文理両道

専門は電気工学。経営学、経済学、内部監査等にも詳しい。
90以上の資格試験に合格。
執筆依頼、献本等歓迎。

書評:うまい雑草、ヤバイ野草 日本人が食べてきた薬草・山菜・猛毒草 魅惑的な植物の見分け方から調理法まで

2016-10-14 09:27:24 | 書評:学術教養(科学・工学)
うまい雑草、ヤバイ野草 日本人が食べてきた薬草・山菜・猛毒草 魅惑的な植物の見分け方から調理法まで (サイエンス・アイ新書)
クリエーター情報なし
ソフトバンククリエイティブ

・森昭彦

 本書は、タイトルの通り、身近に見られる雑草、野草について、それが食べられるものかどうか、食べるとしたら、いつが旬か。どこをそうやって食べるのかといったことを示したものだ。

 テレビで、俳優の岡本信人さんが、その辺りに生えている草を食べているのをよく目にする。雑草だって食べられるものが多いのだ。しかし全部がそうではない。毒があるものもあるし、毒はなくてもまずくてとても食べられないものもある。本書は、そのような観点から雑草・野草を、「食べられる」「まずくて食べられない」、「有毒」の3つに分類している。

 しかし、「有毒」だから食べられないとは限らない。救荒植物として有名なヒガンバナやソテツは有毒だが、飢饉時には毒抜きをして食べられた。また毒草と薬草は紙一重。薬として使われるものも多い。その逆で、普通に食用にされているものについても、有害物質が含まれているので、灰汁抜きをしないといけないものもある。

 裏表紙に、「日本人は・・(略)・・・「毒抜き」・・(略)・・を確立してきました」とあったので、毒草についても、食べられるようにする方法が載っているのかと期待していた。しかしトリカブトを薬用として使うときの減毒加工について書いてあるだけで、他の植物については特に書かれていない。まあ、うっかり真似されて、なにかあったら大変だということかもしれないが。

 しかしあの河豚の卵巣も、糠漬けにして毒を抜いておいしく食べてしまう我が国のこと。ここに紹介されている毒草も、やがては誰かが毒抜きをしておいしく食べられるようにしてしまうかもしれない。もっとも、素人は決してそんなことをやろうとは思わないことだ。さもないと、本当に「ヤバイ」ことになってしまう。

☆☆☆☆

※本記事は、「風竜胆の書評」に掲載したものです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノーベル文学賞がボブ・ディ... | トップ | 駅の自由通路はイデオロギー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。