文理両道

専門は電気工学。経営学、経済学、内部監査等にも詳しい。
90以上の資格試験に合格。
執筆依頼、献本等歓迎。

ふるさと萩・長門・美祢―生活感あふれる写真でつづる決定版写真集! 保存版

2017-04-18 08:04:19 | 書評:学術・教養(人文・社会他)
ふるさと萩・長門・美祢―生活感あふれる写真でつづる決定版写真集! 保存版
クリエーター情報なし
郷土出版社

・森本文規


 たまたま実家の近くにある図書館で見つけた本書。戦前から戦後にかけての萩・長門・美祢地方の様子を多くの写真で記録したものだ。

 ただ、カラーは最初の8ページのみで比較的新しいものを写している。ほとんどの写真はモノクロであるが、紹介されているのは、この地方の風俗、風景、行われたイベント、郷土芸能、学校の様子など。今は失われてしまったようなものもあり、なんとも懐かしい思いがする。

 昭和2年ごろには、秋芳洞の中に渡し舟を使って渡る場所があったとか、昭和24年には大三島にイルカの大群が迷い込んだことがあったとか初めて知るようなことも多い。

 提灯ブルマの女児や丸坊主の男児が写った写真があったり、ボンネットバスが走っている写真があったりするのも時代を感じさせ、読む者をノスタルジックな気持ちにさせるだろう。 

 余談だが、ネットで調べてみると、本書を出版した会社は長野県にあったが、2016年2月末で閉業しているようだ。このような本はなかなか売れなくなっているのだろうが、少し寂しい気がする。

☆☆☆☆☆

※初出は「風竜胆の書評」です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« だがしかし1 | トップ | ぼくが死んだ日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。