔再発の可能性は14%、risque intermédiaire(中間リスク)と出たと連絡がありました。私の抗がん剤治療は14%が10%になるぐらいでリスクがすごく減るわけではないと言われ、頭が真っ白に。自分では低リスクと出るだろうと思っていたので、再発、遠隔移転、など恐ろしい言葉を聞くたびパニックになりました。しかも中間リスクの人には患者さんで決めてもらう方針だからと言われ、その場で(電話で!)どうする?抗がん剤する?しない?と言いてくる先生。先生だったらしますか?とか他の私のような患者さんはどっちを選んできましたか?とか色々質問しました。はっきりとは答えてくれず、あくまでも私に選ばせたい感じがひしひしと伝わってきます。。でも、抗がん剤によるリスクを教えてくれました。健康な細胞も抗がん剤によって痛むこと、心臓の負担も軽視できないことなど。いくら話しても納得できず、結局、夫が帰ってきてから話し合って決めますと電話を切りました。夫が帰ってくるまで不安で何も考えることができずにいました。帰ってくるなり、電話のいきさつを話すと夫は自分で決めていいのだったら、抗がん剤はやめようと。何度も考えて出なかった答えは夫の一声で決まりました。私は、抗がん剤治療を選びませんでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オンコロジーとのランデブー

2017-11-07 12:13:47 | 乳がん
8月の終わり、予定していたオンコロジー(ガン専門医、とりわけ治療方針を決める先生)とのランデブーは前日に電話があり急きょキャンセルに。理由を聞くと、手術の病理結果でハッキリと今後の治療を決めることができないとのこと。先生から直々電話でしかも治療を決めることができないってどういう事???ってパニックになりました。。
おちついて聞いてみると、抗がん剤をするかしないか微妙なところなのでもう一回他のテスト(PROSIGNA)をすることに。このテストは抗がん剤で治療すればどれだけのリスクがあるかどうかを見極めれるらしい。このテストに2週間ほどかかるのでそれ以降にランデブーを取り直すことになりました。また、テストの結果待ち。。。不安な気持ちでまた2週間。。しかも、放射線治療の先生には術後2か月までに治療を始めた方がいいと言われ、焦ります。。放射線治療は抗がん剤の後が基本なようで、放射線が始まれば抗がん剤はできないとも言われました。外科医のF先生は抗がん剤は必要ないだろうと言っていたので、お気楽に構えていたのに、この場になってなんだか怪しくなってきました。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加