文理両道

理系文系両面で90以上の資格試験に合格。
専門は電気工学だが、経営学、経済学、内部監査等にも詳しい。

小飼弾氏とiammg氏の論争について

2008-07-31 21:50:14 | オピニオン
 いつものように、色々なブログをのぞいていたら、iammg氏による「女。京大生の日記。」「 [ルポ]没落エリートの出現―ビジネス社会から疎外される高学歴就職難民たちー」という記事に、「404 Blog Not Found」の小飼弾氏がかみついていた。それが、「学校ってバカを治療してくれんのか」という記事である。

 iammg氏の記事は、京大を例にとり、希望通りの就職ができない高学歴就職難民を「没落エリート」と定義し、その問題に対して考察を加えているものだ。述べられていることは、ステレオタイプ的であり、いささかうんざりするのだが、これに対する小飼氏の記事も、品がない。どうも「エリート」という言葉にカチンと来たようである。

 京大と言っても、人間の集まりである。色々な人間が存在する。1学年3000人もいれば、希望のところに就職できない人間がいるのはあたり前だ。そもそも就職の問題は、今始まったことではない。昔から、学部によって就職に有利・不利はあったし、就職に向いてないような人間も存在した。それは、京大だって例外ではない。

 それにしても、小飼氏の「君たち高学歴大学生たち=第二種バカ」はどんな根拠だろう。3000人もいれば、当然大物も小物もいる。十羽ひとからげで決めつけるのは、彼のコンプレックスの裏返しであろうか。


 (記事内容が役に立ったら Clickしてね。)   ⇒ 人気ブログランキング 

gooリサーチモニターに登録!

「読書と時折の旅(風と雲の郷 本館)」はこちら 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 放送大学の2学期の科目登録申請 | トップ | 薬師寺の仁王さん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「大学って何なのかね?」 (試みの水平線~常見陽平公式ブログ~)
「大学って何なのかね?」