文理両道

専門は電気工学。経営学、経済学、内部監査等にも詳しい。
90以上の資格試験に合格。
執筆依頼、献本等歓迎。

書評:くらべる東西

2016-10-20 08:06:02 | 書評:学術・教養(人文・社会他)
くらべる東西
クリエーター情報なし
東京書籍

・(文)おかべたかし、(写真)山出高士

 日本の東西のちょっとした文化の違いを写真と共に紹介した本書。読んでると、「こんなところも違うんかい!」という意外な発見がありますなあ。

 食べ物の文化の違いも結構掲載されてますが、この関係は殆ど西の勝ちや(東日本の方、スマン)。(笑)やはり食文化は西日本ですなあ。

 いなり寿司はまだしも、その次のおでん。「関東のおでんって、出汁真っ黒やんけ!こんな体に悪そうなもん、食えるかい!!」と、思わず言うてしまいましたわ。

 ところで、出汁が真っ黒なのでで有名なのは関東のうどん。残念ながらおでんのところで文章で触れられているものの、写真がなかったのが残念やなあ。

 ぜんざいも東西でまったく違う食べ物や。写真を見た瞬間、東のぜんざいに対して、「えっ、これぜんざい?餅の上にあんこ乗せただけやん!」と思ったいうんが正直なところ。

 まさか、縄文式土器まで東西で違いがあるとは、驚きました。西の方がシンプルで実用的や。東の方が複雑な理由について、<西に比べて東の方が人口も多く、通念的な定住生活が行われたために社会が複雑化しており、それに伴って呪術的などの精神的文化がより発達したためと考えられている>(p74)と書かれてますけど、著者は京都やし、写真は三重県とどちらも西のお方。口が裂けても、こんなこんなこと言うてはあきません。

 もっと進んだ時代の弥生の土器はさらにシンプルでっせ。複雑やから精神的文化が発達しとるとは、何言うてますの。これ、絶対東の方の人間が唱えた説やと思います。

 そうは言うても、ここに掲載されとるんを、単純に東西比較と思ってはあきません。今はかなり文化が混ざって、どこがどこの文化かよう分からんようになっとります。それに、西というと京、大阪を言うことが多いけど、そこが必ずしも西を代表している訳ではないですし。

 わても西京(山口)から京までをうろうろしとった西の人間やけど、京扇子なんか使ったことはないし、西のダルマやいう頭にハチマキをしたやつなんかも見たことおへん。実家の近くにおった野良猫は、東に多いという尻尾の短いやつばかりでした。

 線香花火も元々は東西で違うんですなあ。紙で巻いた東のものと藁を使った西のものですか。今では両方ともこちらでは売られてますが、元々はそんなルーツがあったとは驚きです。西のものは、火先を上向きにするらしいですが、わては、普通に下向きでやっていました。

 ちょっと、もの足らんところもあります。「東京一年生に伝えたい「東京の勘所」」(p120)というんを入れるんなら、「関西一回生に伝えたい「京・大阪の勘所」」なんてのも入れて欲しかったなあ。(関西では、大学生は○年生ではなく、○回生といいます)。

 この他、「もんじゃv.s.お好み焼き」とかもあったら面白かったかもしれません。

 散々ツッコミを入れたようですけど、本書の「おわりに」のところにこうあります。

<キッパリと東西に線を引くのは難しい物もたくさんあった。頷いたり、ツッコミを入れたりしながらページをめくり、「俺の田舎では」と生まれ故郷の自慢話に花が咲けば幸いです>(p173)

 ということで、すっかり著者の思惑通りに、楽しませてもろうたようです。

☆☆☆☆

※本記事は、「風竜胆の書評」に掲載したものです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「黒田」ってこっちか! | トップ | カープ応援メニュー、なんや... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。