文理両道

専門は電気工学。経営学、経済学、内部監査等にも詳しい。
90以上の資格試験に合格。
執筆依頼、献本等歓迎。

ストップ・ザ・オリンピック

2016-11-02 13:48:48 | オピニオン

 2020年開催予定のオリンピック開催費用を検証するとの調査チームが、1日に最終的な見直し案を小池都知事に示したという。なんとも期待外れの内容で、ほぼ想像通りである。どれをとっても数百億円で3箇所合計すると1千億円を遥かに超える内容だ。検討した人間は、完全に金銭感覚がマヒしているのではないか。どうして1千億円以上の金をドブに捨てたいのか。

 ボート、カヌーなんて、このブログで何度も主張しているように、あれだけの金をかけてまでやる価値はない。うだうだ言うのなら、切り捨てればよい。

 バレーや水泳にしても、これまで日本で何度も国際大会が開かれているのではないのか。どうして新たにつくるという発想になるのか。私自身は全く興味がないので、その辺りの高校のプールや体育館を借りてやれば十分だと思っている。

 どうして、文化に関することを軽視して、スポーツばかりそれほど優遇するのか。いくらでも金があればそれでも良いだろう。しかし今の日本にそれだけの余裕はない。日本の将来のために、何に金をつぎ込むべきか。今賢明な判断が求められている。

(余談)
 なぜ、記録計の誤差のようなタイムを競うのか理解できない。泳ぐのが速いのがいいのなら、マグロにでも金メダルをやればよいし、走るのが早いのがいいのなら、チーターか競馬馬にでもやればいいと思うのだが。また、強いのがいいなら、熊かライオンでも相手にすることだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金融政策は限界 | トップ | 書評:・アンガーマネジメン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

オピニオン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。