文理両道

専門は電気工学。経営学、経済学、内部監査等にも詳しい。
90以上の資格試験に合格。
執筆依頼、献本等歓迎。

釣りチチ・渚(1)

2017-06-28 16:41:12 | 書評:その他
釣りチチ渚 コミック 1-5巻セット (サンデーGXコミックス)
クリエーター情報なし
小学館

・佐藤まさき

 また、ヘンなマンガを見つけてしまった。まずタイトルだが「釣りキチ」ではない。「釣りチチ」である。これで次に「三子」とでも続けば、面白いと思うのだが、さすがにそこまでは・・・。

 もちろん、あの伝説の釣りマンガとは何の関係もない。こちらは、少年ではなく、釣り大好きの巨乳JKがヒロインを務める釣りマンガである。

 舞台は神奈川の江の島高校。父の仕事で転校してきた魚芽芯太は、流れで深海渚という巨乳JKが部長を務める釣り部に入部することになってしまう。

 この渚、JKなのになぜか短ラン(学生服で胸の下くらいの丈のもの)をご愛用。魚を釣り上げると、巨乳のため、乳圧でボタンがはじけ飛ぶ。これ、きっとそのシーンを描きたいための小道具だろう。

 彼女のトレードマークは、いつも担いでいる釣竿と、あのマンガの主人公も愛用している麦わら帽子。もちろん、2次元JK御用達の、パンツが簡単に見える丈の短いスカートはお約束。

 そのうえ、釣竿を持たせたら、色々な意味で天下無敵。族も避けて通るらしい(んっ??)

 釣り部には、クールビューティの渚、その妹で、キャラもかわいい妹系のしらす(さかなくんリスペクトで、頭に似たような帽子を被っている)、対人恐怖症だが、実はめっちゃ美人の夕凪小波と、きれいどころが揃っている。ということは、一種の学園ハーレムものといったところなのだろうか。

 この巻の最後の話では、通天閣茜なんていう、いかにも大阪人といったライバルまで登場して、この後どのように展開していくのか。これは気になる。

☆☆☆☆

※初出は、「風竜胆の書評」です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« くらべる時代 昭和と平成 | トップ | 怪物はささやく »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

書評:その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。